こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

海獣の子供

海獣の子供
©五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会
2019年6月7日(金)
1クリック登録
公開: 2019/06/07
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝映像事業部
自然世界への畏敬を独自の漫画表現で読者を魅了し続ける漫画家・五十嵐大介の「海獣の子供」を、映画『鉄コン筋クリート』で第31回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞し、昨年には過激でリアルなバイオレンスな描写が話題となった映画『ムタフカズ』を発表するなど、そのハイエッジな映像表現で確固たるブランドを築いてきたSTUDIO4℃がついに映像化!

映画『海獣の子供』6月7日(金)全国公開

    監督:渡辺歩 原作:五十嵐大介

    海獣の子供 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 3.0

      劇場で見ました。
       米津玄師さんのかかわっている映画なので、あまり悪いことはいいたくはないのですが…
       見た人はどの場面かわかってもらえるかと思うのですが、あのスピリチュアルな部分を、オーケストラと映像だけで表現するには長すぎる感じがしました。そこが評価の分かれ目かな、と。

       私が見る前に見た口コミでも、●映像がきれい●わかりにくい●米津さんの歌がよかった、の3本柱でしたが、まったくその通りでした。米津さんの曲をああいう風にするより、いっそのことスピリチュアルな部分に充ててしまった方がいいのではないか、とさえ思ってしまいました。

       きっとそれはそれで映画の世界観を壊してしまうかもしれませんが。
      米津さんの使い方がちょっともったいなかったです。単に私がファンだからそう思うのかもしれませんが。
      >> 続きを読む

      2019/06/16 by しいる

      「海獣の子供」のレビュー

    • 3.0

       海から地球、そして宇宙規模を描いたセカイ系だった。
       人類にはまだ早い作品である。
       
       クジラやイルカのコミュニケーションをソングとしてとらえ、そして映像表現によって生物の起源を描き出そうというのが趣旨なんだろう。

       「海は生み、隕石は精子」
       ???わからん。
       舞台が湘南海岸、主人公は女子中学生という日常と、描き出される世界のスケールがかけ離れているために理解が追い付かない。
       最後のメッセージが分からないまま、女子中学生の日常の悩み解決で終わってしまい、スケールが大きいのか小さいのか分からん。

       つまり、よう分からん。
       迫力ある映像表現は映画館で見るのがおススメ。


       湘南にすむ女子中学生の琉花は夏休み一日目にして、部活でトラブルを起こして、以降無為に時間を過ごす。
       父が働く水族館で出会ったのは、海と空の兄弟だった。
       彼らは、海でジュゴンに育てられ、検査のために来ているのだった。

       海は言う。
      「人魂が現れる」

       海の祭りの時期が訪れ、クジラたちはソングを歌う。
       これは、生命の物語。
       
      >> 続きを読む

      2019/06/16 by ホースケ

      「海獣の子供」のレビュー

    • 5.0 泣ける クール

      「生命の起源」を主軸に据えるだけあり、総じて難解で、
      私自身、理解出来たとは言い難い。

      しかし、決して腑に落ちぬ感じはせず、満足度は高かった。
      不思議な魅力を放つ作品だった。

      「一番大切な約束は言葉では語らない」というキャッチを体現するかのように、
      言葉で表現可能な情報量を超えた情報を、私も体験していたのだと思う。

      人・海・宇宙、といった「知っているようで、殆ど知らないもの」をモチーフとし、
      「個」と「全体」の関係性を表現した映像と音楽に、
      生物として、根源的な部分が揺さぶられたような気がした。

      論理よりも感覚を重視した、体験型の映画と言える。

      その「体験」に寄与しているのは、映像や音楽はもとより、
      具体と抽象のバランスと、双方のつなぎ方が優れている事だと感じた。

      劇中、日常と非日常を目まぐるしく往来するが、
      唐突という訳でもなく、違和感無く進行しており、構成の妙を感じた。

      そして、全てが難解というわけではなく、
      日常における人間関係は、極めて簡潔で分かりやすい。
      その事も、感情移入に寄与していると思う。

      <体験型ガール・ミーツ・ボーイの物語>として、十分に楽しめた。
      >> 続きを読む

      2019/06/08 by manriki

      「海獣の子供」のレビュー

    • 2.0

      映像的には綺麗なのだが・・・、何を訴えたいのか良く分からなかった。

      2019/06/07 by されっく

      「海獣の子供」のレビュー

    海獣の子供
    カイジュウノコドモ

    映画 「海獣の子供」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画