こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

コレラの時代の愛

Love in the Time of Cholera
ジャンル: ドラマ , ラブロマンス
公開: 2008/08/09
製作国: アメリカ
配給: ギャガ・コミュニケーションズ

    コレラの時代の愛 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 4.0

      感想川柳「愛と恋 違いを知るなら ここにある」

      予告が気になって観てみました。φ(..)

      1897年、コロンビア。郵便局員のフロレンティーノは配達先の令嬢フェルミナと恋に落ちる。しかし、身分の違いから引き離され、フェルミナは医師のフベニルと結婚。フロレンティーノは何年でも彼女を待ち続けると心に誓う…というお話。

      ヒロインや他の人達はずっと同じなのに、なんで主人公だけ若い時は別人?( ̄▽ ̄;)ハビエル・バルデムでよくない?ジョン・レグイザモ良かったな〜(*´-`)

      はっきり言ってフロレンティーノは序盤アブないストーカーかと思いました(笑)(×_×)いきなり罵られますしね。でも付きまとう事はなく、ただ想い続けていただけだし、完全な純潔は守ってなかったので粘着質な展開ではありません。

      謎なのはなんで再会した時に、「顔を見た時に幻想だと分かった」という風になってしまったのか?(;´д`)何をしたわけでもなく、まだフベエルにも会ってないのに(゜゜;)従姉妹に吹き込まれたことが原因か?それとも例の「男には理解不能の女心」ってやつですか?(((^_^;)

      フェルミーナの夫婦生活も姑問題から浮気問題まであるあるいざこざがありましたけど、上手く乗りきったように見えました。でも振り返った時のフェルミーナの言葉は軽く衝撃。m(。≧Д≦。)mやっぱりフベエルの「結婚がもたらすのは幸福ではなく安定性」が引っかかるか…?

      でもフロレンティーノは一途とは言いきれない破天荒な人生を送っているので、女性から見るとどう思うのか気になる。それにフロレンティーノが言わんとしてることを理解できてないと思われる自分がいる。(-。-;)そこは600人越えの貫禄か?

      「コレラの時代の愛」というタイトルはコレラという人が出てきたり、愛する人がコレラに罹ってしまうのかと思いきや、ホントにタイトルのまんまでした。ヽ(´o`;コレラが流行ってた時代の話。途中で彼らの運命を分け、そしてラストにこれが役に立つ。(。-∀-)

      んでまず(^_^)/~~
      >> 続きを読む

      2017/12/28 by Jinyuuto

      「コレラの時代の愛」のレビュー

    • 3.0

      初恋を貫く男というテーマが今の時代には新鮮に写る。
      しかもそれを50年以上続けたというのだから、その執念には敬服する。

      恋愛部分と同時に出てくるのが、蔓延するコレラ。
      コロンビアという雄大な自然もそれを見つめる。

      ただし純愛ではなく貞操を守る純愛という、よく分からない本人の節がある。
      そのせいか純粋なラブストーリーとは程遠く、晩年にまでなると余計にゆったりとした展開がじりじりしてくる。

      想いを伝えるのに、勘違いと言われても仕方ない行為を一途で済ませるわけにはいかない。
      ハビエル・バルデムもこの人物造形のせいなのか、ミスキャストの感が強い。
      >> 続きを読む

      2017/12/26 by オーウェン

      「コレラの時代の愛」のレビュー

    コレラの時代の愛
    コレラノジダイノアイ

    映画 「コレラの時代の愛」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画