こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

スパイの妻

スパイの妻
10.16(金) 新宿ピカデリー他全国ロードショー!
1クリック登録
公開: 2020/10/16
監督:
製作国: 日本
配給: ビターズ・エンド(配給協力:『スパイの妻』プロモーションパートナーズ)

    スパイの妻 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 4.0

      タイトルにスパイと付いているけれど、夫婦間の熱い火花みたいな物語でした。
      奥さんが怖い人に見えた。奥さん一見ポワっとしているけど、夫の隣に居るのはいつも私よ! 私でなければいけないのよ!という、彼女の愛(執念)が凄い。

      旦那さんは「僕はコスモポリタンなだけ」と言っていたけど、絶対一代で会社を築いた人じゃないと思う。もし初代だったら、例え倫理観のある人でも、どうすれば巻き込まれずに会社を守れるか…とか、そっちの方に視点が行きそうだもんね。
      旦那さんの理想が高過ぎて、戦前にロシアに渡った共産主義者のカップルをイメージしてしまった。
      戦中のスパイ物として見ると、肩透かしを食らうかもしれません。
      >> 続きを読む

      2022/03/19 by バナバナ2

      「スパイの妻」のレビュー

    • 評価なし クール

      戦争中でも裕福層の生活って庶民とは違うんだな。
      豪華な買物したり旅行の予定を立てたりと
      鼻に付く富豪夫妻を見事に演じたお2人でした。

      夫と離れて異国へ旅立つ辺りでこの物語の結末がわかってしまった。

      2022/01/26 by marino

      「スパイの妻」のレビュー

    • 3.0

      元々ドラマで作成されたとのこと。
      微妙なところが多くて、あんまり入り込めなかった。外国で評価されたことは謎でした。

      2021/12/29 by よっしー

      「スパイの妻」のレビュー

    • 1.0

      偶然だけれど、終戦直後の日本について書かれたピューリッツァー賞受賞作「敗北を抱きしめて」(ジョン・ダワー著)を今ちょうど読んでいるところで(今更私が言うまでもないのですが名著です!!!)、かつBS-TBSの「関口宏のもう一度!近現代史」も毎週楽しみに見ていて、個人的に今ものすごく第二次世界大戦周辺に意識がフォーカスしている中、これを見た。

      ほんとうにたまたまです。別に狙ったわけではない。

      正直に言って、「これがベネツィアで銀獅子賞???」と首をひねってしまった。めちゃくちゃ底が浅くて非現実的で、作りもチープで、全然いいところのない作品に見えたけどなぁ・・・。
      今、他の方々の感想を見て、「NHKのドラマとして作られた」と知って、ちょっと納得した。うん、それなら分かる。

      とにかく脚本がよくないと思うのー!
      これ書いた人って、九大の生体解剖事件とか731部隊のような猟奇的な事件にだけ興味があって、それについてだけちょこっと調べて、あとは学校の教科書で習った戦争しか知らずに書いたんじゃないだろうか、とか思ってしまった。

      とにかくツッコミどころが多すぎる。

      一般の貿易会社の社長がどうやってあんな記録映像とか実験ノートとか持ち出せるのか。
      しかも、あの時代の人が、日本の不正を国際世論に訴えるんだー!とか言うかな?
      日本の外相は、国際連盟を椅子を蹴って脱退したのに?(=国際世論がうるさかったから、ハエを手で払いのけるような感じで無視することにした)

      日本が戦争に負けたらすべて解決する、だなんて、その後に起こったことを知っている今の私たちだから言えることだと思う。あの当時、アメリカが参戦すれば日本は負ける、そうすればすべてうまくいく、なんて誰が思っただろうか。

      そもそも、日本の所業を知って、激しく心痛め、正義を貫こうとするような共感力のある人が、甥をあっさり見捨てて、さらには日本国民をもそんなに簡単に見捨てることができるのだろうか。

      戦後、蒼井優が演じた女性はアメリカに渡ったと意味ありげに書いてあったのにも、はぁ?と思った。アメリカに何をしに行ったんだろう?と素朴に疑問。
      別に彼女は政府の要人でも何でもないし、知り合いもいなさそうだし、ただの主婦で、特に何か目的もなさそうなのに。

      とまあ、こんな風にいろいろ突っ込んでみたけど、要は、歴史に翻弄される男女の運命の軌跡を書こうとして、中途半端で中身のないラブストーリーで終わったという感じ。
      スパイの妻ってタイトルに期待したけど、ただの何も考えてない夫大好き主婦のお話・・・


      久々に映画を見て腹が立った。
      たぶん、私が、あの時代を適当に扱ってほしくない、という思いが強すぎるのかも。
      >> 続きを読む

      2021/05/04 by みけ猫

      「スパイの妻」のレビュー

    • 4.0 切ない ハラハラ クール

      2020年/日本映画 TV鑑賞

      2021/05/03 by Chappy

      「スパイの妻」のレビュー

    もっとみる

    スパイの妻
    スパイノツマ

    映画 「スパイの妻」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画