こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

クソ野郎と美しき世界

クソ野郎と美しき世界
©2018 ATARASHIICHIZU MOVIE
4月6日(金)2週間限定全国公開!クソ野郎だらけの4つのストーリー
1クリック登録
公開: 2018/04/06
監督:
製作国: 日本
配給: (配給協力:キノフィルムズ)
ぶっとんでるけど愛がある!!アクション&ファンタジー&ラブ&ミュージカルのオールジャンルムービー!

■あらすじ
恋に落ちたピアニスト、歌を喰われたアーティスト、息子を亡くした父親、そんな彼らが迷い込んだ、美しき世界とは――。
極悪でバカで泣けて踊れる、クソ野郎だらけの4つのストーリー!

Episode.1 『ピアニストを撃つな!』
全力で走る女、フジコ。フジコを追う不気味なマスクをした極悪人「マッドドッグ」。マッドドッグの手下で元ボクサーのジョー。彼らが向かう先には美しい指を持つ天才ピアニスト、ゴロー。

Episode.2 『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』
歌を食べて生きる少女「歌喰い」と歌えなくなったアーティスト香取慎吾の不思議な関係。食べられた歌の行方は―ー。

Episode.3 『光へ、航る』
失った息子の右腕を探す旅に出た夫婦。妻裕子に美人局をさせては罠にかかった男たちを脅し日銭を稼ぐクズな夫オサム。2人が沖縄の海で出会ったのは・・・?

Episode.4 『新しい詩(うた)』
夜な夜なクソ野郎たちが集まるダンスフロア「クラブ・クソユニバース」で繰り広げられるショー。
>> 続きを読む

    企画・プロデュース:多田琢、山崎隆明、権八成裕 原案:多田琢 製作・宣伝:新しい地図 制作:ギークサイト 配給協力:キノフィルムズ

    クソ野郎と美しき世界 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 3.0 笑える クール

      プロモーションビデオの域ですか。
      「新しい地図」の3人をオムニバスを個性的な監督が撮ってるのが見どころ。
      基本、あまりシリアスでなくバカっぽいナンセンス系。

      2018/07/17 by motti

      「クソ野郎と美しき世界」のレビュー

    • 3.0 笑える ハラハラ

      始まってしばらくは面白いのか面白くないのかわからなくてどうしようかと思った。ファンであっても1話目の稲垣吾郎さんの映画は辛いと思った。2話目の慎吾ちゃん映画は面白かった。3話目のつよぽんの映画は評価はいいみたいだけど私の子のみではなかった。
      4話目のミュージカル風の映画が一番よかった。最後まで観終わった時はSMAPのライブDVDを観たくなった。

      4月17日再鑑賞
      稲垣吾郎さんの舞台挨拶回を購入できたので再鑑賞。私服で登壇されてちょっとほろ酔い気味(?)の吾郎さんの舞台挨拶を観られて楽しかった。
      公約の15万人どころか25万人突破とのこと、続編製作も決定とのことでうれしいことです。 >> 続きを読む

      2018/05/14 by sagirian

      「クソ野郎と美しき世界」のレビュー

    • 4.0

      SMAPの元メンバー3人の新しいチャレンジとしての映画
      オムニバスって正直好みじゃないんだよね…と思ったのですが、監督の個性と主役の3人の演技と持ち味が絶妙でとっても興味深く観られました。

      万人向きではないと思います。
      ファン向けだからという意味では全然ありません。
      特に稲垣吾郎の「ピアニストを撃つな」はアングラ芝居そのまんまなんで。
      各作品、作風が全く違うのでお好みは分かれるでしょう。
      私は園監督の「ピアニストを撃つな」が好きだな。

      稲垣吾郎という人はそのカラーを他者に浸食されない。驚きです。
      脇でどんな演技をされようとも彼の色は侵されない。埋もれない。
      それってすごいことですよ。
      彼はコメディに向いているという意見がありましたが、まったく私も同感です。
      コメディアンは自分が笑ってはいけないのです。
      本人が大真面目だったりクールであるほうがおかしみがあります。
      しかし、浅野忠信も満島真之介も熱すぎるオーバーアクトのオファーをよくも引き受けたなと。
      そしてきっと楽しんで演じたんだろうなと思いました。

      香取慎吾の「慎吾ちゃんと歌喰い」はメッセージ性がとても高い。
      香取慎吾よ、君、歌いなさい。
      テレビがだめなら街中で歌えばいいじゃない。
      SMAPがだめらな個人として歌えばいいじゃない。ってね。

      慎吾ファンがもっとも納得な作品でしょう。
      歌喰い役の中島セナがもうすっごくいい!!!です。
      コメディ部分がおもしろくなかろうが、うんこが出てこようが、どーでもいい美しさが彼女によって完成されています。

      草彅剛はその演技力にやはりさすがだな~と感心します。
      「光へ、航る」は映画の完成度は全然ダメだと思うけれど、
      ストーリーに何かを見いだしたい人はこの作品が一番安心できるらしいです。

      そしてエンディングとなる『新しい詩』
      ミュージカルの舞台を思わせる猥雑で華やかなシーンで幸せそうに歌う香取慎吾がいた。
      本当だ!SINGOの名前にはSINGが入っているね♪

      いや~。なんと華のある人だ。彼は。
      舞台を観たことはないですがすっごく舞台映えしそう。
      三谷幸喜が彼を主役にミュージカルをしたかったわけだわ。


      低予算は当然のこと。宣伝もテレビはジャニーズ忖度とかでほぼニュースにしてくれない逆境。
      映画監督の熱意っていうやつは、そんなこと関係ねぇ~!ってことですよね。

      2週間の限定上映で25万人超ののべ動員数だったそうです。
      ファンの何割が何回観たのかな?を引いてもすごい人数ってことですね。



      新井素子の「ひとめあなたに…」を読んだばかりだったので
      稲垣&草彅のうたうエンディングの歌に妙な符合を感じてしまいました。
      >> 続きを読む

      2018/04/20 by 月うさぎ

      「クソ野郎と美しき世界」のレビュー

    • 3.0

      満席でした。
      さすがです。
      痛いシーンが多くてしんどかったですが、笑いもあり、楽しめました。

      2018/04/17 by mitomomi

      「クソ野郎と美しき世界」のレビュー

    クソ野郎と美しき世界
    クソヤロウトウツクシキセカイ

    映画 「クソ野郎と美しき世界」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画