こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女
(C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会
1クリック登録
公開: 2017/04/07
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝映像事業部

    夜は短し歩けよ乙女 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全9件
    • 3.0

      森見登美彦のベストセラー作を「四畳半神話大系」も手がけた湯浅監督が映像化。
      90分程の上映時間枠に収めるためにたった一晩の出来事にするという半ば強引な展開ですが、原作の怪しく濃厚な京都の雰囲気が見事に表現されています。

      それにしても歌えて踊れて演技もできて文才もある今最も旬な男の星野源がこの作品で偏屈な先輩の独白を見事に再現。声優としても才能を発揮する多才ぶりが誠に腹立たしい。

      2017/11/27 by ybook

      「夜は短し歩けよ乙女」のレビュー

    • > 声優としても才能を発揮する多才ぶりが誠に腹立たしい。

      何となくわかります(笑)

      2017/11/28 by ice

    • 4.0 笑える

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      主人公である先輩と、彼の恋する黒髪の乙女を巡る物語(どちらも本名が出てこない)。
      黒髪の乙女は好奇心旺盛で酒豪の、若々しい乙女。四畳半神話体系の明石さんとは全く違うタイプの女性だが、溌溂としていて確かに可愛らしい。

      四畳半神話大系のキャラクターが大勢登場し、ファンとしてはそれだけでも楽しめる要素。

      大雑把なシナリオとしては乙女が探している古本(子供のころに読んでいたもの)を主人公がひょんな機会に在処を突き止め、それを利用して乙女と親睦を深めたい、あわよくば恋路を歩みたいという動機で獲得に奔走し、最終的には綺麗なハッピーエンドで締めくくられる。

      やはり森見登美彦先生の作品だけあって、主人公は絶対にストレートな感情表現をしない古風なインテリであり、心理描写などは面倒くさいながらも面白かった。

      彼女の方は彼女の方で色々な珍妙事件に巻き込まれるのだが、シュールさと言ったものは四畳半に似ていて全く退屈のしようがない話となっていた。
      >> 続きを読む

      2017/11/26 by Ryu-0929

      「夜は短し歩けよ乙女」のレビュー

    • 4.0

      「“偽電気ブラン”を飲みたい」
      22時過ぎ。歌舞伎町の映画館で今作を観終えて、そのまま“偽電気ブラン”を当てもなく彷徨い飲み歩きたくなった。
      10年前に森見登美彦の原作小説を読んだ時とまったく同じ「衝動」を駆り立てた時点で、この映画化は大成功だと思えた。

      大変な満足感を覚えた反面、この映画の面白さを言葉にしようとすると、どれも陳腐な表現になり纏まらないことに苦慮した。
      その理由がようやく分かった。
      「先輩」と「黒髪の乙女」のめくるめく“一夜”を描き出したこのアニメーション映画が繰り広げるあまりにも自由気ままなイマジネーションとアバンギャルドな世界観は、まさに一夜で見た「夢」の如き体験だったからだ。

      僕は“色付きの夢”をわりとよく見る。
      印象的でエモーショナルな夢から目覚めることもしばしばあり、「ああ、昨夜見た夢を映画化すれば大傑作になるかもしれないぞ」と一寸思う。
      しかし、次の瞬間、その夢を言語化しようとするととても陳腐で他愛のないものとして表れ、大変がっかりする。
      またはそういった夢の中で、とても魅力的な女性に出会い恋に落ちることもある。当然ながら夢から覚めた時点で、その恋も終わり、失恋したような感覚が一日中残ることもある。

      「夢をエンターテイメントとして具現化することはできない」というのが、個人的な結論だった。
      しかし、この映画は、僕のその持論を呆れるくらいの自由闊達さで一蹴してくれた。

      これほどまでに自由で、勝手気ままなご都合主義的で、自己陶酔的で、馬鹿馬鹿しくて破茶目茶でありながら、何とも楽しくエモーショナルな稀有なエンターテイメントとして完成していることに、悦びを越えて嫉妬すら感じる。

      人生は短い。夜は短い。

      それはまったくその通りだけれど、「一夜」を四季を駆け抜ける一年間のように濃密な時間にするかしないかは、本人の歩き方次第。
      ならば、長く、愉快に歩かなければ、勿体無いというもの。
      >> 続きを読む

      2017/04/30 by tkl

      「夜は短し歩けよ乙女」のレビュー

    • 評価なし

      やばい。すっかり見入ってしまった。

      所々、偽電気ブランとか、有頂天家族、四畳半神話大系を想起させるものがあって、それも楽しめた。

      やっぱり神谷さんだった…
      花澤さんや神谷さんだと声優が気になってしまうのが難点…

      エンドロールまでしっかりと!楽しませてもらえました!
      >> 続きを読む

      2017/04/20 by ゆゆゆん

      「夜は短し歩けよ乙女」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      このタイプの映像とシュールさは相性が悪いわけではないですが、
      特別好きでもないです

      ラブコメとして普通に楽しめました

      予告観て勝手に星野源出突っ張りだと思ってましたが、そうでもなく
      すれ違いは切ないわけでも特別笑っちゃうほどでもなく

      声聴いてるだけで癒される花澤香菜さんのほうが出番が多くパンツさんの話もよかった
      ミュージカル→鯉のところが最高潮でした
      >> 続きを読む

      2017/04/16 by tky

      「夜は短し歩けよ乙女」のレビュー

    もっとみる

    夜は短し歩けよ乙女
    ヨルハミジカシアルケヨオトメ

    映画 「夜は短し歩けよ乙女」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画