こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ヴァレリアン 千の惑星の救世主

ヴァレリアン 千の惑星の救世主
© 2017 VALERIAN S.A.S. - TF1 FILMS PRODUCTION
2018年3月全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2018/03/30
製作国: フランス
配給: キノフィルムズ/木下グループ
リュック・ベッソン史上、最強最大のSFエンターテインメント超大作登場!

一つの恋よ、叶え。一つの銀河を、救え。

STORY

宇宙に進出した人類はさまざまな宇宙人と遭遇。平和と結束のメッセージを込めて遠い宇宙に送られた“アルファ宇宙ステーション”は長い年月を経て拡張を続けて巨大化。あらゆる種族が共存する“千の惑星の都市”として銀河にその名を知られていた。

西暦2740年。連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)は宇宙の平和を守る任務に就き、銀河をパトロールして回っている。ヴァレリアンは比類のない有能なエージェントだが、私生活ではちゃらんぽらんなプレイボーイ。常にローレリーヌを口説いているが相手にされることはない。

2人に下った極秘ミッションは、砂漠の惑星キリアンにあるビッグ・マーケットへの潜入。宇宙各地から訪れる観光客と犯罪者が入り乱れる混沌とした巨大市場だ。莫大なエネルギー源を生み出す生物“ミュール変換器(コンバーター)”の最後の一匹が闇マーケットに出回っており、ヴァレリアンたちが捕獲せねばならないのだ。

果たしてヴァレリアンとローレリーヌは“千の惑星の都市”と銀河の危機を救うことができるのか? そしてふたりの恋の行方はー!?
>> 続きを読む

    ヴァレリアン 千の惑星の救世主 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全12件
    • 4.0

      全体的に半端な感じだけど王道ストレートで好感が持てる。リアーナを映画で観られるってワクワクしちゃうし、やっぱり声がいい。デハーンも声いい

      2018/12/17 by BSKVSC

      「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」のレビュー

    • 3.0

      「えっ,デハーン主演でヒロインがデルヴィーニュ!観る観る,こんな俺得キャスティング観ないわけないっしょ.」とはしゃいだ私が監督ベッソンと知ったときの気持ちを400文字以内で答えよ.
      ホントあの時の絶望感ったら・・・そして予告観たらさらに絶望したんですけどね.
      ベッソンの感性はフィフス・エレメントの時から何一つ変わってない.砂場の公園に「巨大市場」という(名前もダッセェ)VRを構築するのなんて,普通の監督なら恥ずかしくてやらねぇよ.あとブーラン・バソールですか.土人をカリカチュアしててよく問題にならなかったな.なんとかってサイロンがでた瞬間クライブ司令官が黒幕で自軍裏切るヤツやんって100人いたら150人全員が察するレベル.さすがにバブルっていうかリアーナのダンスはすごかったけど.
      デハーンはずっと前髪下ろしたままだったけどそれはそれでアリでした.そしてデルヴィーニュ.かわぇぇぇ.今この人ほどいい意味での「おきゃん」という言葉が似合う人いねぇわな.若い頃のキャメロン・ディアスを彷彿として観てるだけで心が癒やされる.
      ジュピターと本作は「時代に取り残されたSF映画」として永遠に語り継がれていく存在.合掌Ω\ζ°)チーン
      >> 続きを読む

      2018/11/05 by 叡福寺清子

      「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ 元気が出る クール

      SWの元ネタ

      今更ながらのスペースオペラとのエポック・メイキング感のある冒頭、コレは意外に好きです。
      またデビッド・ボウイだし(;´Д`)

      そもそもヴァレリアンに魅力がイマイチかな(^_^;)
      若い頃のハリソンフォード演じるハンソロみたいな感じのキャラだったらハマるのにおぼっちゃま感がありすぎ。
      逆にローレリーヌは魅力ありますねぇ。あ、オイラがオヤジだからでしょうか(;゚Д゚)!
      ビジュアルは楽しい!
      1967年に出版された今で言うラノベ(?)みたいなグラフィックノベル『ヴァレリアンとローレリーヌ』はスター・ウォーズのアイデアの元ネタとも聞きました。
      なるほど、SWっぽさを感じながら楽しめますね♪
      現代のシリアス路線な映画よりレトロ、邦画の「宇宙からのメッセージ」あたりの元ネタといっても納得ですw

      とにかく内容は単純だし、見ていてビジュアルを楽しめれば「吉」ですよ♪

      (allcinema解説)
      「LUCY/ルーシー」のリュック・ベッソン監督が、「フィフス・エレメント」にも関わったバンド・デシネの巨匠ジャン=クロード・メジエールの伝説的グラフィック・ノベル『ヴァレリアンとローレリーヌ』シリーズを、長年の悲願を実現させ、ついに実写映画化したSFアドベンチャー超大作。様々な種族が共生する28世紀のアルファ宇宙ステーションを舞台に、宇宙の平和を守る特殊エージェント、ヴァレリアンとローレリーヌの活躍を壮大なスケールで描き出す。主演は「クロニクル」「ディーン、君がいた瞬間(とき)」のデイン・デハーンと「天使が消えた街」「スーサイド・スクワッド」のカーラ・デルヴィーニュ。共演にクライヴ・オーウェン、リアーナ、イーサン・ホーク。
      西暦2740年。宇宙連邦捜査官のヴァレリアンは、平和を守るべく銀河を飛び回りながらも、相棒のローレリーヌを口説くことに余念がない忙しい日々を送っていた。そんな中、“千の惑星の都市”と呼ばれる超巨大宇宙ステーション“アルファ”で銀河を揺るがす恐るべき陰謀が明らかとなり、その解決に乗り出したヴァレリアンとローレリーヌだったが…。
      >> 続きを読む

      2018/10/24 by motti

      「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」のレビュー

    • 3.0

      見た目綺麗。最初はアバターかと思った。

      2018/09/29 by HAGANELLIC

      「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」のレビュー

    • 2.0

       西暦2740年。全宇宙の平和を守るべく銀河をパトロールしている連邦捜査官のヴァレリアンとその相棒ローレリーヌは、とある任務を遂行すべく"千の惑星の都市"として知られる「アルファ宇宙ステーション」へと向かう。そこは長い年月を経て拡張を続け、あらゆる種族が共存する場所だったが、その内部では邪悪な陰謀と秘密が隠されていた。

       カーラ・デルヴィーニュが美人で可愛い。以上。
       デイン・デハーンも良いのだが、まぁ、俳優以外ほめるべき点が無い。リュック・ベッソンはフィフス・エレメントを引っ張り過ぎなのではないだろうか。映像さえ頑張れば脚本なんて二の次でよいと考えているようだが、それで満足ができるわけがない。
       登場人物の性格がセリフの中の説明のみで終始しており、キャラクターを深めるショートストーリーは皆無。肝心のメインストーリーは更にひどい。能動的に動くキャラクターが悪役のみであり、主人公含めほぼ全員が対処的にしか行動しない。良い意味で裏切る展開は用意されておらず、文章にしてしまえば絶対に読まない自信さえある。
       大画面で見ていれば映像に感動できたかもしれないが、DVD鑑賞するメリットはほとんどなかった。
      >> 続きを読む

      2018/09/15 by answer42

      「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」のレビュー

    もっとみる

    ヴァレリアン 千の惑星の救世主
    バレリアンセンノワクセイノキュウセイシュ

    映画 「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画