こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ

公開: 2018/10/27
監督:
製作国: 日本
配給: 東映

    映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 5.0 泣ける 笑える 切ない ハラハラ 元気が出る クール

      真逆【プリキュアseries劇場版】を本格的に鑑賞する様になるなんて思わなかったけど,今作品は“大人にも観て欲しい”と思える,すんばらしい物語でした!

      作画&背景が余りにも綺麗過ぎて・:*:・(*´艸`*)ウットリ・:*:・しちゃったのは言う迄㋲無かったです...(´;ω;`)

      そして【ミデン君】→“捨てられたフィルムカメラのお化け”と知った瞬間,何にも憎めなくなってしまって,彼を助けようとする【野乃はなちゃん】の優しさに,涙せずには居られなくなっちゃいました・゜・(ノД`)・゜・

      2018/11/07 by 中村碧

      「映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」のレビュー

    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      プリキュアは放送開始から今年で15周年である.白黒放送開始時に生まれたお子は今年高校受験でうんうん唸るくらいに成長するほど長い期間であるからして,当然ながらプリキュアが積み重ねた歴史もそうとうに大したものなのである.その歴史に対してのハリー(今回は人間体なかったな)の啖呵は素晴らすぎて落涙した.プリキュアに触れた事のある全ての人に捧げる素晴らしい言葉であり,本作を象徴する言葉でもあった.
      そして宮野無双.宮野の変態的名演技がなければ本作の魅力は半減したかもしれない.55人のプリキュアの濃い面々をミデン一人で受けて立つんだから,それに負けない圧は必要なわけで,それを宮野氏は体現してはった.宮野はただの変態じゃなかったんだ!!
      そのミデンの空虚な心が記憶を欲し,野乃はなにとっては半年間の大切な記憶,視聴者にとってはプリキュアと接してきただけの時間に培われた記憶,そしてプリキュア15年の記憶・・・なんとも恐ろしい映画が登場したもんである.
      来年には16年目を迎えるプリキュアであるが,まだまだ我々の感動と諭吉を盗み取ってもらいたいものである.
      >> 続きを読む

      2018/10/27 by 叡福寺清子

      「映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」のレビュー

    映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ
    エイガハグットプリキュアフタリハプリキュアオールスターズメモリーズ

    映画 「映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック