こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

シン・ゴジラ

シン・ゴジラ
(C)2016 TOHO CO.,LTD.
2016年7月29日全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2016/07/29
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
【イントロダクション】
2016年夏、ゴジラ“誕生”―。

第1作の『ゴジラ』(1954年)が公開されてから約60年、現在までに国内で計28作品が製作され、1億人に迫る累計観客動員数を記録するなど、日本を代表するシリーズ映画として君臨する「ゴジラ」。
その人気は国内に止まらず、記憶に新しい2014年にはハリウッド版『GODZILLA』が全世界で興行収入570億円以上、国内でも32億円と大ヒットを記録し、日本で誕生したゴジラというキャラクターは、世界の「Godzilla」となり、“キングオブモンスター”として人気を博しています。
日本政府が推進する「クールジャパン」の先駆けであり、日本のコンテンツキャラクターが世界へ向けて発信することができるようになった、エポックメイキングな存在の代表がゴジラなのです。

そして今回、日本版ゴジラ復活の声が高まる中、完全新作のオリジナル脚本にて新しい日本版「ゴジラ」が誕生します。
前作の日本版ゴジラから12年の時を経ての製作ですが、この間、日本映画界はその映像技術においては革新的な飛躍を遂げました。
東宝が手がけてきたメジャー作品の最高クオリティと、日本映画とは何たるかのプライドをかけ、満を持して新たなゴジラの製作へ挑みます。

脚本・総監督は、人気アニメーション「エヴァンゲリオン」シリーズの
生みの親にして、日本のみならず世界中にファンをもつ庵野秀明。
庵野氏の代表的作品である「エヴァンゲリオン」シリーズは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(2007年/興収20億円)、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(2009年/興収40億円)、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012年/興収53億円)がいずれも社会現象となる大ヒットを飛ばし、今、最も新作の公開が待たれる映画監督の一人です。
アニメーションで不動の地位を築いた庵野氏が、アニメーションでは絶対にできなかった新次元の、圧倒的映像表現に辿り着きました。
また、監督と、東宝特撮伝統の特技監督を兼務するのは、庵野氏の長年の盟友・樋口真嗣。 

高校卒業後に『ゴジラ』(1984年/橋本幸治監督)のスタッフとして映画界入りした樋口氏は、『ガメラ 大怪獣空中決戦』(1995年/金子修介監督)などで特撮監督を担当、監督としても『日本沈没』(2006年/興収53.4億円)、『のぼうの城』(2012年/興収28.4億円)、『進撃の巨人』2部作(2015年/合計興収49.3億円)など、多くの大ヒット作を手掛けてきました。

本作の「ゴジラ」は史上最大となる体長118.5メートルのスケールはもちろん、全く新しいデザインで生み出されたその姿は、我々の想像を遥かに超える最強の完全生物として、“大いなる恐怖”を持ってスクリーンに現れます。

さらに、庵野総監督が脚本で描く本作のテーマは、
「今の日本に初めてゴジラが現れたら、我々は一体どうなるのか?」
1000人規模で編成されたスタッフによる、かつてない規模の撮影は、圧倒的なリアリティをもって、ゴジラのいる「現実」を忠実に再現。
我々日本人が大いなる恐怖に直面し、その絶望から希望を見いだす勇気を持つ姿を描くことに成功しました。

一方、出演陣も豪華な顔ぶれが揃いました。ゴジラが襲撃する現代日本の“政府関係者”矢口(やぐち)蘭堂(らんどう)役に、映画『進撃の巨人』2部作(2015年/樋口真嗣監督)や『劇場版MOZU』(2015年/羽住英一郎監督)など、近年、多くの映画作品に出演し、アクションからコメディまで、それぞれのスクリーンの中でまったく別の顔をみせる長谷川博己。
同じく“政府関係者”赤坂(あかさか)秀樹(ひでき)役に『太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男』(2011年/平山秀幸監督)や、『謝罪の王様』(2013年/水田伸生監督)、『人生の約束』(2016年/石橋冠監督)と立て続けに映画に出演し、安定感のある演技力で様々なキャラクターを演じわける竹野内豊が決定。
さらに米国エージェントのカヨコ・アン・パタースン役を、『風に立つライオン』(2015年/三池崇史監督)に出演するほか、2015年10月期のCX系月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』では主演を務めるなど、映画・ドラマ・CMで近年目覚ましい活躍を見せる石原さとみが演じます。
その他、ゴジラに立ち向かうにふさわしい、超豪華俳優陣が集結!

【ストーリー】
現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?
>> 続きを読む

    【キャスト・スタッフ】 長谷川博己 竹野内豊 石原さとみ 脚本・総監督:庵野秀明 監督・特技監督:樋口真嗣 准監督・特技統括:尾上克郎 音楽:鷺巣詩郎

    シン・ゴジラ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全82件
    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      テレビ視聴。公開時とても話題になっていたのでどんなもんかなと観た。初代ゴジラ映画が好きなのでどう進化しているのかと。エヴァの音楽がかかったときは興奮。会議映画だった。その部分はかなりリアル。自分の地元が出てきたのでそれも興奮した。 >> 続きを読む

      2017/11/16 by Chihoish

      「シン・ゴジラ」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      文句なく最高の邦画のひとつ。二回以上映画館で同じ映画を見たことはありませんが、この映画は五回観に行きました。何度見てもまた次観たいと思い、六回目が見れなかったのが悔しかった。同年11月の実況はことに盛り上がりました。

      2017/11/14 by smzmsk

      「シン・ゴジラ」のレビュー

    • 5.0 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      ずっと気になっていて、でもなかなかDVDを借りるにも手が出なくて。
      テレビでのオンエアーでやっと観ることができました。


      面白かった❗


      一時期北品川に住んでいたので『あ、あの橋!』とか『あの歩道橋!』とか、元住吉に住んでいたこともあるのでその近辺の武蔵小杉とか、多摩川の浅間神社に自衛隊の拠点が置かれてて“ここからの景色見たわ~”なんて、そんな見方も楽しかった。

      『新世紀エヴァンゲリオン』は何となくしか観ていないけど、多分そんな感じなのかな、と。

      画面いっぱいに次々と色んな役職がクレジットされていく。
      どんどん画面が切り替わる。
      ゴジラが第一形態から第二形態···と進化していく。


      何でもかんでも“総理!総理!”と確認して、総理が困ってしまうところでは笑ってしまった。

      カヨコ·アン·パタースンが『祖母を不幸にした原爆を、この国で三度も落とす行為を、私の祖国にさせたくないから』という台詞にはグッときた。


      それよりも何よりも、物言わないゴジラが切ない。


      わたし的には、カヨコ⋅アン·パタースン役の石原さとみさん、良かったと思う。

      英語の発音がどうとか、そんなことは関係ない。
      (じゃあローラ?水原希子?ってやっぱり違いません???)

      日本人の凛とした強さがあって、適役ではなかったでしょうか。
      >> 続きを読む

      2017/11/14 by tutumi

      「シン・ゴジラ」のレビュー

    • 3.0

      地上波でしていたので見ました。リアルゴジラ世代じゃないので昔のゴジラは見たことがないし、数々の賞を取っていたので期待していました。
      冒頭から出てくるし、まさか四足で現れるとは思わなかったし、その形態がやたら不気味だったのでとにかくビックリ。しかもまさか進化するとは!(昔のゴジラは最初から二本足で立ってあの形態だったらしい)
      俳優さんがビックリするくらい豪華で、しかもちょい役で、贅沢だなぁと。
      内容としてはゴジラ云々よりも、不測の事態が起こったときに、会議会議で物事を決めるのに時間がかかったり、現場で自己判断じゃなく上の指示を仰がないと行動できないとか、どれだけ日本政府が無能なのかが分かった映画でした。
      だけどどうしようもないときには(当然だけど)総理大臣が判断して、決断しなきゃいけないのを見ていて、本当にすごくて大変な仕事(役割)なんだとも思った。
      後は専門用語をとにかく早口で喋りすぎ。会話を聞き取るのに必死。
      ゴジラが現れて日本上陸した理由も分からんし(家族の中では「東京見物がしたかっただけだよ」という結論に落ち着きましたが)。

      まぁ、でもエンターテイメントとしては面白かったです。
      >> 続きを読む

      2017/11/13 by tom195

      「シン・ゴジラ」のレビュー

    • 3.0

      まちがいなくリアリティがある特撮映画なんだろう。武蔵小杉方面出ていた。

      2017/09/17 by kaiteru

      「シン・ゴジラ」のレビュー

    • ただでさえ迫力あるのに、これにリアリティが加わったら、さぞ恐ろしいですね\(◎o◎)/ >> 続きを読む

      2017/10/26 by Liys☆

    もっとみる

    シン・ゴジラ
    シンゴジラ

    映画 「シン・ゴジラ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画