こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

マルクス・エンゲルス

THE YOUNG KARL MARX
マルクス・エンゲルス
© AGAT FILMS & CIE - VELVET FILM - ROHFILM - ARTEMIS PRODUCTIONS - FRANCE 3 CINEMA – JOUROR – 2016
4月28日(土)より、岩波ホールにてロードショー!(全国順次)
1クリック登録
公開: 2018/04/28
配給: ハーク
岩波ホール創立50周年記念作品
カール・マルクス生誕200年記念作品

1840年代のヨーロッパでは、産業革命が生んだ社会構造のひずみが格差をもたらし、貧困の嵐が吹き荒れていた。そこでは人間の尊厳も奪われ、不当な労働を強いられていた。20代半ばのカール・マルクスはそのいらだちのなかで、搾取と不平等な世界に対抗すべく独自の政治批判を展開するが、それによりドイツ、プロイセンを追われ、フランスへと辿りつく。そこで彼はフリードリヒ・エンゲルスと運命の出会いを果たす。エンゲルスの経済理論に瞠目し、さらに深い友情をはぐくんだ二人は、大きな運命のうねりに巻き込まれていく。そしてそれは、やがて時代を超えて読み継がれる『共産党宣言』誕生の、夜明け前へと連なっていくのだった――。 >> 続きを読む

    マルクス・エンゲルス の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 5.0

        一大事件が起こるわけではなもなく、派手なアクションシーンがあるわけでもなく、ただマルクスとエンゲルスとの出会いから『共産党宣言』を出版するに至るまでを描いた伝記映画。正直なところ、彼らによっぽど興味がある人でないと退屈に感じると思う。しかしながら、マルクス生誕200年という節目の今、思想的な話は置いておいて、我々の歴史に大きな影響を与えてきた彼らについて知るきっかけとして見ることは良いと思う。今や象徴のようになってしまった彼らだが、彼らもまた人間で、生活があり、苦悩があったことが繰り返し作中では描かれていた(特に、マルクスが経済的に困窮していた箇所)。また、歴史に名を残したわけではないものの、彼らを支え続けたマルクスの妻イェニーに光を当てた功績は大きい。彼女の存在、普遍的に言えば、心身共にその人を支えてくれる人の存在があって、初めて歴史的な功績がなされるという事実を、我々はここから読み取れる。
       監督であるラウル・ペックはハイチ出身の映画監督だが、様々な歴史的映像をつなぎ合わせて一つのドキュメンタリーとして仕上げる手法により、『私はあなたのニグロではない』を監督したが、その同様の手法がこの映画のエンディングでも使われており、エンディングテーマであるボブ・ディランの『Like a rolling stone』に乗せて、マルクスとエンゲルスに影響を受けたゲバラやスー・チーの映像が流れていたのが印章的だった。

      How does it feel, ah how does it feel?
      To be on your own, with no direction home
      Like a complete unknown, like a rolling stone

      もしかしたら監督には、この歌詞が、実践と変革を訴え続けたマルクスと、彼が見た労働者に重ねられたのかもしれない。
      >> 続きを読む

      2018/06/20 by shinshi

      「マルクス・エンゲルス」のレビュー

    • 3.0

      マルクスとエンゲルスとの出会いと友情、共産党宣言が誕生するまでの日々が描かれてます。ラウル・ペック監督は「社会をより良くする思いが不滅である限り、彼らの思想は永遠だ」と映画を通して語っているという(パンフ)。そこに、若干の芸術性を感じるが、全般には史実的な淡々とした出来上がり感。当時から現代に至って、ブルジョワとプロレタリアートの質や定義も変化しているわけで、これを抽象論を許さなかったマルクスならどう表現したのか?批判的ではあっても、時を超えて当時の自論を展開するほど頑固者ではないマルクスに聴いてみたい。 >> 続きを読む

      2018/05/13 by nomura

      「マルクス・エンゲルス」のレビュー

    マルクス・エンゲルス
    マルクスエンゲルス

    映画 「マルクス・エンゲルス」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画