こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

シン・ゴジラ

シン・ゴジラ
(C)2016 TOHO CO.,LTD.
2016年7月29日全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2016/07/29
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
【イントロダクション】
2016年夏、ゴジラ“誕生”―。

第1作の『ゴジラ』(1954年)が公開されてから約60年、現在までに国内で計28作品が製作され、1億人に迫る累計観客動員数を記録するなど、日本を代表するシリーズ映画として君臨する「ゴジラ」。
その人気は国内に止まらず、記憶に新しい2014年にはハリウッド版『GODZILLA』が全世界で興行収入570億円以上、国内でも32億円と大ヒットを記録し、日本で誕生したゴジラというキャラクターは、世界の「Godzilla」となり、“キングオブモンスター”として人気を博しています。
日本政府が推進する「クールジャパン」の先駆けであり、日本のコンテンツキャラクターが世界へ向けて発信することができるようになった、エポックメイキングな存在の代表がゴジラなのです。

そして今回、日本版ゴジラ復活の声が高まる中、完全新作のオリジナル脚本にて新しい日本版「ゴジラ」が誕生します。
前作の日本版ゴジラから12年の時を経ての製作ですが、この間、日本映画界はその映像技術においては革新的な飛躍を遂げました。
東宝が手がけてきたメジャー作品の最高クオリティと、日本映画とは何たるかのプライドをかけ、満を持して新たなゴジラの製作へ挑みます。

脚本・総監督は、人気アニメーション「エヴァンゲリオン」シリーズの
生みの親にして、日本のみならず世界中にファンをもつ庵野秀明。
庵野氏の代表的作品である「エヴァンゲリオン」シリーズは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(2007年/興収20億円)、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(2009年/興収40億円)、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012年/興収53億円)がいずれも社会現象となる大ヒットを飛ばし、今、最も新作の公開が待たれる映画監督の一人です。
アニメーションで不動の地位を築いた庵野氏が、アニメーションでは絶対にできなかった新次元の、圧倒的映像表現に辿り着きました。
また、監督と、東宝特撮伝統の特技監督を兼務するのは、庵野氏の長年の盟友・樋口真嗣。 

高校卒業後に『ゴジラ』(1984年/橋本幸治監督)のスタッフとして映画界入りした樋口氏は、『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995年/金子修介監督)などで特撮監督を担当、監督としても『日本沈没』(2006年/興収53.4億円)、『のぼうの城』(2012年/興収28.4億円)、『進撃の巨人』2部作(2015年/合計興収49.3億円)など、多くの大ヒット作を手掛けてきました。

本作の「ゴジラ」は史上最大となる体長118.5メートルのスケールはもちろん、全く新しいデザインで生み出されたその姿は、我々の想像を遥かに超える最強の完全生物として、“大いなる恐怖”を持ってスクリーンに現れます。

さらに、庵野総監督が脚本で描く本作のテーマは、
「今の日本に初めてゴジラが現れたら、我々は一体どうなるのか?」
1000人規模で編成されたスタッフによる、かつてない規模の撮影は、圧倒的なリアリティをもって、ゴジラのいる「現実」を忠実に再現。
我々日本人が大いなる恐怖に直面し、その絶望から希望を見いだす勇気を持つ姿を描くことに成功しました。

一方、出演陣も豪華な顔ぶれが揃いました。ゴジラが襲撃する現代日本の“政府関係者”矢口(やぐち)蘭堂(らんどう)役に、映画『進撃の巨人』2部作(2015年/樋口真嗣監督)や『劇場版MOZU』(2015年/羽住英一郎監督)など、近年、多くの映画作品に出演し、アクションからコメディまで、それぞれのスクリーンの中でまったく別の顔をみせる長谷川博己。
同じく“政府関係者”赤坂(あかさか)秀樹(ひでき)役に『太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男』(2011年/平山秀幸監督)や、『謝罪の王様』(2013年/水田伸生監督)、『人生の約束』(2016年/石橋冠監督)と立て続けに映画に出演し、安定感のある演技力で様々なキャラクターを演じわける竹野内豊が決定。
さらに米国エージェントのカヨコ・アン・パタースン役を、『風に立つライオン』(2015年/三池崇史監督)に出演するほか、2015年10月期のCX系月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』では主演を務めるなど、映画・ドラマ・CMで近年目覚ましい活躍を見せる石原さとみが演じます。
その他、ゴジラに立ち向かうにふさわしい、超豪華俳優陣が集結!

【ストーリー】
現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?
>> 続きを読む

    【キャスト・スタッフ】 長谷川博己 竹野内豊 石原さとみ 脚本・総監督:庵野秀明 監督・特技監督:樋口真嗣 准監督・特技統括:尾上克郎 音楽:鷺巣詩郎

    シン・ゴジラ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全87件
    • 5.0 ハラハラ 元気が出る

      2018年一発目は今更ながらコチラ!ゴジラとかウルトラマンとか、そういうものと距離を置いて生きてきたので、なんとなく縁がなかったのですが、、、これは面白い!!!自分が触れるまでもないので、詳細は割愛しますが、まだ観てない人は是非観て下さい!ゴジラと無縁の人生が終わるかも!?にしても、オケの音楽だけでワクワクする、雰囲気がゴジラになる、映画と音楽の深い繋がりを再認識!

      2018/01/10 by メッシイ

      「シン・ゴジラ」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      帰省時実家でみる。もともと「社長シリーズ」があれば何か借りてこようという話だったのだが見つからなかったので借りた作品で、実家で家族と談笑しながらの鑑賞となる。そんな集中力の欠けるなかで感じたのは、この作品のゴジラは福島原発のこと(比喩)だということだ。制御・対応できない放射能、冷やすという対応などから(映画の中でゴジラは凍った(鎮圧された)ようであるものの、実際の福島原発は放射能汚染された汚水を海に流すといったニュースがあり、沿岸諸国である中国、ロシアから反対されているといったことや避難民が8万人(?)もいる等、いまだ未解決の重大事故のままであるが)。 >> 続きを読む

      2018/01/07 by 百草丸

      「シン・ゴジラ」のレビュー

    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      ゴジラ出現後に会議がなんども開かれ、自分の担当範囲外については関心を示さない関係者など現実に起きそうなリアルな描写だった。
      ゴジラ対策チームが編成され危機的状況に全員が立ち向かう展開はなかなか熱い。
      ゴジラの腕が短いのがあまり好きではないが、それ以外は戦闘シーンなど総じて良かった。ゴジラの形態変化は新しい試みで良い。
      最後のゴジラの尻尾のアップシーンで、人間のような物体が大量に描写されていたのは理解できなかった。とりあえず謎を残して次作への伏線として使えるようにした、ゴジラは人間のエゴにより生まれたということを表現しているとか色々と考えられるかな。
      >> 続きを読む

      2017/12/30 by nats

      「シン・ゴジラ」のレビュー

    • 3.0 笑える ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      ゴジラによって震災っぽく破壊される街のシーンと、自衛隊が少しも傷つけられなかったゴジラを米軍の大型爆弾で出血させてキレさせたシーンが良かった。
      ルー大柴みたいな喋り方をする女はイタかったけど、他にもクッサい芝居をする役者が結構いた。
      >> 続きを読む

      2017/12/29 by ケシの実

      「シン・ゴジラ」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ クール

      2016年/日本映画
      TV鑑賞

      2017/12/10 by Chappy

      「シン・ゴジラ」のレビュー

    もっとみる

    シン・ゴジラ
    シンゴジラ

    映画 「シン・ゴジラ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画