こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ジョーカー

JOKER
ジョーカー
(C) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics
2019年10月4日(金)日米同日公開
1クリック登録
公開: 2019/10/04
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画
アカミデー賞常連の実力派スタッフ・キャストが挑む、今世紀初めて出会う衝撃作――

    ジョーカー の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全14件
    • 5.0

      ホアキン・フェニックスの演技が凄すぎる!俳優ってすごいなーと感じた!

      2019/10/14 by Minuru

      「ジョーカー」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

       この作品について語る事は、自分自身について語る事。
       観客の心の中の引き出しを無作為に引き出して、そのまま開けっぱなしにする映画。主人公アーサーの演技の凄味は、もはや重いを通り越して一種の装置でさえある。

       彼と彼の引き起こす様々な事に、人によって程度の差はあれ、誰もが心の引き出しに引っかかる何かを覚えてしまうことだろう。作中の行動や思考に、ほとんど思いつく限りどんな意味でも見いだす事が出来るし、見いださない事も出来るのだ。

       見いだした者は選ばなくてはいけない。開いてしまった引き出しを、開けっぱなしにするのか、閉じるのか、それとも、そんなものは初めからなかったと、自分自身を丸め込むのか。

       2019年がどんな時代だったのか。ずっとあとになって知りたくなった人は、きっと「ジョーカー」を見ろ、と誰かに勧められるだろう。そんなことを思った作品です。
      >> 続きを読む

      2019/10/14 by sn@散財

      「ジョーカー」のレビュー

    • 4.0

      ヒースの演じる悪のカリスマとは違う。
      この世界中のどこにでもいる、世間が産み出した怪物。だれでも一歩間違えたらなりうる恐怖がリアルで怖かった。
      ヴィランじゃなくて、人間の怖さ。
      もうホアキンから目が離せなかった。
      あれは凄すぎる。。笑い声に絡む痰とかどーやってるん?軽やかなステップを踏んだだけで狂気を感じるって何なん?!ホアキンの深爪すら役作りに見えるわ。

      いろんな人の考察を読んでアーサーはバッドマンのジョーカーではなくて、ジョーカーを産み出した人。ジョーカーを待ち望む人々の一人に過ぎないのではないかっていう気もしてきた。
      すべてはアーサーの妄想かもしれないし、違うかもしれないけれど、同じように人生に行き詰まった人なら誰でもジョーカーを産み出す可能性があるって事なのかなって。
      >> 続きを読む

      2019/10/11 by sayonara-3

      「ジョーカー」のレビュー

    • 4.0

      ダークナイトを思い出さないのは無理です。
      やっぱりあっちのほうが強烈すぎる

      コメディ監督と別の俳優がジョーカー誕生の物語を描く。という点では特に文句はないです
      思ったほど狂ってなかったけど、最後の方は期待通りだった

      2019/10/09 by tky

      「ジョーカー」のレビュー

    • 5.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      やぁ,アーサー.いくつか質問してもいいかな?
      マレーを撃ち殺した瞬間何を感じた?高揚感?達成感?寂寞?空虚?それとも罪悪感?待って.そんなに怒らないで.私はもっと君を知りたいんだ.だって私は,君が逮捕されパトカーで移送される姿を観て涙が止まらなかったんだもの.いったい君の何が私をそれほどに泣かせたのか,本当に知りたいんだ.君の心は今もからっぽ?っていうか,そもそもからっぽなの?
      そうだ,君はグランジって音楽のジャンルを知ってる?「俺たちの心はからっぽ.だからせめて音で埋めてやろうぜ」って感じで,やたらでっかい音でかき鳴らす音楽なんだけど,それがあったら君はジョーカーにならなかったかな?ついでにもうひとつ仮定の質問をするよ.もし君が銃を持っていなかったら,それでも君はジョーカーになっていた?うん,やっぱりそうだよね.君は,だってジョーカーなんだもん.銃とか地下鉄での暴行とかは,ただのきっかけだよね.たとえ音楽が君の心を埋めても,それでも君はやっぱりジョーカーだものね.君は正直に答えてくれるから,本当にいい人だ.
      そうだ.君はゴッサムは好き?ストのせいで比喩でもなんでもなく,実際にゴミ溜めになってしまったゴッサム.人の良き面が芥子粒ほどの存在感なゴッサム.そんなゴッサムが君は好き?わからないか.じゃぁ次の面談まで考えていてよ.考える時間はたっぷりあるんだから.
      じゃぁ,ジョーカー.おっとゴメンよ.アーサー.今日の最後の質問.パトカーの上に乗って踊った時,君は何を感じた?あのとき群衆は君を見つめ,君を認め,君に尊敬の念を示していたし,なによりみんな笑顔だったよね.それが仮面だったりメイクだったとしても.コメディアンを目指していた君にとって,願いが叶った瞬間だったよね.あの瞬間,君は幸福だったかい?
      >> 続きを読む

      2019/10/09 by 叡福寺清子

      「ジョーカー」のレビュー

    もっとみる

    ジョーカー
    ジョーカー

    映画 「ジョーカー」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画