こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)

名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2019/04/12
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
怪盗キッド(月下の奇術師)、絶体絶命―
牙を剥く、最強の空手家・京極真(蹴撃の貴公子)

“眠れる獅子”の巨大な闇が、目を醒ます。

19世紀末に海賊船と共にシンガポール近海に沈んだとされる、世界最大のブルーサファイア“紺青の拳”。現地の富豪が回収を目論み、表舞台にその姿を現した時、マリーナベイ・サンズ近郊にて殺人事件が発生。現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた―-。
一方、シンガポールで開催される空手トーナメントを観戦する為、蘭と園子は現地を訪れていた。パスポートを持っていないので海外渡航できないコナンは留守番のはずだったが、彼を利用しようとするキッドの奇術的な方法により、強制的にシンガポールへ連れてこられてしまう。キッドに従わなければ日本に帰ることすらできないコナンは、メガネ、腕時計、服などすべて奪われ変装することに。その正体に気付いていない蘭に名前を聞かれ、とっさにアーサー・ヒライ(!?)と名乗る。やがて、キッドはある邸宅の地下金庫にブルーサファイアが眠っているという情報を得る。いとも簡単に侵入成功したと思われたが、危険すぎる罠がキッドを待っていた。立ちはだかったのは、400戦無敗の最強の空手家・京極真。キッドの命運は…!?そして、不吉な何かを予兆するかのように、シンガポールの象徴・マーライオンから真紅に染まった水が放出される!

かつて海底に葬られた伝説の秘宝が

時を経て、“獅子の国”に蠢く巨大な闇を呼び覚ます!
>> 続きを読む

    名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト) の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全9件
    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      キッドは出番が多い割に新たな魅力が描かれるわけでもなく、コナン連載前からのファンがニヤリとするシーンが過去作以上にあるわけでもなく

      ハッキリ言って客寄せパンダ。と話を進めるための進行役
      最初から最後まで完全に協力してるし面白くない
      こんなんならまじっく快斗劇場版やってくれ。相手はコナンじゃなくて白馬君で
      あとキッドを殺人犯に見せかけようとするネタはもういいよ
      その度に必ず「キッドは殺人はしない」

      まあこれでも途中から入った人は彼がカッコよく動いていればいいのでしょう

      少年探偵団の出番、最短記録じゃないでしょうか。いくらテレビでスピンオフやったからって、観てない人のが多いでしょ。灰原さんまたも単なる調査役。博士クイズ出しただけ
      これだけキャラ増えてイケメンに人気が集中しているすれば仕方ないか

      原作では灰原さんより登場が1年程度遅いだけの京極さんがついに劇場版初登場
      おかげでもう映画で11作目ほどの出番はないだろうと思ってた園子も活躍

      この2人は最近のコナンラブコメではピカイチだった!背負って縛って戦ったり絆創膏の話はニヤニヤ

      事件もアクションもゼロシコより劣るけど、ラブコメもアクションも過去の類似作の劣化版でしかなかったから紅よりは遥かにマシ

      全体的には向日葵よりいいけど、キッドのエピソード限定なら向日葵のほうがよかった
      >> 続きを読む

      2019/05/11 by tky

      「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」のレビュー

    • 3.0 笑える

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      実は、「名探偵コナン」をスクリーンで観るのは初めてだった。
      年々熱が上がっていくコナン人気。
      私はその波に巻き込まれることもなく、「土曜の夕方にやっているアニメ」の認知度は変わらなかった。
      そんな私がスクリーンで観る映画としてこの作品を選んだ理由、それは「京極真」の存在だった。

      京極真とは、京極真は杯戸高校の空手部主将で、あの鈴木財閥のお嬢様、鈴木園子の恋人である。
      彼は、銃を持った男たちに四方を囲まれ一斉に撃ち込まれても、弾をすべて素手でキャッチ。
      怪盗キッドと対峙した際は、大柱を蹴りで折り、その柱を使いてこの原理でスーパージャンプしてみせる。
      しかもCvは檜山修之。
      好きにならないわけがない。
      私は彼のことを「宇宙一の彼氏」と呼んでいる。

      すでに鑑賞済みのコナンファンから
      「京極さんが最高だった」との情報を得たため、心を躍らせながら席についた。

      舞台はシンガポール(ここに至るまでの理由や設定が早くもはちゃめちゃでつっこみどころしかないところもコナンらしさが存分に出ていてよい)。
      京極さんと待ち合わせしているという園子が、強引なナンパに会ってしまう。もう最強の空手家がさっそうと登場するにはうってつけでしかないシチュエーション。
      「くるぞ・・・!」ドキドキが頂点に。
      一瞬で吹っ飛ばされるナンパ男たち。そして、日に照らされたシンガポールの海の光を受けて、やや逆光気味で登場する京極さん。
      「その女性は自分のツレですが…」
      心の中で来た~~~~~!と叫んでしまう。最高の登場。

      今回はキッドと京極がダブルで押されていたので、
      先述したようなはちゃめちゃなバトル(と言ってしまう)が見れるのかと思っていたが
      そこは期待外れ。正直ピークは登場シーンだったと思う。
      あとはラストに京極さんが人間を辞めるシーンがあるが、そこはさすがボンズの作画で大迫力でした。
      今回の大きな見せ場がしっかり描かれていて最高でした。

      一緒に観たコナンファンは「もう1回見直すと色々伏線回収できて楽しい」と言っており
      最近のオタクに流行りな「複数鑑賞」にもきっちりニーズを押さえていてさすが、と感じました。

      キッドと京極さんがもっとやりあってたらもう一回見たかったです。
      >> 続きを読む

      2019/05/10 by nishi129

      「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」のレビュー

    • 1.0

      Never let you go... "もう決して、あなたを離しません──"

      今回は殆どラブコメでしたね・・・
      園子と京極さん、蘭と新一(キッド)。

      肝心の推理は正直推測だけで終わってあんまり、楽しくなかった。
      でもラブコメの方は中々よかったです。

      キッドはやっぱりカッコ良いわ。

      アーサー平井はユーモア有りますねww
      >> 続きを読む

      2019/05/06 by ヒデト

      「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」のレビュー

    • 3.0

      怪盗キッドと京極真との戦いがメインになるかと思ったけど、そこまで強く押し出してなかった。あらゆる事情が混沌としていて、それらが最後に衝突して爆発している。
      ミステリー要素はかなり駆け足だったので、もっとゆっくり推理を楽しみたかった。

      ツンデレカップルがメインになっているコナンの映画なだけに、素直に恋愛している鈴木園子と京極真とのやりとりがなんだか新鮮に感じた。イチャイチャしてても全然不快に感じないので、見ていてほっこりできた。あとカチューシャが取れた園子が可愛かったぞ。

      2019/05/03 by きりゅう

      「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」のレビュー

    • 2.0

      1年後にテレビでするからやっぱり家で見ようと改めて思った次第。
      来年こそは期待します。

      2019/05/01 by アスハ

      「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」のレビュー

    もっとみる

    名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)
    メイタンテイコナンコンジョウノフィスト

    映画 「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック