こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ジョーカー

JOKER
ジョーカー
(C) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics
2019年10月4日(金)日米同日公開
1クリック登録
公開: 2019/10/04
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画
アカミデー賞常連の実力派スタッフ・キャストが挑む、今世紀初めて出会う衝撃作――

    ジョーカー の映画レビュー (人気順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全16件
    • 4.0

      感想川柳「優しさが ただ欲しかった それだけです」

      公開初日に鑑賞しました。_φ(゚Д゚ )

      「どんな時でも笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸に、大都会で大道芸人として生きるアーサー。しかし、コメディアンとして世界に笑顔を届けようとしていたはずのひとりの男は、やがて狂気あふれる悪へと変貌していく…というお話。


      あの「ヒース・レジャー」演じるジョーカーを彷彿させる狂気。( ・ω・)1人の孤独な男がどのようにジョーカーへ変貌したのかを描く。

      新たに演じることになった「ホアキン・フェニックス」なら出来ると思い込んで鑑賞。( ´・ω・)

      ガリガリに痩せた身体と止まらない笑い、壊れた母親と悪化する状況、そんな中で自分が存在してるかすら分からないという悪夢。(;´A`)

      格差が広がりゴミが溢れ、荒れ果てたゴッサムシティで人々の心も荒み、それでもアーサーは笑わせようと道化を演じる。(((((゜゜;)



      アーサーが殺したのはたまたま証券会社(ウェイン社)のエリート。( ゚A゚ )

      庶民の不満がアーサーの行動を正当化し、富裕層へのデモへと駆り立て、引いてはウェイン家の悲劇へと繋がる( ´Α`)

      見ている人のほとんどはアーサーへ感情移入して、気付かぬうちに悪へと足を踏み入れてしまいそう。(((((゜゜;)

      正義というものがどれだけ曖昧なものか思い知らされますね。(´Д`)

      皆が優しければジョーカーは誕生しなかったのか?
      たぶん悪はともかく「狂気」は存在しなかったと思う。

      信じるものが全て虚構で、守るものが1つもなくなったら、こんなに恐ろしいことはない。

      今のこの現代において、格差が広がり、他人への関心が薄れた状況は、本当にジョーカーを生み出す気がしてならない。(。-ω-)



      たまに起こる銃乱射事件は、その前兆だと思う。

      不運に不運が重なって生まれたのか、世間によって生まれるべくして生まれたのか、自分には推し量ることは出来ませんが。(;´A`)


      気になるセリフ
      「自分が存在してるか分からない」



      んでまず( ´∀`)/~~
      >> 続きを読む

      2019/10/06 by Jinyuuto

      「ジョーカー」のレビュー

    • 5.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      やぁ,アーサー.いくつか質問してもいいかな?
      マレーを撃ち殺した瞬間何を感じた?高揚感?達成感?寂寞?空虚?それとも罪悪感?待って.そんなに怒らないで.私はもっと君を知りたいんだ.だって私は,君が逮捕されパトカーで移送される姿を観て涙が止まらなかったんだもの.いったい君の何が私をそれほどに泣かせたのか,本当に知りたいんだ.君の心は今もからっぽ?っていうか,そもそもからっぽなの?
      そうだ,君はグランジって音楽のジャンルを知ってる?「俺たちの心はからっぽ.だからせめて音で埋めてやろうぜ」って感じで,やたらでっかい音でかき鳴らす音楽なんだけど,それがあったら君はジョーカーにならなかったかな?ついでにもうひとつ仮定の質問をするよ.もし君が銃を持っていなかったら,それでも君はジョーカーになっていた?うん,やっぱりそうだよね.君は,だってジョーカーなんだもん.銃とか地下鉄での暴行とかは,ただのきっかけだよね.たとえ音楽が君の心を埋めても,それでも君はやっぱりジョーカーだものね.君は正直に答えてくれるから,本当にいい人だ.
      そうだ.君はゴッサムは好き?ストのせいで比喩でもなんでもなく,実際にゴミ溜めになってしまったゴッサム.人の良き面が芥子粒ほどの存在感なゴッサム.そんなゴッサムが君は好き?わからないか.じゃぁ次の面談まで考えていてよ.考える時間はたっぷりあるんだから.
      じゃぁ,ジョーカー.おっとゴメンよ.アーサー.今日の最後の質問.パトカーの上に乗って踊った時,君は何を感じた?あのとき群衆は君を見つめ,君を認め,君に尊敬の念を示していたし,なによりみんな笑顔だったよね.それが仮面だったりメイクだったとしても.コメディアンを目指していた君にとって,願いが叶った瞬間だったよね.あの瞬間,君は幸福だったかい?
      >> 続きを読む

      2019/10/09 by 叡福寺清子

      「ジョーカー」のレビュー

    • 4.0 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      とにかくホアキン・フェニックスの演技がすごい。ジョーカー誕生までの物語。格差社会の闇がえぐい。誰でもジョーカーになり得る。やってる事はいけないことだし、悪なのだが、共感してしまう部分もある。ピエロなのに涙でメイクがぐしゃぐしゃな所とか、泣けなくて笑ってる所とか、悲しい。一言で表すと『狂気』なのだけど、誰しも持ちうる狂気なのかも。彼のタップが美しく、それがまた胸をしめつける。 >> 続きを読む

      2019/10/07 by MACO

      「ジョーカー」のレビュー

    • 5.0 切ない ハラハラ クール

      ピエロは泣いているようにも笑っているようにも見える、と言いますが、本作のジョーカーはそれを体現したキャラクターでした。
      彼が悪だとすればそれは社会に潜む悪が具現化したものであり、その悪を取り除かねばそもそも彼は倒せないのでしょう。

      格差社会を描いた本作を通じて現代への批判も行われるだろうと思いますが、それがどういう文脈になるのかは気になります。もしかしたらトランプ大統領批判とかに使われちゃうのかな?
      ただトランプ大統領はいわゆるラストベルトの貧しい人々の意思も汲みながらトップに上り詰めた人だからそれは違う気がするんだよな…。どっちかというと本作で描かれた悪に対する一つの回答ではないかと考えてしまいます…(移民を抑制して自国民を優先的に豊かにする姿勢とか)。

      言い方は悪いですがお定まりのリベラルな批判に用いられないことを私は願っています。

      まあ監督自身がそういう批判に則るのなら私は何も言えませんが(笑)


      ところでマレー・フランクリンはデ・ニーロが演じていましたが、スコセッシの「キング・オブ・コメディ」を意識したのかな?と気になりました。あれもコメディアンが世間を引っ掻き回していく話でしたが…面白いキャスティングだと思いました。
      >> 続きを読む

      2019/10/06 by JSP

      「ジョーカー」のレビュー

    • 5.0 切ない ハラハラ 元気が出る クール

       よくぞ本作を映画化したなと感心せざるを得ない劇薬のような作品。「映画に対する評価」を本作にするのはナンセンスであるだろう。面白い、面白くないというレベルの作品ではなく、鑑賞者の実在を揺らがせ、貧富の格差に対して拳を上げるよう先導する映像作品。
       フィクションであり、その域から脱していないはずなのに、異常な実在感のある作品となっている。とにかく少しでも共感してしまうと、上げては落とす、上げては落とすの繰り返しであり、鑑賞者の人格ごとどうにかしようという脚本は脅威にすら感じる。
       アメコミ映画として認識してよいか疑問ではあるものの、彼のキャラクターやウェインという名前がわからないと鑑賞が難しいだろう。ただ、それさえ知っていれば、ジョーカーの持つ正体不明性が一人称になった瞬間に持つ意味が大きく変わるという体験ができる。ただ、それが鑑賞者にとって幸せなことかというと、何ら明言できない。
       実際、アーサーを理解できるかというと、なかなかに難しいはずだ。最初の殺人シーンや、度々挟まれる妄想シーンなど、鑑賞者を突き放す構造があるものの、(500)日のサマーのとあるシーンを彷彿とさせる仕掛けに気づかされた瞬間に、本当に孤独であることを感じさせられる。そこから先は暴動まで一直線である。
       米国では厳戒態勢の中公開されたとのことだが、日本こそ本作を起爆剤とした暴動が起きても不思議ではないはずだ。この作品にはそれだけの力があるし、本作の前後で映画の歴史が変わるのではないかとすら感じてしまう。
      >> 続きを読む

      2019/10/08 by answer42

      「ジョーカー」のレビュー

    もっとみる

    ジョーカー
    ジョーカー

    映画 「ジョーカー」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画