こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

アンロック/陰謀のコード

UNLOCKED
公開: 2018/04/20
製作国: アメリカ
配給: キノフィルムズ/木下グループ

    アンロック/陰謀のコード の映画レビュー (人気順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0

      いつもの感じから越えられなかった残念な作品.ただし尺の98分は楽しめるので,とりあえずはヨシとしましょう.こんばんわ三遊亭呼延灼です.
      バイオテロもいつもの感じなら,内部の裏切り者の正体もいつもの感じ.意外性は全く感じませんでした.そして裏切り者の動機もまたいつもの感じ.とはいえこのコロナ禍で政府の対応に警鐘を鳴らすってのは,なんともタイムリーですなぁ.
      そのウイルスに関して,罹患者の扱いがいい加減でしたので減点です.症状かなりエグいのですが,ちゃんとワクチンあるのかしら.っていうか場末の施設でウイルスが外部に流出してるのおかしいですよね.グローブボックスでの操作とか一体何だったんでしょう.そのあたりのツメの甘さも減点対象でありました.
      反面,キャスティングについては観るべき点が多々ございます.ベリーショートなトニ・コレットさん.ビアン臭でまくそで百合男子には喜ばれることと存じます.オーランド・ブルームのヤサグレ感もだいぶ板についてきましたね.このまま進んでいただければ,そのうちダークヒーローの当たり役に巡り合うのではないでしょうか.
      総じて点数的には低目でありますが,冒頭の通り観てる間は楽しめますからそれはそれでよろしいんでありましょう.
      >> 続きを読む

      2020/04/30 by 叡福寺清子

      「アンロック/陰謀のコード」のレビュー

    • 評価なし

      1回目の鑑賞。2018.5.12
      映画館)2018年24本目の鑑賞(TOHOシネマズ日比谷にて)。「プロメテウス」のノオミ・ラパス主演のスパイアクション映画。誰が味方で誰が敵か最後まで真実の見えない話の展開は面白かった。ただ登場人物の無駄遣いが何だかなあという感じ。オーランド・ブルームの扱いはちょっと。そういった点から評価は普通。感想はこんなところです。

      2回目の鑑賞。2020.5.18
      2020.5.18鑑賞@DVDレンタル。ノオミ・ラパス主演のアクション映画。話に不満。オーランドブルーム演じる元海兵隊員の存在が中途半端というか、雑な扱い。もうちょっと話に絡むなど何とかならなかったかなという感じ。その辺はもう一度見ても気になった。アクションは良い。その他珍しく良い方にジョン・マルコヴィッチがいたり、一癖ありそうな元上司にマイケル・ダグラスがいたりとキャストは無駄に豪華。続編はありそうだけど、評判を聞いてから見たいと思う。 >> 続きを読む

      2020/05/20 by おにけん

      「アンロック/陰謀のコード」のレビュー

    • 2.0

      アリスは優秀なCIA尋問官だったが、過去のテロ事件がトラウマとなり、現場を退き田舎の就職斡旋部門で覆面捜査をしていた。
      そんな時バイオテロが行われる情報が入り、彼女に尋問官として任命された。
      乗り気ではないが、命令の為断れず仕事をこなす。
      しかしMI5とCIAとテロリストから追われる羽目になるが、元海兵隊のコソ泥と仲間になり(笑)、事件究明とバイオテロ阻止に乗り出す。

      思ってた以上に複雑なストーリーだったのと、女性のアクションものだったので個人的には割と楽しめた。
      だけど尋問官ってあんなに強いのか? >> 続きを読む

      2020/10/18 by ヒデト

      「アンロック/陰謀のコード」のレビュー

    アンロック/陰謀のコード
    アンロックインボウノコード

    映画 「アンロック/陰謀のコード」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画