こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

クロール  凶暴領域

CRAWL
クロール  凶暴領域
(C)2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.
10月11日(金)全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2019/10/11
製作国: アメリカ
配給: 東和ピクチャーズ
ワニ、大量発生!

最大級のハリケーンに見舞われ、雨風によって実家に閉じ込められ、大量発生したワニから、負傷した父と共に脱出する究極の極限状態のサバイバルスリラー映画。

    クロール  凶暴領域 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 5.0 笑える ハラハラ 元気が出る クール

      超ご機嫌ワニパニック!
      物語のスケールは小さいがその分ワニと常に隣り合わせで恐怖は増加

      分かってるのにビビルワァってしまう演出も歪みねぇな
      前半恐怖、後半反撃、全般馬鹿、家族の絆をしかと見届けろ

      BSとかでふと見かけたら絶対最後まで見てしまういい映画です。

      ジョーカーがいまいちだったのでその気分を癒してくれた作品です。(これ本命で見に行ったけどな)
      >> 続きを読む

      2019/10/20 by ビリヘリ

      「クロール  凶暴領域」のレビュー

    • 4.0

      東日本リアルに台風被害の後で躊躇したけど、上映打ち切られるかもなぁ的な危惧もあり、映画館へ足運ぶ。

      ヒロインは大学生の競泳女子。幼い頃から父親の熱血指導のもと、競技に邁進してきたけど、最近は両親の離婚も有ったりで父親との距離は開きがち。そんなある日、フロリダ半島に強力なハリケーンが接近。嫁いでる姉から父親が電話しても出ないと連絡があり、雨風強まる中、実家へ向かったヒロインが目にしたのは床下に倒れる父親、そして、やたらアグレッシブなワニの姿!

      アレクサンドル・アジャ監督といえば「ピラニア3D」が思い浮かぶけど、今作は同じ水中の恐怖を描きながら、ほぼ一軒家床下、しかもどんどん浸水していくという閉鎖空間(といっても日本人の住環境的には広い)で闘う父と娘の姿に特化。時間も適度に短く、観ていて何度かビクッとしたり、ついつい足引っ込めたりさせられる。そして、あの手回し充電ライトなど、災害時停電に備えて手元に置いときたいよなと思った次第であるよ。 >> 続きを読む

      2019/10/19 by ジェイ

      「クロール  凶暴領域」のレビュー

    • 3.0

      毎年夏にはサメ映画が定期的に出てくるが、今年はワニが登場。

      ハリケーンがやってくる中で父と娘が家の地下に孤立。
      洪水が次第に迫る中で、水を伝ってワニが侵入。
      2人は必死に脱出しようとする。

      潔いほどにシンプルな設定。
      ハリケーンが来てるというのに、ほぼすべてを家の中と地下だけで成立させているのだから。

      ワニもそれほど巨大ではなく、反撃できるほどの大きさ。
      意外と手や足が食われるシーンが多いが、血が流れるだけで留まるのは新鮮。

      タイトルの意味はそういうことかと納得するが、どう考えてもワニの方が早いんだけどね(笑)
      >> 続きを読む

      2019/10/18 by オーウェン

      「クロール  凶暴領域」のレビュー

    • 4.0

      超弩級の台風が日本列島を襲った夜,本作を観なくてどうすんの?
      こんばんは.三遊亭呼延灼です.被害に合われた方には不謹慎で大変申し訳ございません.怒られたら速攻で謝ります.ですからどうか,かれんさんにだけはチクらないでください.あの方ホントに怖いんです.ワニの数千倍怖いんです.
      ハリケーンの夜.古い方の自宅に戻ったらワニがいやがったぜ!!
      そのワニですが,ものすごく人を襲っています.ワニ頑張れ!!
      噛み付いた後水中に引きずり込むワニの姿は,震災の時の自衛官のように心強いです.
      地下室,上がる水位.それはワニにとって有利な状況.追い詰められる親子.
      そう,親子なんです.この辺り,サメVSライブリーの「ロスト・バケーション」とここが違います.当然親子の物語がこれまた胸アツ.でも感動してる場合じゃございません.だってワニの腭がいつ襲ってくるのかわからないんですもの.
      そのワニですが,あくまで天災の一部.体長20mって感じの自然界ではありえない異形は登場しません(そーゆーのはレイク・プラシッドをご覧ください).あくまでハリケーンと同様な天災なので対応は撃退ではなく避難.ですからラストシーンはあれで正解.
      あー,そうそう.本作は同じアジャ監督のピラニア3Dの能天気さを差分した,とーちゃんも娘っ子も愛犬シュガーもみんな頑張れついでにワニも頑張れって応援したくなる作品だと思います.
      にしてもワニ革にしたらどれくらい稼げたんだろうな.
      >> 続きを読む

      2019/10/14 by 叡福寺清子

      「クロール  凶暴領域」のレビュー

    • 3.0

      急に思い立って映画館へ行き、時間的に「ジョーカー」のチケットが取れなかったので元々どっちにしようか悩んでた本作を鑑賞しました(^。^)

      冒頭からテンポ良く登場人物の親娘の関係性や背景が分かりやすく描かれるので、すぐにストーリーにのめり込んでしまいます!
      メイズランナーにも出ていた主人公の女優さんが凄く良い演技で恐怖を感じながらも立ち向う姿がピッタリで真に迫っていて、感情移入しまくりです。

      結構痛々しいシーンも多くて…映画館なのに途中何度も声を上げてしまい、恥ずかしい位にハラハラしてしまいました^^;

      とても単純なストーリーだからこそ、親娘の演技で魅せられた作品でした!面白かった^_−☆
      >> 続きを読む

      2019/10/13 by モリモリ

      「クロール  凶暴領域」のレビュー

    もっとみる

    クロール  凶暴領域
    クロールキョウボウリョウイキ

    映画 「クロール  凶暴領域」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画