こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛

TULIP FEVER
チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛
©2017 TULIP FEVER FILMS LTD. ALL RIGHT RESERVED
絶賛公開中!
1クリック登録
公開: 2018/10/06
配給: ファントム・フィルム
映画ファンとミステリーファンが夢中になった世界的ベストセラー小説を英国屈指の製作チームが映画化!

花に狂い、愛に狂う

    チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 2.0

      チューリップバブルが起きている時代のオランダが舞台。
      子供が出来ないことに悩む夫婦の妻が、訪れた画家に恋をする。
      そのため召使と恋人を巻き込む事態に。

      妻の方が悲劇みたいな描かれ方をされているが、中身を見ると明らかに悲劇なのは召使のマリアの方である。
      恋人に勘違いされ、お腹を痛めた息子をご主人様の子供と鞍替えされてしまうのだから。

      そもそもの話が召使の子供を自分の子供にという作戦がほとんどコメディであり、いかに真面目に演じていても信ぴょう性が薄い。
      結局のところ夫のクリストフ・ヴァルツもそれほど嫌な奴ではないと分かり、そのフォローもないのだからこれは脚本が悪い。
      >> 続きを読む

      2021/02/11 by オーウェン

      「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」のレビュー

    • 3.0

      17世紀を舞台にした文芸作品かと思ったら昼ドラだったとは.こんばんわ三遊亭呼延灼です.
      チューリップバブルの喧騒は,一昔前のまさに我々が体験したバブルそのまま.政府命令で取引中止になって一晩でバブルが弾け,大金を失い茫然自失とする姿はいつの時代も変わらぬモノよのぅと感心した次第.
      そんな時代を背景に繰り広げられるサンツファールト家の「花王愛の劇場(チューリップだけにね!)」.
      予告を観る限りでは,アリシア・ヴィキャンデルの外の人が金が買われた結婚で,その後虐げられた生活を送るなか肖像画家のデハーンと出会う的な物語と思ってたら全然違いました.でもその金持ちご主人がクリストフ・ヴァルツさんですよ,酷い旦那って思うじゃないですか,普通.ところがこのご主人がホントにいい人で,アリシアの外の人であるソフィアを溺愛してるのが心抉られます.お人好しでもあって,ソフィアの裏切りを一番最後に知るってのが涙を誘います.
      そのソフィアですが,非常に美しい.当たり前といえば当たり前体操なんでございますが,青のドレスを纏ったソフィアの美しさと存在感は,そりゃまぁびっくりでございました.あいかわらず顔小さいですし.
      小さいといえばおっぱいも小ぶりで可愛らしかったです.そう,本作ではアリシアの生乳が拝めます.それだけで十分に価値がございます.そのお相手であるデハーンは髪を下ろしているためか,若ハゲが目立たなかったです・・・ってあれデルヴィーニュ出てね?あぁ声でわかったデルヴィーニュたんだ.ってIMDBで確認したら,本作の公開ってヴァレリアンと同じ2017年だったんですね.そのヴァレリアンですが,別に観なくてもいいです.デルヴィーニュたんはかわいいですが,それ以前に物語がポンコツすぎでございますから,ヴァレリアンを観る時間があるなら,本作2周目される方がよほど,時間の有効活用でございます.
      >> 続きを読む

      2020/05/31 by 叡福寺清子

      「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      2017年/アメリカ映画
      DVD鑑賞

      2020/05/03 by Chappy

      「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」のレビュー

    チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛
    チューリップフィーバーショウゾウガニヒメタアイ

    映画 「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック