こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)

名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2019/04/12
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
怪盗キッド(月下の奇術師)、絶体絶命―
牙を剥く、最強の空手家・京極真(蹴撃の貴公子)

“眠れる獅子”の巨大な闇が、目を醒ます。

19世紀末に海賊船と共にシンガポール近海に沈んだとされる、世界最大のブルーサファイア“紺青の拳”。現地の富豪が回収を目論み、表舞台にその姿を現した時、マリーナベイ・サンズ近郊にて殺人事件が発生。現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた―-。
一方、シンガポールで開催される空手トーナメントを観戦する為、蘭と園子は現地を訪れていた。パスポートを持っていないので海外渡航できないコナンは留守番のはずだったが、彼を利用しようとするキッドの奇術的な方法により、強制的にシンガポールへ連れてこられてしまう。キッドに従わなければ日本に帰ることすらできないコナンは、メガネ、腕時計、服などすべて奪われ変装することに。その正体に気付いていない蘭に名前を聞かれ、とっさにアーサー・ヒライ(!?)と名乗る。やがて、キッドはある邸宅の地下金庫にブルーサファイアが眠っているという情報を得る。いとも簡単に侵入成功したと思われたが、危険すぎる罠がキッドを待っていた。立ちはだかったのは、400戦無敗の最強の空手家・京極真。キッドの命運は…!?そして、不吉な何かを予兆するかのように、シンガポールの象徴・マーライオンから真紅に染まった水が放出される!

かつて海底に葬られた伝説の秘宝が

時を経て、“獅子の国”に蠢く巨大な闇を呼び覚ます!
>> 続きを読む

    名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト) の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 0.0

      なんか、んー、犯人当てとかを楽しめる感じではない。
      上辺をスーッとなぞられてる感じで自分はのめり込めなかった。
      キュンキュンを楽しむ映画。
      園子&京極さんのファンが増えそうだなぁって感じだった。
      毎度の如くツッコミどころもかなりあって、所々で笑ってしまったせいで集中できなかったのもあるのかな。
      とあるシーンでは、頭の中に『コンクリみたいにかとーなる!』っていうセリフが思い出されて笑ってしまった。
      次の映画は赤井さん出るみたいだし楽しみだ >> 続きを読む

      2019/04/21 by ゆゆゆん

      「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      前作のアクションが好きだったので今作のドカドカ具合があまり好みではないのと、話の詰め込みすぎで途中から集中力が切れてしまった。しかし!髪を下ろした園子は一見の価値あり!!めちゃくちゃ可愛いじゃないか!!

      2019/04/19 by 1963

      「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ 元気が出る クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      コナンとキッドは敵対関係であってほしいけど、最近ちょっと仲良くなりすぎだから、キッドじゃなくて黒羽快斗がコナンの前でも出ちゃってるよ~!!
      ちょっと前の感じが好きだったけどなぁ。まぁでもかっこよかったのでよし。
      最後がなんかちょっとだれたかな。ツイッターで、「最後の大乱闘スマッシュブラザーズが~」っていうツイート見かけて、まじ笑いました。
      あと、最後の濡れた園子が た ま ら ん !!!!

      【2019/04/14 ユナイテッドシネマ福岡ももち】
      >> 続きを読む

      2019/04/17 by まつこ

      「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」のレビュー

    • 2.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      まーなんつーか、詰めこみすぎた感はある。
      全ての演出において過去を超えようとがんばって、失敗したって感じかな。
      このシーンは、前作のシーンを超えようと頑張ってる。
      このシーンは、前々作のシーンを超えようと頑張ってる。
      でもやっぱり、二度目ってのは感動も驚きも薄くなるもんだね。

      良かったのは、園子がうるさくて鼻高いだけの女じゃなかったって改めて認識できたこと。
      髪下ろしたら、かわいいじゃん。
      京極に惚れ直してるとこ、かわいいじゃん。

      でも、京極が浮世離れしすぎてて、ちょっと辛かった。
      世間知らなすぎるとあんな感じなのかな、情報社会の今にはあんましあり得ない気もするけどw

      キッドもキッド感なかったし、なんか中途半端だったかなあ。
      京極かキッド、どっちかだけにしてバチッと決めてほしかったかも。
      次回作は、まあ順番でいったら妥当。予測もできていた。
      期待しすぎずに、待ってますわ。
      >> 続きを読む

      2019/04/13 by esturb

      「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」のレビュー

    名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)
    メイタンテイコナンコンジョウノフィスト

    映画 「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック