こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

1987、ある闘いの真実

1987
1987、ある闘いの真実
©2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED
9月8日(土)シネマート新宿ほか、全国順次ロードショー
1クリック登録
公開: 2018/09/08
製作国: 韓国
配給: ツイン
韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話。
その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だったー。

■ストーリー
1987年1月、全斗煥大統領による軍事政権下の韓国。徹底的に北分子を排除したい南営洞警察のパク所長(キム・ユンソク)が指揮する取り調べは、日に日に激化していた。そんな中、ソウル大学の学生が行き過ぎた取り調べ中に死亡する。隠ぺいのために警察は親にも遺体を見せず火葬を申請するが、何かおかしいと感じたチェ検事(ハ・ジョンウ)は検死解剖を命じる。解剖により学生は拷問致死であったことが判明するが、政府は取り調べをした刑事二人を逮捕することで事件を終わらせようと画策する。これに気付いた新聞記者、刑務所看守らは、事実を白日のもとにさらそうと奔走するが、警察による妨害もエスカレートしていく。また、拷問で仲間を失った大学生たち(カン・ドンウォン)も立ち上がろうとしていたー。一人の大学生の死から始まった、韓国全土を巻き込む民主化闘争を描く衝撃の実話。 >> 続きを読む

    監督:チャン・ジュナン(『ファイ 悪魔に育てられた少年』、『カメリア』) 出演:キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ユ・ヘジン、キム・テリ、ソル・ギョング、カン・ドンウォン、パク・ヒスン、イ・ヒジュン、ヨ・ジング 原題:1987 When the Day Comes /2017年/韓国/カラー/129分 提供:ツイン Hulu 配給:ツイン

    1987、ある闘いの真実 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 5.0 ハラハラ 元気が出る クール

      1987年韓国民主化闘争の実話の映画化。

      1987年1月にソウル大学生が取り調べ中拷問を受けて死亡した。当初警察は事件を隠蔽しようとしたが失敗すると、刑事の個人的な行き過ぎによる過失致死として二人だけ逮捕し事件の沈静化を図る。
      しかし、人々の命がけの行動により事実は明らかになり、事件への抗議デモから民主化闘争へと市民に広がって行く。

      映画は事実が明らかになる過程を描いているのだが、明確なヒーローはいない。目の前の不正義、目の前の暴力に行動せずにいられなかった学生や市民がいただけだ。
      多くの人々がそれぞれの立場で行う小さな抵抗(でもその抵抗は文字通り命がけ)がリレーのように繋がって、当局の思惑を超えて行く。レジスタンスのリレーとでも言おうか。

      ラストは感動的。市井の人々の小さな力が繋がった時、社会は変えられる。韓国映画の、いや、韓国社会の底力を見せられた気分である。

      エンタメ性も十分で、反共取り締まりの警察所長の行動はクライム・ムービーだからね。それに反発する検事を見境なく食らいつく駄犬だっていうんだからね。刑事二人をトカゲの尻尾切りにするところなど、二人の鉄砲玉に臭い飯食ってこいってやるやつだからね。
      情報を運び出すレジスタンスもサスペンスムービーだからね!
      本当に面白いから、上映館は少ないけれどチャンスがあれば是非見てほしい映画だ。

      なお、監督インタビューによればこの映画はまだ朴槿恵政権下で企画されたものだそうだ。反政府的な文化人のブラックリストを作っていた政権下で仕事を干されるリスクがありながらこれだけの映画を企画して、それに他の映画で主役級の俳優たちがチョイ役も含め大勢出ているんだから、それだけでも一見の価値があるよ。

      『1987、ある闘いの真実』チャン・ジュナン監督インタビュー
      http://eigato.com/?p=30617
      >> 続きを読む

      2018/10/08 by kurizunb

      「1987、ある闘いの真実」のレビュー

    1987、ある闘いの真実
    イチキュウハチナナアルタタカイノシンジツ

    映画 「1987、ある闘いの真実」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画