こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

半世界

半世界
©2018「半世界」FILM PARTNERS
2019 年 2 月 15 日 TOHO シネマズ日比谷他全国公開
1クリック登録
公開: 2019/02/15
監督:
製作国: 日本
配給: キノフィルムズ
第31回東京国際映画祭
コンペティション部門観客賞受賞

稲垣吾郎主演×長谷川博己×阪本順治監督最新作

40歳手前の男たちの友情や家族愛を描く、愛と驚きとユーモアが詰まった映画です。

    監督:阪本順治 プロデューサー:椎井有紀子 音楽:安川午朗

    半世界 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全14件
    • 3.0

      最初は稲垣さんの普通のおじさん役が新鮮だったけど、結構しみじみ良い映画でした。

      2020/05/17 by rekomoko

      「半世界」のレビュー

    • 5.0 泣ける 笑える 切ない 元気が出る

      役者がみんな上手いし、演出、シナリオも良い。
      久々に良い阪本順治作品を観た。
      グローバル化がみんなの統一の目標みたいに言われて、なにか呑み込めないものがありながら追い立てられてる感じがあったが、そんな気持ちを少し楽にしてくれる映画。
      沁みたなあ。
      いやあ良いもん観たな。

      2020/03/16 by unkuroda

      「半世界」のレビュー

    • 4.0 切ない 元気が出る

      地味なドラマではあるが、その実中身はしっかりとしたドラマが描かれている。

      地方都市に帰ってきた自衛隊帰りの瑛介。
      同級生の紘と共に炭職人として働いていくが、次第に過去のトラウマが甦っていく。

      役者の新機軸が出ており、稲垣吾郎をはじめ皆好演している。
      特に息子役の子も眼光が印象に残る。

      そして池脇千鶴の役柄が驚いた。
      最初登場した時どこぞのおばさんかと思ったが、これが池脇千鶴だと分かる。
      その後も献身的な奥さんぶりは映画の中の光のように見える。

      インパクトある出来事は起こるが、あくまでも淡々と描く演出。
      ラストの希望溢れる場面も後味良い。
      >> 続きを読む

      2020/02/27 by オーウェン

      「半世界」のレビュー

    • 4.0 切ない

      「世界は違えど、命は健気で儚い」とこの映画を観て思いました。

      吾郎ちゃんは、やはりスター。
      何を演じても吾郎ちゃんで絵になります。
      田舎のおっさんには見えませんでしたが、吾郎ちゃんだからこそ周りの演者が引き立ったと思います。

      長谷川博己は、キレた演技。
      小野武彦と石橋蓮司の気のいい田舎おっちゃん。
      そして渋川清彦の出棺シーンの表情がとても良かった。
      >> 続きを読む

      2020/01/21 by 寺嶋文

      「半世界」のレビュー

    • 3.0 切ない

      なかなか難しい映画。
      どこにでもあるような気もするし、どこにでもないような気もする日常の暮らしを描いていて、感じるところはありました。
      今の3人の友情はよく表現されていると思うが、若い頃の3人の人間関係がどういう感じかが微妙に伝わりにくい、理解しにくい感じがしました。
      有人んとの関係は、人それぞれなんでしょうが。

      2019/08/13 by lionmaru

      「半世界」のレビュー

    もっとみる

    半世界
    ハンセカイ

    映画 「半世界」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画