こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

かぞくわり

かぞくわり
©2018かぞくわりLLP
2019年1月19日(土) 有楽町スバル座・TOHOシネマズ橿原ほか全国順次公開
1クリック登録
公開: 2019/01/19
監督:
製作国: 日本
配給: 日本出版販売
古都、奈良に伝わる伝説
千年の時を経て、奇跡を起こす
日本の割れた家族はどこへいく

■あらすじ
太陽が三輪山(みわやま)からのぼり二上山(にじょうざん)に沈むこの奈良の地には、1300年以上の歴史を誇る寺がある。そしてそこに祀られる曼荼羅を一夜にして織り上げたという伝説の姫がいた。姫の生まれ変わりの香奈(陽月華)は、その土地の平凡な家庭で育つが、親(小日向文世、竹下景子)に画家になる夢を拒絶されてから定職にもつかず38歳になっても親と同居の実家暮らしだった。一見平凡な家族生活に結婚して家を出た妹の暁美(佃井皆美)が姪の樹月(木下彩音)と出戻りしてきた。暁美が、香奈のニートな人生を否定し、家族のあり方に意見したことから家族生活に混乱をもたらす。そして香奈の前に現れた謎の青年が香奈を再び画家の世界へと導いたことから街全体を巻き込む大騒動へと発展していく。すると香奈の中に眠っていた姫の魂が目覚め始める。 >> 続きを読む

    【2018年/日本/アメリカンビスタ/5.1ch/129分】

    かぞくわり の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      陽月華さん演じる主人公香奈のちょっと不思議な長編物語。変わり者の香奈が家族や清治の理解とともに心が解放されていく様が描かれています。香奈は奈良に伝説として伝えられた中将姫の生まれ変わりという設定なので、中将姫が現代にタイムスリップして過去生の想いを清算する流れなのだと思う。中将姫の物語は実際に小説「死者の書」に書いてあるらしく、小説をちょっと読んでみたくなりました。お寺とか奈良の自然とかの映像がNHKのドキュメンタリー番組っぽいけど、何で香奈(カナ)?ドウシタカナ(堂下香奈)?小日向さん演じるお父さんのギャグもありましたが、この辺は見てのお楽しみカナ(笑)長いので、お菓子買ってゆったりと見るのがおススメ。 >> 続きを読む

      2019/02/02 by nomura

      「かぞくわり」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    かぞくわり
    カゾクワリ

    映画 「かぞくわり」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画