こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

殺さない彼と死なない彼女

殺さない彼と死なない彼女
©2019 映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会
2019年11月15日
1クリック登録
公開: 2019/11/15
監督:
製作国: 日本
配給: KADOKAWA=ポニーキャニオン

    殺さない彼と死なない彼女 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 4.0 元気が出る

      中心人物はタイトルにもある関係の小坂と鹿野だが、それと並行して3つの恋愛ものが展開していく。

      好き好き言われる関係が次第に意識してきて、相手のことを考えてしまうという展開は非常に共感できる。
      いかにも10代だし、この世代だからこそ不器用な恋愛もスッキリ飲み込める。

      きゃぴ子と地味子の関係も微笑ましい。

      だが小坂と鹿野の関係がどこか違和感が感じられる。
      これは最後の方に明かされるのだが、そういう展開を見せる映画とは思ってもみなかったので驚く。

      前向きになっていく爽やかなラストは好感が持てる。
      >> 続きを読む

      2020/06/11 by オーウェン

      「殺さない彼と死なない彼女」のレビュー

    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      寝不足でハシゴ3本目でめっちゃ苦手なボヤーっとした映像の邦画で、眠くならなかったのは色々共感できたからだと思う

      スクールカーストというものが理解できないので、地味子側だった自分はイケメンの友達思い出した。
      何もしないで勝手に美男美女が寄ってくる妄想物語がキツくなってきたから素直な猛アタックで相手の心を動かす話も好き
      重要なあの展開は好きなんだけど、ハシゴ2本目の映画の影響もあって夢で出てくるのは不要に感じた。あんだけガッツリ出て夢でも出ちゃったら有り難みも喪失感もない。しかも長いし2回あるし

      鑑賞後すぐ原作読みましたがうまく映画にしましたね。全然違和感なかった。女の子みんな可愛くて八千代君地味。八千代君は映画版が最高
      夢に出てくるのは漫画版は自然だったな

      愛する人を大事にしたくなる気持ちを思い出させてくれる作品はほぼ無条件に好きです
      >> 続きを読む

      2019/12/11 by tky

      「殺さない彼と死なない彼女」のレビュー

    • 5.0

       死なない彼女の物語だが、ゾンビや不死者の映画ではなかった。
       死にたがり少女と、「殺す」が口癖な少年の物語。
       原作は四コマ漫画らしいが未読。

       三人のめんどくさい少女を取り巻く恋愛譚。

       原作が四コマだとしたら、それを一つの映画に繋ぐのは大変であったことではあろう。
       都合のいい繋ぐためだけに出てきた、何の伏線にもなっていない要素と、半端に伏線になっている要素が、ズバッとハマってたらもっと嬉しかったかな。

       メインの二人の物語に絞って、深く濃く語ってくれてもよかったかなぁ。

       女の子が、女言葉をしゃべるだけでこんなにも不自然さを演出できるものなのね。
       や。まぁ原作リスペクトの結果なんだろうけど。
       男性陣のセリフ回しも、ちょいとおかしかったけどね。
       不自然なだけならともかく、この手の口調ってヲの字がよく使うので・・・。

       感想書くと、不満点ばかりあげてしまうけど、割と面白く鑑賞した。
       彼女の絶妙な立ち位置が、全てをまとめ上げていたんだろう。
      >> 続きを読む

      2019/11/27 by 猿山リム

      「殺さない彼と死なない彼女」のレビュー

    殺さない彼と死なない彼女
    コロサナイカレトシナナイカノジョ

    映画 「殺さない彼と死なない彼女」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画