こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ビブリア古書堂の事件手帖

ビブリア古書堂の事件手帖
© 2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会
11月1日(木)全国ロードショー!
1クリック登録
公開: 2018/11/01
製作国: 日本
配給: 20世紀フォックス映画=KADOKAWA
シリーズ累計680万部突破!日本中から愛される文芸ミステリー、完全映画化!

■あらすじ
すべては一冊の本をめぐる祖母の遺言から始まった―。
鎌倉の片隅にひそやかに佇む古書店「ビブリア古書堂」。過去の出来事から本が読めなくなった五浦大輔(野村周平)がその店に現れたのには、理由があった。亡き祖母の遺品の中から出てきた、夏目漱石の「それから」に記された著者のサインの真偽を確かめるためだ。磁器のように滑らかな肌と涼やかな瞳が美しい若き店主の篠川栞子(黒木華)は極度の人見知りだったが、ひとたび本を手にすると、その可憐な唇からとめどなく知識が溢れだす。さらに彼女は、優れた洞察力と驚くべき推理力を秘めていた。栞子はたちどころにサインの謎を解き明かし、この本には祖母が死ぬまで守った秘密が隠されていると指摘する。それが縁となって古書堂で働き始めた大輔に、栞子は太宰治の「晩年」の希少本をめぐって、謎の人物から脅迫されていると打ち明ける。力を合わせてその正体を探り始めた二人は、やがて知るのであった。漱石と太宰の二冊の本に隠された秘密が、大輔の人生を変える一つの真実につながっていることを―。 >> 続きを読む

    原作:三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』(メディアワークス文庫/KADOKAWA 刊) 出演:黒木華 野村周平/成田凌/夏帆 東出昌大 監督:三島有紀子 脚本:渡部亮平、松井香奈 © 2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会  配給:20世紀フォックス映画、KADOKAWA 主題歌:サザンオールスターズ「北鎌倉の思い出」(タイシタレーベル/ビクターエンタテインメント)

    ビブリア古書堂の事件手帖 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0

       原作1巻辺りをベースに「それから」と「晩年」のエピソードの映画化。
       テレビドラマ版とは全く無関係。
       ドラマ版は酷かったけれど、映画版はそれほど酷くは無い。
       ・・・が、やっぱり絞っても小説のエピソードを映画の枠に落とし込むのは厳しく、原作ファンとしてはモヤっと来る部分もなくもない。
       まぁ映画を見るにあたって、特に復習もしてなかったので、原作でも全くこの展開だったかもしれないが。

       幼いころ、祖母の大切にしている本に触って怒られて以来、活字に恐怖心を抱くようになってしまった主人公が、本の虫の若い美人店長の古本屋で働く話。
       古書に纏わるその本を手に取った人たちの物語までが読み取れる。
       そんな古書から謎を解いていく。
      >> 続きを読む

      2018/11/06 by 猿山リム

      「ビブリア古書堂の事件手帖」のレビュー

    • 3.0 切ない

      原作のビブリア古書堂の雰囲気がそのまま再現されているような雰囲気が良かった。
      古書を巡り切ない悲恋物語が紐解かれていく過程がとてもドラマティックだった。
      真昼間の人通りが多い街中を犯人像に追いつめられるシーンには少し違和感を感じた。

      2018/10/22 by takariko

      「ビブリア古書堂の事件手帖」のレビュー

    • 3.0 切ない

      原作の謎解きミステリーよりは、ある一冊の本を巡る過去と現在のエピソードが丁寧に描かれていた。
      太宰治や夏目漱石の本がキーとなっていて本好きならきっと楽しめると思う📖

      栞子さんは黒木華でイメージピッタリだったけど、本オタクな設定があまり活かされず残念…

      2018/10/19 by Yamaha

      「ビブリア古書堂の事件手帖」のレビュー

    ビブリア古書堂の事件手帖
    ビブリアコショドウノジケンテチョウ

    映画 「ビブリア古書堂の事件手帖」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画