こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

くるみ割り人形と秘密の王国

THE NUTCRACKER AND THE FOUR REALMS
公開: 2018/11/30
製作国: アメリカ
配給: ウォルト・ディズニー・ジャパン

    くるみ割り人形と秘密の王国 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全9件
    • 0.0

      映像がキレイだった。くるみ割り人形って実は良く知らなかったんだなぁ

      2019/04/17 by rekomoko

      「くるみ割り人形と秘密の王国」のレビュー

    • 評価なし

      キーラ・ナイトレイのシュガー・プラムがほとんどシンディ・ローパーでした!
      メイキャップの力は凄いわと、彼女が言っていたけれど、こういうことかと納得でした。
      バレエの「くるみ割り人形」は良く知っているのですが、この映画はバレエとは違うはず。と、原作の「くるみ割り人形とねずみの王国」を読んでから行ったのですが。それとも全然ちがう話で、と言うよりも、原作を知っていると却ってミスリードされやすくなるでしょう。

      全体的に、何を目指しているのか良く分からない映画
      バレエ音楽が聴けるのかと思うと、半端で当て外れ。
      ストーリーは原作のマリーの娘が主人公で、ハナから続編みたい。
      キャラクターもオリジナルなので、いっそバレエとは無関係に作ればいいものを、これまた半端にバレエを観せる。でも、ソリスト二人の踊りがちょっと観られる程度で、華やかでポップなアンソロジー的な「くるみ割り人形」の楽しさは全く採り入れられていない。
      そして最近のお決まりのパターンで、王国の支配権争いの戦争が起きるという、夢のないストーリー展開。
      おとぎの世界の可愛らしさ豊かなアイディアをもう少しきちんと観たかったなと思いました。
      こう考えると「チャーリーとチョコレート工場」は、原作のテイストを壊さず、ストーリーも悪くなく、かつ大胆な演出で驚かせ笑わせてくれて良くできていたなあと思ってしまいます。
      母から娘へのメッセージも「え?これだけ?」と拍子抜けするくらいのわかりにくさ。
      母の存在感が、周りの人が凄い凄いと言っているだけで、観ているこちらには伝わらない。

      誤解を招く事を覚悟で言わせてもらいますが、黒人率高すぎ!
      大事で、善人な役どころを有色人種に当てるという配慮、わかるけど、作品を選んでほしい。
      ハリウッドの事情という現世のお約束を思い出してしまい、夢に浸れません。
      おとぎの世界に徹して映像美で夢を紡ぐのって今時はダメなんですか?
      映画にも社会への忖度が必要なの?

      もっとも印象に残る演技がCGのねずみ君だと言う事実ってどうよ?
      {本当にネズミがかわいいです。でも、ネズミ恐怖症の人は泣いちゃうかもしれないです。
      とにかく大量のねずみ!)
      >> 続きを読む

      2019/02/07 by 月うさぎ

      「くるみ割り人形と秘密の王国」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      ナルニア国物語シリーズのような世界。世界感がステキでした。

      2019/01/30 by JulesVerne

      「くるみ割り人形と秘密の王国」のレビュー

    • 3.0

      ストーリーは最初から期待はしていなかったので映像美を楽しむ目的で観賞に映画館へ。
      モチーフの一つ一つや彩色の美しさ、なにをとっても目の保養で最高に背景の素晴らしさを堪能できた。
      ストーリーに関しては、クララがこの現実離れした不思議な世界を受け入れるスピードが早すぎて観ているこっちは若干置いてけぼりに。この国を守りたいとか大事だとか、せいぜい秘密の王国内では2日間程度の話だったのにクララの王国全体に対する感情移入が早くて、御都合主義の匂いを感じざるをえなかった。母が愛した国だからって普通はそこまですんなり受け入れられないと思う。母が女王であることに一言も驚くような言及が無かったのも違和感があった。
      あとマザージンジャーやその配下の初期のクララの扱いが酷すぎる笑
      クララを蹴飛ばしたり投げ飛ばしたり、女王の娘と分かった上でそんな扱いをしておいて、クララはそのあと何故かすんなりマザージンジャーに友好的な感情を抱いたり。
      細かいところを言い出せばキリがなくなるので割愛するが、色々とつっこみどころは多かったストーリーだった。
      映像だけで星5つあげたいくらいだけど、観賞後の満足度としては特に心に響くものはなく普通に楽しくて面白かったなぁくらいだったので星3つ。
      少しでも映像美の断片が楽しめるかとパンフレットを購入したがそんなに作中シーンのカットは多くは載っていなかったので、コンセプトデザインや写真集的なものが出たら是非欲しいくらい小物やファッションや建築デザインが最高だった。
      こんなハイテンションな坂本真綾さん久々というかあんまり見たことないタイプの演技だったので新鮮でシュガープラムの喋り方は面白かった。
      個人的に、尺やストーリー進行上の関係で不必要だったので仕方ないとしても、氷の国と花の国がほとんど空気だったのが残念……。もっと4つの国をしっかり探検して回って欲しかった。お菓子の国だってどんな場所かろくに映してないし、遊びの国とお城を行ったり来たりするだけだったのが本当に勿体ない。
      >> 続きを読む

      2018/12/25 by yonami

      「くるみ割り人形と秘密の王国」のレビュー

    • 3.0

      映像は、とてもきれいです。
      導入も興味をそそられるのですが、あとは普通のありふれたストーリーになってしまい、ちょっと期待外れ。

      2018/12/12 by pililani

      「くるみ割り人形と秘密の王国」のレビュー

    もっとみる

    くるみ割り人形と秘密の王国
    クルミワリニンギョウトヒミツノオウコク

    映画 「くるみ割り人形と秘密の王国」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画