こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

世界から猫が消えたなら

世界から猫が消えたなら
(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
2016年5月14日
1クリック登録
公開: 2016/05/14
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
【イントロダクション】
100万部突破の感涙ベストセラー「せか猫」が映画化。
号泣必至の感動作に仕上がりました。

原作・川村元気による感涙ベストセラー『世界から猫が消えたなら』。
2013年に本屋大賞にノミネートされ、その後、文庫化・コミックス化、そして中国・韓国・台湾で出版もされて累計100万部を突破。
“せか猫”の愛称でたくさんの読者に愛されてきた物語が、映画になりました。
「僕」と「悪魔」の二役に挑むのは、佐藤健。そのかつての恋人に、※宮崎あおい。
映画マニアの親友を濱田岳、疎遠になった父を奥田瑛二、死別した母を原田美枝子。
さらに奥野瑛太、石井杏奈、そして僕の愛猫=キャベツとレタスもかわいらしく共演します。
また映画の大きなみどころのひとつ、絵画のように美しいロケーション映像の数々にもご注目ください。
函館・小樽の静謐な美しさと、アルゼンチン・ブラジルの情熱的でカラフルな街並みとのコントラスト。
なかでも世界遺産「イグアスの滝」でのシーンはまさに圧巻の迫力です。
監督は、『サントリーBOSS ゼロの頂点』『カロリーメイト とどけ、熱量。』など数々のCMで広告賞を受賞し、映画デビュー作『ジャッジ!』が高い評価を得た映像界の鬼才・永井聡。
撮影に中島哲也監督作品で手腕をふるう、阿藤正一。脚本は、次々と傑作を生み出す名手・岡田惠和。
本編をドラマティックに彩る音楽は、小林武史。
そして大型新人アーティストHARUHIが主題歌『ひずみ』で鮮烈なデビューを果たします。
日本屈指のクリエイターたちが集まって、あらゆる世代の胸を打つ感動作をつくりあげました。

世界から映画が消えてしまう前に、ぜひ皆さんに見てもらえたら。

※宮崎あおいさんの「崎」は正しい文字が環境により表示できないため、「崎」を代用文字としています。

【ストーリー】
これは、余命わずかな僕に起きた、やさしい「愛」の物語。

余命わずかの30歳郵便配達員の前に、自分と同じ姿をした悪魔が現れた。
世界から電話、映画、時計、そして、猫が消える…?
もしも、大切なものを一つ消すこととひきかえに、一日の命をもらえるとしたら。

もし僕が「余命わずか」と宣告されたなら・・・
僕は30歳の郵便配達員。愛猫・キャベツと一緒にふたりぐらし。ある日の午後。あまりにひどい頭痛がするので病院にいってみたら、脳に腫瘍ができて、余命わずかと宣告されてしまった。l

そんな僕の目の前に「悪魔」が現れたなら・・・
僕が、もうすぐ死ぬ?そんなこと簡単に受け入れられるはずがない。ショックで呆然とする僕の前に、ひとりの男が現れた。その男は、なんと僕だった。いや、違う。僕と同じ姿形をした(僕より指がちょっとだけ長い)悪魔だ。うろたえる僕に悪魔がささやいた。「世界からものを一つ消せば、一日の命をあげる」。ただし消すものは、僕にとって大切なものじゃなきゃダメらしい。

世界から「電話」が消えたなら・・・
悪魔との取引きで、僕は、世界から電話を消してしまった。電話が無い世界も、それはそれで悪くないかも?なんて軽く考えたけど、とんでもない。いまは別れてしまったけど大好きだった彼女とは、一本の間違い電話がきっかけで出会った。だから電話と一緒に、僕と彼女との大切な思い出もぜんぶ消えてしまった。電話がなくなった世界では、僕は彼女と出会わない。もちろん恋もしない。

世界から「映画」が消えたなら・・・
次に、世界から映画を消してしまった僕は、たった一人の親友を失ってしまった。彼の名前はタツヤ。大学時代に知り合って、すぐに意気投合した。人見知りでちょっと変わってるけど、優しい心を持っている。映画マニアで、いつも僕に映画をすすめてくれていた。もう彼と映画の話をすることはない。

世界から「時計」が消えたなら・・・
僕の実家は時計屋さん。すっかり寄りつかなくなってしまったが、家族の思い出がいっぱいつまってる。数年前に母を亡くしてから、父とはうまく折り合えなくなってしまった。無口で不器用な父。今もあの家で、誰かの時計を修理しながら暮らしているのかな。そしてもうひとつ、時計で思い出すことといえば、彼女との海外旅行。アルゼンチン~ブラジルの旅。とびきり楽しかった思い出と、偶然の出会い。そして思い出すのもつらいほどの悲しい出来事。僕と彼女はこの旅行から帰った後、別れてしまったんだ。

そして、世界から「猫」が消える・・・!?
僕は、これまで二匹の猫と一緒に暮らしてきた。僕が子供の頃に拾ってきたレタス。そしてレタスの死後、家にやってきたキャベツ。二匹とも子猫のときから我が家で育った、大切な家族の一員だ。生前の母はキャベツをとても可愛がっていて、自分が死ぬってときにも、僕がちゃんとお世話をできるか心配していたくらい。母は、優しくてあったかい人だった。いつだって僕の一番の理解者でいてくれた。キャベツはそんな母のかわりに、僕を見守ってくれている(ような気がする)。もしも世界から猫を消してしまうと、キャベツは消えてしまう。母と猫と一緒に笑いあった日々の記憶とともに…。それは僕にとって、まさに最後の選択だ。僕は生きるために、世界から猫を消してしまうのだろうか。
>> 続きを読む

    【キャスト・スタッフ】 佐藤健 ※宮崎あおい 濱田岳 奥野瑛太 石井杏奈 奥田瑛二 原田美枝子 キャスト表記は、掲載スペースに応じて、下記もご利用ください。 ≪ショートバージョン≫ 佐藤健 ※宮崎あおい ※宮崎あおいさんの「崎」は正しい文字が環境により表示できないため、「崎」を代用文字としています。 原作:川村元気「世界から猫が消えたなら」 監督:永井 聡 脚本:岡田惠和 音楽:小林武史

    世界から猫が消えたなら の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全20件
    • 3.0 切ない

      生きていく価値、生きていく中で取り囲まれている周りのものの大切さが心に染みた

      2019/08/11 by filsanta

      「世界から猫が消えたなら」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      若くして死を宣告された青年の話。
      両親、恋人、友人、そして猫。それぞれとの繋がりを、何かを失うことで回想する構成でした。
      失うことで世界はかけがえのないもので構成されていることを知る、「ありがとう」と言ってこの世を去ることができる。
      とてもメッセージ性の強い物語だったと思います。
      余命いくばくの青年が主人公の物語の締めの言葉が「生まれて来てくれてありがとう」なのは胸にきますね。
      >> 続きを読む

      2019/01/01 by yamada1220

      「世界から猫が消えたなら」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      物がひとつずつ消えていくごとに自分の大切な人との関係性や思い出も消えていく。もし自分が主人公の立場だったらと考えると、孤独でおかしくなりそう。それくらい、人との繋がりやその媒介となっているものの存在って価値があるんだと感じました。
      もし本当に電話が消えたら…考えただけで猛烈な寂しさに襲われます。

      この物語には意外性だとか盛り上がりのようなものはないけれど、単純にほっこりするお話とも少し違ってて、自分にとって大切な何かを気付かせてくれるようなお話でした。
      >> 続きを読む

      2018/10/24 by hikari

      「世界から猫が消えたなら」のレビュー

    • 5.0 切ない 元気が出る

      大切なものって、失ってから、大切ってわかるんですよね。失わないとわからない。
      それに、物が人と繋がってるって、意外と感じてないかも。
      私と主人、この世に新幹線がなかったら、出会わなかった(笑)
      そうやって考えたら、生きていく中で、人だけでなく、物も大切にしなきゃんですよね。
      あと観ながら思ったんですが・・・もしかして、この世から、自分の大切な人・物が無くなった時、死の恐怖がなくなるのかしら?
      自分が死に直面した時、何を思うんでしょうね?
      人・物・自分・毎日・・・・大切に生きなきゃねと思う映画でした。 >> 続きを読む

      2018/06/23 by mika

      「世界から猫が消えたなら」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない

      主人公の友達役の濱田岳で泣きました。
      少しコミカルですが、とても切ないお話です。

      2018/02/09 by Joban

      「世界から猫が消えたなら」のレビュー

    もっとみる

    世界から猫が消えたなら
    セカイカラネコガキエタナラ

    映画 「世界から猫が消えたなら」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画