こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

新聞記者

新聞記者
©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ
6月28日(金) 新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2019/06/28
監督:
製作国: 日本
配給: スターサンズ=イオンエンターテイメント

    出演:シム・ウンギョン 松坂桃李    本田翼 岡山天音 /西田尚美 高橋和也/北村有起哉 田中哲司 監督:藤井道人 脚本:詩森ろば 高石明彦 藤井道人 音楽:岩代太郎 原案:望月衣塑子「新聞記者」(角川新書刊)河村光庸

    新聞記者 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 4.0

      安倍政権は体感してきた歴代政権中、最悪と思って政治関連は近年気にしているので、山口敬之のレイプ揉み消し、被害者のハニートラップ呼ばわりなど元ネタは大概理解。公安がデモ参加者にカメラ向けるのも国会前で実地で観てるし。内調が内閣の私兵扱いも先の総裁選で党内の石破の動向探るのにまで使われたように事実。

      それだけに肝心の特区を使った大学新設計画の真の目的が○○○○は、完全にフィクションの部分でここは評価が分かれると思いました。脚本家の方々の発案の筋道はわかるんだけどね。でも何よりもこの参院選前のタイミングで単館ではなくこの規模で公開した製作者の戦略は買いたい。

      映画の作り手、官僚の皆さんに向けても問いかけてますよね。文書改竄、官僚の自殺、上司に打診される海外勤務(昭恵付きの谷さん、今はイタリア大使館赴任中)など、官僚の皆さんには今まさに自身に降りかかりかねない話だし。外務省から内調に出向の官僚を演じる松坂君の当初の態度、「国側の人間ですから」で思考停止してこのままでいいのかと。

      正直、ラストの後味は松坂君の浮かべる表情もあってきついけど、それを受け止めた上で「でも、今の自分、参院選で安倍自民党以外に投票するという、今できること有るじゃん」で気持ちが持ち直すという。
      >> 続きを読む

      2019/07/02 by ジェイ

      「新聞記者」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

       政治ドラマ、サスペンスとして悪くない作品だったと思います。しかし、今この題材ですから、空気敢えて読まない感が半端ない。時事問題に明るい方なら、これはあの事件の…、それはあの一件に対する揶揄…といった楽しみ方もできるかも知れません。そういうのは苦手という方であれば、一種のディストピアSFサスペンスだと思えば、結構見られるかと思います。こういう、主人公が権力と真っ向から対立するような映画、欧米では少なからずあるのでしょうが、邦画では今時珍しいのでは?その点希少価値が高いと思います。

      2019/06/30 by ぴぐじい

      「新聞記者」のレビュー

    • >nomuraさん
      コメントありがとうございます。意味深な終わり方。貴方だったら、どうしますか?って感じでの問いかけなのかも知れませんね。結構、現役官僚さん達へのメッセージっぽい印象を受けました。 >> 続きを読む

      2019/07/03 by ぴぐじい

    • なるほど^_^杉原の正義が浅いか深いか、勝ったか負けたかというより、果てしなく続くであろう価値観の鍔迫り合いを前提として、貴方ならどうする?ってことですね!返信コメント有難うございます! >> 続きを読む

      2019/07/04 by nomura

    新聞記者
    シンブンキシャ

    映画 「新聞記者」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画