こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

女王陛下のお気に入り

THE FAVOURITE
女王陛下のお気に入り
©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
2019年2月15日(金) 全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2019/02/15
配給: 20世紀フォックス映画
ベネチア国際映画祭でW受賞を果たし、本年度賞レースの主役とメディアからも大絶賛の超話題作が、遂に日本にもお目見え!

王国を揺るがし歴史すら変えた、愛と権力をめぐる3人の駆け引きを、ため息が出るほど美しいドレスや美術が彩るきらびやかな宮廷を舞台に贈る、ドラマティックとエレガントを極めた一大エンターテインメント。

    女王陛下のお気に入り の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 4.0 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      今年度アカデミー賞最多ノミネートの今作といったところでかなり多くの人が観ていた。制作会社の「フォックスサーチライト」は個人的に一番好きな制作会社なので普通に期待していた。

      物語としては18世紀のイングランド王室を舞台に女王と彼女に仕える2人の女性の入り乱れる愛憎を描いていた。

      煌びやかな衣装やセット、今作出ている俳優陣の高い演技力によってスッとすぐに物語に溶け込むことができた。また、アビゲイル(エマストーン)とサラ(レイチェルウイズ)両者ともに物語を見ることができ何回でも楽しめると個人的に思う。

      エマストーンは「アメイジングスパイダーマン」などで清純派ヒロインをかなりしているイメージがあるが、個人的にだが今作のように嫌な女を演じることが上手い役者だと確信した。だが、俳優陣で一番よかったのはアン女王を演じたオリビアコールマンである。彼女は他の作品をみたときには大柄なイメージはなかったのだが、今作はかなり大柄であり、弱々しい一面を見せながらも、横暴な所もあり、役作りを徹底的しているなと思った。

      ストーリーについてだが、8パートほどに分かれており、小説でも読んでいるように軽々と進んでいった。今作を語る上で絶対に外すことができないのはラストシーンであるが、3人の悲壮感や虚しさ、女王とアビゲイルとうさぎのあわさった画面を含めて丸く終わるよりも、結局誰も得しなかったや、この世にハッピーエンドなことなどないと強調されたり、女王の存在感がたっぷりと味わえたのでよかったと思う。

      今年のアカデミー賞は「ローマ」、「グリーンブック」のどちらかと考えていたので今作を観てますます作品賞が楽しみになってきた。衣装やセット、役者をみるだけでも楽しいので是非みなさんのお気に入りにして下さい。
      >> 続きを読む

      2019/02/17 by chinpan

      「女王陛下のお気に入り」のレビュー

    • 5.0 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      舞台となる豪華な宮廷を眺めるだけでも満足感が得られる映画でした。
      自然光の中での映画撮影ということで、使用人の働く台所もフェルメールの絵画を連想するほど美しいです。


      没落した上流階級出身のアビゲイルが生き残るため選んだ道は、正義を捨て去ることでした。
      機知と駆け引きによって地位を手にしますが、自身の純粋さを失い女王の信頼も得ていないことを思い知る空虚さを表す最後のシーンが心に残りました。
      >> 続きを読む

      2019/02/15 by myon

      「女王陛下のお気に入り」のレビュー

    女王陛下のお気に入り
    ジョオウヘイカノオキニイリ

    映画 「女王陛下のお気に入り」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画