こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

さよならの朝に約束の花をかざろう

さよならの朝に約束の花をかざろう
©PROJECT MAQUIA
2018年2月24日(土)ロードショー
1クリック登録
公開: 2018/02/24
監督:
製作国: 日本
配給: ショウゲート
一人ぼっちが一人ぼっちと出会った
出会いと別れが紡ぐ永遠の一瞬
愛することができない世界で
少女たちは愛を知る。

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」
「心が叫びたがってるんだ。」
などで知られる脚本家・岡田麿里による初の長編アニメーション映画誕生!! >> 続きを読む

    【スタッフ】 【監督・脚本】:岡田麿里 『心が叫びたがってるんだ。』脚本、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』脚本、『花咲くいろは』脚本 【アニメーション制作】:P.A.WORKS 【製作】:バンダイビジュアル/博報堂DYミュージック&ピクチャーズ/ランティス/P.A.WORKS/Cygames 【配給】:ショウゲート 【主題歌】:rionos「ウィアートル」(ランティス)作詞:riya 作曲・編曲:rionos 【キャスト】 マキア/石見舞菜香 エリアル/入野自由 レイリア/茅野愛衣 クリム/梶裕貴 ラシーヌ/沢城みゆき ラング/細谷佳正 ミド/佐藤利奈 ディタ/日笠陽子 メドメル/久野美咲 イゾル/杉田智和 バロウ/平田広明

    さよならの朝に約束の花をかざろう の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 5.0 泣ける 切ない 元気が出る

      「ここさけ」の監督映画。
      一人の女性の人生のひとときと、一人の男性の一生。
      たくさんの不幸があり、迷い、悩み、決断して、一生懸命生きた軌跡にきっと後悔はないんだろう。
      ファンタジーな設定に躊躇していたけれど、観に行く決断をして良かった。

      2018/04/06 by smzmsk

      「さよならの朝に約束の花をかざろう」のレビュー

    • 私もこの作品好きです。監督の岡田摩里さんは脚本家出身でして、「ここさけ」やTVアニメ「あの花」の時は脚本を担当されていたようにうかがっております。 >> 続きを読む

      2018/08/26 by ぴぐじい

    • 3.0 泣ける 切ない

      予告で「あ、泣けそう」と思って見に行くと決めてました。映像綺麗だし、音楽素晴らしいし、役者さんは安定のうまさだし、終盤泣いてたんですが、色々惜しい。世界観の説明が一切といっていいほどないので赤目病とはなんぞやと初めから謎が突然降って沸いて放置され、序盤で重要っぽいキャラクター出なくなったけどどうなったのと思ってたらいつの間にか死んだことにされていたり…時間経過も分かりにくいのでちょっと置いてけぼり感はあります。それでも主人公ちゃんの母親であろうとする一貫性には胸を打たれます。安易に子と恋仲にならなくて良かった。 >> 続きを読む

      2018/03/11 by satoru71

      「さよならの朝に約束の花をかざろう」のレビュー

    • 4.0

      細田守監督作品が控えているからか、『おおかみこども〜』を思い出した
      それよりファンタジー色が強く、岡田麿里らしいキャラの感情表現で母親を描く
      最後は最近観た某邦画

      この手の話には弱いし且つ入野自由の声と演技にも弱いのか、息子の声が彼になってからは特に引きつけられたしところどころ感動もした

      思ったより無難な展開でちょっと描写不足なところもあったけど、また監督やってくれることを期待 >> 続きを読む

      2018/03/01 by tky

      「さよならの朝に約束の花をかざろう」のレビュー

    • 4.0

      映画館)2018年9本目の鑑賞。(TOHOシネマズ上野にて)。アニメの「とらドラ!」「あの花~」映画の「ここさけ」の脚本を手掛けた岡田磨里さんの初監督作品。話の面白さに定評がある人だけどドロドロとした人間関係の話が多く、舞台がファンタジー世界だったのでどういう物ができあがってくるのかとヒヤヒヤしながら見ていたが、とても良かった。後から考えるとちょっとツッコミを入れたい部分もあるが感動する場面もあるし、親子愛という物が作品から伝わってくる。意外に大人向けの作品で驚きました。感想はこんなところです。

      2018/02/26 by おにけん

      「さよならの朝に約束の花をかざろう」のレビュー

    • 4.0

       老いることが無い種族が普通の人間に関わる物語。
       こういう設定には弱いんだよなぁ。
       だって、絶対最後は決まってますやん。


       十台半ばで成長を止め、その後の永遠を暮らすイオルフの民。
       そこに、古の獣を操るメザーテの軍が攻めてきた。
       村は焼かれ、イオルフの民は連れ去られた。
       マキア一人が、その惨劇から逃れた。 

       見知らぬ土地で生きていくことになったマキアは、道中にメダーテ軍の襲撃があった村で一人の赤ん坊を見つける。
       マキアはエリアルと名付け、彼の母親になろうとした。

       時は過ぎてエリアルはどんどん成長していく。
       対して、マキアは全く年をとらない。
       二人の成長が逆転する時が来る。

       イオルフの民は、別れの種族と呼ばれる。
       これは別れの話、そして少女の紡ぐ家族の話。
      >> 続きを読む

      2018/02/25 by ホースケ

      「さよならの朝に約束の花をかざろう」のレビュー

    もっとみる

    さよならの朝に約束の花をかざろう
    サヨナラノアサニヤクソクノハナヲカザロウ

    映画 「さよならの朝に約束の花をかざろう」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画