こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

64 ロクヨン 前編

64 ロクヨン 前編
(C)2016映画「64」製作委員会
2016年5月7日
1クリック登録
公開: 2016/05/07
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
【イントロダクション】
日本映画界最高峰の超豪華オールスターキャストが集結!
究極のミステリーが感動の人間ドラマとして、ついに映画化!!
『半落ち』『クライマーズ・ハイ』など数々の傑作を生み出してきた横山秀夫が7年ぶりに世に放った衝撃作『64(ロクヨン)』は、2012年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、2013年「このミステリーがすごい!」第1位などに輝き、瞬く間に文壇を席巻した。そんな究極のミステリーが、日本映画界を代表する超豪華オールスターキャストによって、前後編2部作のエンタテインメント超大作『64-ロクヨン-前編/後編』として、ついに映画化。
かつては刑事部の刑事、現在は警務部の広報官として、昭和64年に発生した未解決の少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」に挑む主人公・三上義信に、日本映画界が誇る名優・佐藤浩市。三上の部下として奔走する広報室係長・諏訪に綾野剛。諏訪と共に三上を支える広報室婦警・美雲に榮倉奈々。広報室と対立する県警記者クラブを取りまとめる東洋新聞キャップ・秋川に瑛太。「ロクヨン」事件被害者の父・雨宮芳男を永瀬正敏。三上の刑事時代の上司で、かつて「ロクヨン」追尾班長も務めた捜査一課長・松岡勝俊に三浦友和。そのほか、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、椎名桔平、滝藤賢一、奥田瑛二、仲村トオル、吉岡秀隆、などベテランから若手まで主演級の俳優陣が、いずれも物語の重要な役柄として出演。さらに、慟哭のエンディングで流れる主題歌「風は止んだ」を担当したのは小田和正。そして、『ヘヴンズ ストーリー』(2010年)で「第61回ベルリン国際映画祭」国際批評家連盟賞を受賞するなど世界的にもその実力が評価されている鬼才・瀬々敬久が監督を務めた。
2016年、映画史に残る前後編2部作の感動巨編が誕生する――

【ストーリー】
昭和最後の年、昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点として14年が過ぎ、時効が近づいていた。
平成14年、主人公の三上義信は「ロクヨン」の捜査にもあたった敏腕刑事だが警務部広報室に広報官として異動する。そして記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生。刑事部と警務部の軋轢、未解決のロクヨンと新たな誘拐事件の関係、そして三上の一人娘の行方――。怒涛の、そして驚愕の展開が次々と三上を襲う
>> 続きを読む

    64 ロクヨン 前編 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全17件
    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      綾野剛目当てで観ました。豪華メンバーに興奮しながら我がご贔屓の剛様はあまり出番がなくて少し残念。
      ストーリー自体はなかなか視聴者を飽きさせず良かったと思います。一度聞いただけの声を電話口から聞き取れるんだろうかとかずっと引きこもってた刑事が簡単に最後出てきた所とか突っ込みどころも沢山ありましたが面白かったです。
      俳優人達が出番が少ないながらも演技は素晴らしかったです。本の方は未読なので読んでみたくなりました。
      >> 続きを読む

      2019/05/12 by marino

      「64 ロクヨン 前編」のレビュー

    • 4.0

      テレビで視聴。

      2019/04/28 by KENKEN

      「64 ロクヨン 前編」のレビュー

    • 4.0 元気が出る クール

      未解決身代金殺人事件を追っていた刑事の三上が広報官に異動となる。現場の一線から離れた彼は組織の1人である。しかし、時効が迫る中、事件の記憶、現在のそれぞれの人生、警察という組織など色々なことに向き合う中で徐々に1人の人間としての三上が現れる。そして記者クラブに対する名スピーチである。浩一さん、カッコ良すぎっす!!

      豪華俳優陣を使っているのにちょいちょいしか出番がない。無駄使いではなく、限られた時間内に人間模様を観客に与える最良の策で、後編への期待感は半端ない!公開時、1ヶ月待たざる得なかった観客の悲劇、いや最高なワクワク感を感じる贅沢な1ヶ月、まさにプレミアム! >> 続きを読む

      2019/03/24 by メッシイ

      「64 ロクヨン 前編」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ クール

      ニンテンドーじゃないほうのロクヨン

      原作は読んでいて、映画化されれば面白そうという感想だったはず。
      ボリューム的にも前・後編となっているのも頷けますな(^_^;)

      原作では「顔がブサイク」(?)という設定でした。
      さて、その「顔が悪い」主人公は佐藤浩市でありましたw
      イケメンでしょうに(´Д`;)
      娘からしたら、そうなんでしょうねぇ(哀)

      その佐藤浩市の演技に注目して観れました。
      永瀬正敏もよかった..
      記者クラブはウザイね(´Д`;)

      見ごたえはありました...
      >> 続きを読む

      2018/07/20 by motti

      「64 ロクヨン 前編」のレビュー

    • 3.0

      銀幕短評 (#32)
      「64(ロクヨン)後編」

      2016年、日本。1時間59分、公開中。
      総合評価 64点(結果、前編後編とも タイトルどおり)。

      (以下、前編コメントの再掲のあと、後編をコメントします。)

      前編(再掲) :

      前評判高き大作。7日間しかなかった昭和64年に起きた身代金誘拐事件を始まりに物語は進む。

      よい点 : 犯罪ドラマばかりに偏向していないこと。登場人物それぞれの苦悩や葛藤をドラマの中心に据えていること。プラス10点。

      よくない点 : 主演の佐藤浩一はともかく、周りの配役に凝りに凝りすぎたこと。(邦画としては)キラ星のような脇固めであり、結果として 役回りで誰かどの人よりエライのか分からなくなるし、他作のイメージとかぶるし、若手イケメンの抜擢起用にいたっては、テレビCMにスリップしたような違和感を覚える。映画は、やたらと有名俳優をたくさん据えればいいというものではなく、バランスが大事である。マイナス20点。

      いずれにせよ、すべての問題の解決と決着は すぐ公開される後編に委ねられてしまったので、ここ一番の盛り上がりと大風呂敷の締めくくりを楽しみに待つとしよう。

      __________

      後編 :

      まったくスベっている、ダメダメぐずぐずの映画である。容赦なく 前段で3回熟睡する。

      最悪なのは、例の警察と報道陣との怒号中心の不毛なやりとりの長回しである。主人公が警察の報道官になっているからといって、ただ単にその尺を長くすればいいというわけではない。

      組織力学やリーダー論にしたって、手アカにまみれた主張であり、目新しいテーマではまったくない。すでに前編でカバーしつくされているぞ。

      唯一の見どころは、主人公(佐藤浩一)と副主人公Xとの対決パートである。「レヴェナント」のようにワクワクする。カメラワークもいい。固唾を呑む。

      このふたりを除くと、他の豪華俳優陣の芝居はまったくかすんでおり、顔触れだけは一軍でも、個人プレイ・連携プレイは三軍チームである。彼らの 前編での精彩はいったいどこに失せたのか?

      全体として、前編に比ぶべくもない駄作であるが、
      • 謎解きのメイン プロット自体は良いこと、
      • 主演2人の、特にXの演技が際立ってうまいこと、
      • 榮倉奈々が相変わらずかわいいこと。ん?
      • 作品タイトルに なんとしても一致させる必要があること、そうそう。
      などを勘案して+20点の高ゲタを履かせ、総合64点とする。ただし、これは異例の執行猶予であるから、被告は事実を重く受け止めて自責し、更正を深く追求することが大きく期待されている。閉廷。
      >> 続きを読む

      2018/07/03 by あさが

      「64 ロクヨン 前編」のレビュー

    もっとみる

    64 ロクヨン 前編
    ロクヨン

    映画 「64 ロクヨン 前編」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画