こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

家族のレシピ

家族のレシピ
(C)Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale
2019年3月9日(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2019/03/09
配給: エレファントハウス=ニッポン放送
シンガポールの巨匠エリック・クー監督 x 斎藤工主演 x 松田聖子共演x日仏シンガポール合作
アジアを代表する映画、アート、食のトップクリエイターが結集!


■あらすじ
群馬県高崎市ののどかな田園地帯に佇む一軒のラーメン屋を営む店主の和男(伊原剛志)とその弟の明男(別所哲也)、そして和男の一人息子の真人(斎藤工)。店が終わると、和男は一人でバーに向かい、真人は自宅の台所である味を再現しようと黙々と作業をしている。同じ家、同じ職場に居ながらも、父子の間に会話はなく、そのような生活が長年続いていた。しかし翌日、和男は急死する。

葬儀を終えた真人は、父の遺品の中に、中国語で書かれた母・メイリアン(ジネット・アウ)の日記と写真、そしてシンガポールに住む母の弟からの手紙を発見する。母は真人が10歳の時に病死し、それ以来、父は母に関して口を閉ざし続けてきた。真人は両親が出会った場所であり、自身も10歳まで暮らしたシンガポールに行くことを決意する。母の写真を頼りに、両親が過ごしたシンガポール各地を訪れる真人。

以前から交流のあったシンガポール在住のフードブロガー、美樹(松田聖子)の協力を得て、母の弟のウィー(マーク・リー)の居場所を突き止める。そこはウィーが営む食堂だった。メニューのバクテーを一口食べた真人は、懐かしい味に涙を流し、ウィーと数十年ぶりの抱擁を交わす。
>> 続きを読む

    2018/シンガポール・日本・フランス合作/日本語・英語・中国語/DCP/カラ―/ビスタ/89分/原題:RAMEN TEH

    家族のレシピ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 5.0 泣ける 笑える 切ない ハラハラ 元気が出る クール

      もう...言葉では表せない位ネ申過ぎた作品でした!

      【Singapore】→“一昨年の新婚旅行で訪れた場所”&“人生が変わった場所”であり,映画魅了後また訪れたくなりました(^-^)♬

      また,私の育った【グンマー】→“もう❶つの聖地”になってて,グンマー&Singaporeを繋げる映画に出会えた事は,只々感謝の気持ちで一杯でした!

      “母が伝えたかった味”を学ぼうと,幼少期を過ごしたSingaporeを訪れた和男君が,日本軍により家族を奪われた背景から祖母に中々会えなかったstoryは中々のトラウマクエストになりましたが...(´-ω-`)

      それでも,どうしてもお料理を教わろうと必死で努力した和男君の前向きな姿に,涙せずには居られませんでした・゜・(ノД`)・゜・
      >> 続きを読む

      2019/03/12 by 長門りとる

      「家族のレシピ」のレビュー

    家族のレシピ
    カゾクノレシピ

    映画 「家族のレシピ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画