こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

岬の兄妹

岬の兄妹
(C)SHINZO KATAYAMA
3月1日(金)よりイオンシネマ板橋、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショー
1クリック登録
公開: 2019/03/01
監督:
製作国: 日本
配給: プレシディオ(配給協力:イオンエンターテイメント=デジタルSKIPステーション)
ポン・ジュノ監督が絶賛する日本人監督、長編初監督作!
障碍をもつ兄妹が犯罪に手を染めるとき、二人の人生が動きだす…

■あらすじ
港町、仕事を干され生活に困った兄は、自閉症の妹が町の男に体を許し金銭を受け取っていたことを知る。罪の意識を持ちつつも互いの生活のため妹へ売春の斡旋をし始める兄だったが、今まで理解のしようもなかった妹の本当の喜びや悲しみに触れ、戸惑う日々を送る。そんな時、妹の心と体にも変化が起き始めていた…。ふたりぼっちになった障碍を持つ兄妹が、犯罪に手を染めたことから人生が動きだす。地方都市の暗部に切り込み、家族の本質を問う、心震わす衝撃作。 >> 続きを読む

    岬の兄妹 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 4.0

      多分、この作品の中のリアリティが少しでも自分に伝わってしまったのか、目を背けたい。
      プールのシーンだけが鮮明に…
      非常に問題だよ、問題いっぱい問題作。

      2021/02/23 by chikako

      「岬の兄妹」のレビュー

    • 4.0 切ない ハラハラ

      監督も主演の方も誰も知らず、インディーズで話題というだけで見たのだが、ヘビーな題材に鑑賞後重くのしかかる。

      足が不自由な兄の良夫と自閉症の妹の真理子。
      この兄妹の生きていく様を描くドラマ。

      もう冒頭のシーンからインディーズと分かる画であり、極貧な生活なのもあっという間に分からせる演出。

      この片山慎三という監督は、ポン・ジュノや山下監督の助監督をやっていたのは納得。
      絶望感をカメラが離れていって分からせるだとか、最悪なのに太陽を重ねる広範囲の撮り方などインディーズだが高次元のレベル。

      韓国の「オアシス」と似たような中身だが、この兄妹がまた非常にリアルであり、多分似たような症状が周りにいる人なら頷いてしまう。

      経済格差や売春に貧困など、社会性が見事に反映されている中身。
      エンディングは冒頭の対比として見せており、どちらにも転んでしまいますよという暗喩も素晴らしい。

      完成度は見事だが、体調が良いときに見ることを勧める映画。
      >> 続きを読む

      2019/11/27 by オーウェン

      「岬の兄妹」のレビュー

    • 3.0

      渋谷アップリンクで見た。初めての60歳割引

      2019/05/14 by tu-ta

      「岬の兄妹」のレビュー

    岬の兄妹
    ミサキノキョウダイ

    映画 「岬の兄妹」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画