こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ミュージアム

ミュージアム
c 巴亮介/講談社 c 2016映画「ミュージアム」製作委員会
11月12日(土)全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2016/11/12
監督:
製作国: 日本
配給: ワーナー・ブラザース映画
■ストーリー
“悪魔のアーティスト・カエル男”が創造する殺人ミュージアム
雨の日に起きる連続猟奇殺人事件。犯行現場に残された謎のメモ、そして見つけられることを前提としたかのような死体。犯人はカエルのマスクを被った通称・カエル男。事件の関連性に気付いた沢村刑事が捜査を進めると、驚愕の次のターゲットが浮かび上がる。カエル男の次のターゲットとは…。犯人を追うはずの沢村が、逆に絶望的な状況に追い詰められて行く。果たして、カエル男の真の目的とは…? >> 続きを読む

    ミュージアム の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全23件
    • 3.0 ハラハラ

      原作を読んだ後、映像化も観たくなり視聴。が、展開を知っている事が仇となり途中何度もリタイアしそうになった。
      リアルなお化け屋敷でもないのに、なんというビビり様…。(情けない)
      カエル男が妻夫木である必要あったのかな?北島マヤ的な人材を発掘するいいポジションにあった気はした。

      2020/09/03 by KUMI

      「ミュージアム」のレビュー

    • 3.0

      カエル男の犯行がなぜ雨の日に限られるのか、そのあたりのミステリー感が良かった。絶望を匂わせ、それを嘲笑うカエル男に、ラストを迎えた後も拭いきれない不快感を植えつけられる。この宣伝の為に作ったと思われる「ミュージアム」ドラマ版は、これの5倍は胸糞で、途中で見るのを諦めたほど。無抵抗の弱者に対し延々続く物理的な暴力は、正直作り物でも反吐が出る。

      2019/12/21 by Mimi

      「ミュージアム」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      重たい感じのする映画だった。
      ちょっとグロい…。

      2019/11/19 by pink-tink

      「ミュージアム」のレビュー

    • 3.0

      中々ハラハラ、バクバク。
      エンディングは、この先どうなってしまうのかちょっと不安。
      裁判員裁判、怖くなる。

      2019/09/30 by chikako

      「ミュージアム」のレビュー

    • 2.0

      セブンを意識して日本で作ったらこうなったよ、という映画。
      原作コミックも既読ですが原作版の方が絶望エンドでよかったなあ

      日本警察映画あるあるの
      「途中から暴走し出してお前はもう捜査から外れろと言われているのに
      単独行動で犯人を追い詰める」って展開もう飽きた。

      2018/11/26 by chimokko

      「ミュージアム」のレビュー

    もっとみる

    ミュージアム
    ミュージアム

    映画 「ミュージアム」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画