こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

来る

来る
(C)2018「来る」製作委員会
2018年12月7日 全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2018/12/07
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
『告白』の鬼才中島哲也、最新作!
岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡
日本アカデミー賞常連俳優を迎え、『エクソシスト』『シャイニング』を超える怪作が、2018年12月7日、“来る”・・・

■あらすじ
オカルトライター・野崎のもとに相談者・田原が訪れた。
最近彼の身の回りで、超常現象としか言い様のない怪異な出来事が連続しており、妻・香奈と幼い一人娘・知紗に危害が及ぶことを恐れていると言う。野崎は、霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴とともに調査を始めるのだが、田原家に憑いている「何か」は、想像をはるかに超えて強力なものだった。
民俗学者・津田はその「何か」を、田原の故郷の民間伝承に由来する、人ならざるモノ、「ぼぎわん」ではないかと言う。対抗策を探すため、記憶を辿る田原。幼き日。「お山」と呼ばれる深い森。片足だけ遺された赤い子供靴。
名を思い出せない少女。誰かがささやく声。その声の主、・そ・う・か・!・あ・れ・の・正・体・は・、・あ・い・つ・だ・!
あれの名を呼んではならない。あれは人の声と形を真似て、人の心の闇に、来る。 エスカレートする霊的攻撃に死傷者が続出。
真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子の呼びかけで、日本中の霊媒師が集結。かつてない規模での「祓いの儀式」が始まろうとしていた。彼らは、あれを止めることができるのか!?
>> 続きを読む

    来る の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全9件
    • 3.0

      原作既読なんですがちょっと内容忘れている状態で見た。

      いやー日本もこういうホラー作れるんですね。
      海外でいうところのZ級映画みたいなのをすごく質を良くして
      作りました!というマニアをたくさん作りそうな作品。
      日本のありとあらゆる力を結集して悪霊と戦うのは新しい。

      血糊を作っている会社の在庫がなくなるのではないかと思えるほどの血の量。
      たら〜っと垂らしてみたりしぶいてみたりドロドロしてみたり
      バンバン惜しみなく使っていく。血糊作ってる会社の売り上げ爆上げ。

      「怒り」でも思ったんですけど、役者がいいっていうのはとてもいいな。
      物語に没頭できる。
      特に妻夫木くんはすげー役者になりましたね。
      松たか子も良かったな〜〜。

      とにかく除霊シーンのすごさったらないね。
      ここまで派手なホラーは初めてみたかもしれない。
      私の好みではないが、すごいってのはわかる。
      私はもうちょっとジトーッとしたホラーが好きなので。

      中島監督は「嫌われ松子の一生」しかみてないんですが
      冒頭ちょっとみただけでこの人の作品だなというのがすぐわかる世界観すごい。
      ホラーなのになんかすごいリズム感。楽しかったな〜

      悪魔ものの映画を見るたびにこれは国が違うからわからんな〜と思うのですが
      これが海外に輸出されたら海外の人はどう思うんだろw
      >> 続きを読む

      2019/01/09 by chimokko

      「来る」のレビュー

    • 5.0 笑える クール

      2018年の最後の〆は、この映画になりました。
      大晦日に正にピッタリな映画でした(笑)

      日本もド派手な迫力あるホラー映画が作れるようになったんですねぇ、しみじみ。

      知らない良い俳優さんがいるなぁと思っていたら、岡田准一さんでした。
      途中まで気がつきませんでした。
      なんかちょっと昔の永瀬正敏さんが演じたような雰囲気。

      松たか子さんも、いいキャラでしたねぇ。

      後半はホラーというよりエンターテインメントが強かったなと。

      女の子が苺ジャムまみれで奪還されたら面白いなと思ったけど、そこは和風だった。(ポルターガイストね)

      そうそう、ポルターガイストみたいな派手なCGを使ったエンターテインメント系ホラー映画だと思いました。

      前半は全くテイストが違って、日本の古い因習や人の闇が怖いといった暗い感じの日本が得意とするホラー映画。

      この前半と後半で雰囲気が変わるのが盛り沢山感があって楽しめるのかも。

      芋虫や血みどろやらホラー映画なんだけど、感想は「はあ、面白かった♪」という作品です。
      >> 続きを読む

      2018/12/31 by 寺嶋文

      「来る」のレビュー

    • 4.0 クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      【川崎 109CINEMAS/来る/2018年12月30日 日】

      小説「ぼぎわんが、来る」は既読。

      小説はあまり怖いナ~と感じませんでしたが、
      映像にするとかなりすごいと思いました。

      ラストが結局???。。。

      でも、たのしめたからよかった~(^^♪
      >> 続きを読む

      2018/12/31 by eeko

      「来る」のレビュー

    • 4.0

      原作未読。中島監督らしいサイケを含んだ画力が今作でも存分に発揮され、幾度も鈍器で殴られたような感覚に見舞われる。

      Jホラーらしさはなかったが、実に楽しかった。”あれ”が強すぎてもうぼんぼん人が死ぬ。松たか子のワンパンも強い。
      役者だけでなく芸人もチラホラ出ていたが、個人的にはピスタチオの小澤慎一朗がチラッと出ていたのが妙に良かった。あの人の顔は存在感あるよね。

      あとあのエンドロール潔かったね。最後の「完」が出たときなんか気持ち良かったな。

      2018/12/30 by きりゅう

      「来る」のレビュー

    • 3.0

      ホラーものは最終的にはグロかったり、大きい音や不気味な顔芸で誤魔化すだけだと思っていたのでそのつもりでいつも観てたのであまり期待した事はありませんでした。
      でも此は良い意味で大きく期待を裏切ってくれて楽しかったです。

      一般社会に訴えかけるメッセージ性の強さ、人の思い、映画ならではのアクション、そして当然ホラー要素を過不足無く盛り込んだ作品です。

      2018/12/24 by ヒデト

      「来る」のレビュー

    もっとみる

    来る
    クル

    映画 「来る」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画