こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

万引き家族

万引き家族
©2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.
6月8日 TOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2018/06/08
監督:
製作国: 日本
配給: ギャガ
日本アカデミー賞最優秀作品賞他全6冠受賞『三度目の殺人』の是枝裕和監督最新作!
家族を描き続けてきた名匠が、“家族を超えた絆”を描く衝撃の感動作!

STORY

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。
冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。
>> 続きを読む

    万引き家族 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全54件
    • 5.0 泣ける 切ない

      いやぁ、良かったなぁ~。
      長い映画なのに、あっという間な感じだった。
      カンヌ・パルムドールは当たりハズレ(←あくまでも私の好みの基準からすると)が多いので、警戒していたのだけど。

      安藤サクラの演技に圧倒された。
      どうしようもなくあふれてくる涙を本能的にこらえようとして顔をごしごしこする姿に激しく心打たれた。
      見終わった後、ごはん作りながら、あの姿を思い出してまた涙があふれてしまったくらい凄かった。

      朝ドラ「まんぷく」を見た友達から、「あちこちで安藤サクラが凄いって言われてるんだけど、どこが凄いのか私には全然わからん」とメールが来て、私も、
      「まんぺーさーん!」と叫ぶ姿を見て、「は? どこが演技派? 顔もかわいくないし、親の七光り?」などと、まあさんざんなことを言っていたが・・・・大反省。ジャンピング土下座して謝りたいです。
      こんなに凄いとは。

      正直、リリーと安藤サクラの夫婦が子供をすごく欲しがっていた、というところは、映画を見ている限りではあんまり分からなかった。
      家族の絆、みたいなものも特に感じなかった。

      でも、どこにも行くところのない人たちが、隠れることのできる場所、自分の存在を恥じている人たちが、自分の恥を誰にも批判されず、それを隠したままでそのまま受け入れてもらえる場所、そんな場所を、自分たち自身の手で作ったのだということは理解できた。
      そういうものを必要としている人って本当に多いんだろうなと昨今とみに思う。
      あの家は、ある種のパラダイス、楽園のように見えた。

      映画を見て思ったのは、言葉をうまく操れるってそれだけで生きるのが楽なんだなぁ、ということ。
      いわゆる社会の底辺にいると思われる人たちって、あの映画の登場人物のように、うまく自分を守ったり自分の置かれた状況を説明したりすることができない。自分たちを救おうとしている人たちの言葉すら理解できないし、なんていうか、周囲との「言葉による断絶」みたいなものを激しく感じた。

      しかし、子役の男の子、美少年だったなぁ。
      「誰も知らない」の柳楽優弥の時も思ったけど、目がすごく大人びていて、何か言いたげで、どことなく悲しそうな表情をしている、あんな少年を是枝監督はいったいどこから見つけてくるんだ。そこらへんにそうそういないタイプの子どもだと思うのだけど・・・・
      >> 続きを読む

      2020/03/23 by みけ猫

      「万引き家族」のレビュー

    • 5.0 切ない

      下町で犯罪に手を染めながら仲良く暮らすとある一家の人間ドラマ。
      是枝裕和監督・脚本。カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞。
      日本アカデミー賞8冠(作品、監督、脚本、主演女優、助演女優、音楽、撮影、照明)
      娯楽作ではないし、ストーリーは散文的でわかりずらいし、結末もスッキリしないしで、決して観ていて楽しい類いの映画ではありません。
      けれど、淡々と描かれる何気ない日常、歪だけど愛情を感じる家族の関係、それが破綻して崩壊していく流れに、観ていて強く引き込まれました。
      リリー・フランキー、安藤サクラ、樹木希林、松岡茉優、それに子役2人…皆さんの演技が生々しくて切なくて素晴らしかったです。
      家族とは。幸せとは。愛情とは。
      正解のない問いかけを、観終わって考えさせられる映画です。
      >> 続きを読む

      2020/02/21 by ででん

      「万引き家族」のレビュー

    • 4.0 切ない

      パラサイトが見づらくなったので、録画しておいたものをようやく鑑賞。話題になっていた時に小耳にはさんでいた内容が思いっきりネタバレだったことに気づきました。

      2020/02/20 by ata-ma

      「万引き家族」のレビュー

    • 4.0 切ない

      血の繋がりよりも、人間同士が心から分かり合えることが大事であると言いたいのだろうが、そもそもが「万引き」で暮らしを成り立てようとしている家族がメインだけに、心中複雑。

      とは言え、映画そのものには引き込まれる。
      切ないというより、観るに堪えないという感じではあるが…。

      松岡茉優ちゃんが、思いのほか色っぽかったのが最大の収穫。

      2020/02/17 by drago

      「万引き家族」のレビュー

    • 5.0

      なんとも切ない話。すべての登場人物に味があり、彩がある。しかしながら、万引きは犯罪です。

      2020/01/03 by くろねこ

      「万引き家族」のレビュー

    もっとみる

    万引き家族
    マンビキカゾク

    映画 「万引き家族」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画