こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

弥生、三月 君を愛した30年

弥生、三月 君を愛した30年
©2020「弥生、三月」製作委員会
2020年3月20日 全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2020/03/20
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
運命で結ばれた二人の30年を3月だけで紡ぐ、激動のラブストーリー

    弥生、三月 君を愛した30年 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 2.0

      波瑠と成田凌の高校生は無理がありすぎるなという序盤から始まり、矢継ぎ早に進んでいく30年の何月。場面を切り取っているせいか、感情移入できず、ラストまで進んでしまった。違和感続きでなんとも残念でした。

      2021/04/07 by よっしー

      「弥生、三月 君を愛した30年」のレビュー

    • 3.0

      感想川柳「不器用で 遠回りにも 程がある」

      レンタル店でパッケージ借りでした。_φ(゚Д゚ )

      1986年3月1日、運命的な出会いを果たした弥生と太郎は、互いに惹かれ合いながらも、親友であるサクラを病気で亡くしたことから思いを伝えることができずにいた。2人は、それぞれ結婚し、家庭を持ち、別々の人生を歩んでいった。しかし、離婚や災害、配偶者の死など、厳しい現実を前に子どもの頃から抱いていた夢の数々はもろくも絶たれてしまう。人生のどん底を味わう中、30年の時を超えて、今は亡き友人サクラからのメッセージが届く…というお話。

      タイトル通り映画の全てのシーンは3月です( 。゚Д゚。)
      1日から31日に順繰りに進んでいきますが
      時間軸は過去に戻ったりもします

      しかも舞台は仙台( ´・ω・)シ

      素直になれない二人がすれ違いを繰り返して
      30年も経つという長い長いお話((゚□゚;))

      太郎の方はお調子者でだらしないところが災いし
      人生につまづき

      弥生は家族のトラブルと自分を貫く生き方が災いして
      自分を追い詰めていってしまう( ´Α`)


      ストーリーは割とスッスッと進むのに
      二人の関係は牛歩戦術かってくらい進まない( ´_ゝ`)

      多分あれはお父さんの呪詛の言葉のせいだな(笑)(;´A`)

      高校卒業した時点でサクラが亡くなったなら
      2人が付き合わない理由は見当たらない( ´Α`)

      21歳から26歳の間に何かあったのか?(´・(ェ)・`)

      その後お互いに声をかけるタイミングがあったのにかけなかったし

      本編ではほんの少しのすれ違いなんだよなぁ(‘ε ’)

      恋愛描写は甘っちょろい感じですが
      息子の教え子や弥生の父親とか酷い人間も出てきます
      人間の酸いも甘いも堪能できる作品ですね( ・ω・)

      ラストの中途半端なミュージカル感はなに?(笑)

      んでまず( ´∀`)/~~
      >> 続きを読む

      2021/01/18 by Jinyuuto

      「弥生、三月 君を愛した30年」のレビュー

    • 2.0

      ドラマなのかラブストーリーなのか。
      やりたいことは分かるが、いくらなんでも展開が早すぎる。

      高校時代からあっという間に2人は結婚して別れ。
      そこからすれ違いで、結末にという具合。

      まるで連続ドラマを映画用にダイジェストにしたかのような出来。
      とにかく矢継ぎ早に起こることが早いので、中心の2人以外どの人物も薄っぺらい印象しかない。

      弥生にしても太郎にしても結婚相手の適当さ。
      息子の教師の件も、あんな露骨で程度の低いクラスメイトがいるとは思えない。

      ほとんど非現実な連続であり、微妙な余韻で終了。
      あと波瑠と成田凌の高校生役は流石に無理があった。
      >> 続きを読む

      2020/09/24 by オーウェン

      「弥生、三月 君を愛した30年」のレビュー

    弥生、三月 君を愛した30年
    ヤヨイサンガツキミヲアイシタサンジュウネン

    映画 「弥生、三月 君を愛した30年」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画