こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

娼年

娼年
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
4月6日(金) TOHOシネマズ新宿ほか
全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2018/04/06
監督:
製作国: 日本
配給: ファントム・フィルム
2018年、最も衝撃的で、最もセンセーショナルな“事件”
松坂桃李×三浦大輔×石田衣良が贈る、〈R-18〉愛のドラマ
娼夫リョウが見つめた、生と性の深奥―

<ストーリー>  
主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。ある日、領の中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也(たじましんや)が、美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がける女性専用コールクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。 
入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。
>> 続きを読む

    娼年 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      松坂桃李さんがさすがだと思った。演じきってる!作品の内容は考えさせられる内容だった。主人公が変化していく心の動きは実に美しくものだった。友人?のめぐみ、職業蔑視の発想が私は大嫌いなので、「汚い」の言葉には嫌悪感しかなかった。でも、それが普通の人の発想なんだろうな~。 >> 続きを読む

      2019/03/24 by megucchi55

      「娼年」のレビュー

    • 4.0 クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      原作を読んだときも感じたけれど、領くんは空っぽな器なんだろうなぁ。だから、どんな女性の欲望でも受け入れられちゃう。東くんの小指折りシーンは、映像で観てもショッキングだなぁ。桃李くんが体張ってますなぁ。 >> 続きを読む

      2019/01/27 by Sohsuke

      「娼年」のレビュー

    • 4.0 切ない クール

      舞台で話題になっていたので気になっていました。
      とっても切ない内容でした。
      そして、考えさせられる内容でもありました。
      舞台は、静香さんが、高岡早紀さんだったんですよね。。。
      彼女だったら、さらに妖艶さを醸し出されたかも…
      桃李君。めっちゃ、体張ってましたねぇ。。。
      進也君の成長がとっても感じられました。
      子供達と見るのは、まだまだ先…
      というか、誰か一緒に見るのは少しはばかれるかも。(。-_-。)

      追記:
      江波杏子さんを久しぶりに拝見しました。
      いくつになっても、凜とされていて、妖艶で…
      余韻に浸っていた頃に訃報が… 残念すぎます。
      >> 続きを読む

      2018/11/01 by hana

      「娼年」のレビュー

    • 2.0

      松坂桃李さん目当てでなら何とか持つ映画。
      この映画内で描かれているセックスが本当に女性を満足させられるほどのものなのか終始疑問。AVレベルのセックスはあくまで男性の理想。この作品はそうじゃないところが大切なはずだけれど、男性主観の既存な概念から全く抜け出せていないセックスばかり見せられてもな。ま、女性といっても様々な嗜好はあるわけであくまで個人的にがっかりしたということ。
      その点を除けば、松坂さんの演技は素晴らしかった。

      2018/10/07 by noix

      「娼年」のレビュー

    • 3.0 クール

      【ララポート横浜 TOHOシネマズ/娼年/2018年4月27日金】

      小説未読。官能シーンが多いということは知っていたが、
      想像より遥かにリアルなシーンが多くなんだかなぁもういいよって感じだった。

      お金ほしさに女性相手をするという単純な内容でもなかったので、
      そこは彼の役どころがよかったのだろう。

      本作はおもしろかったかというとそうでもなかったが、
      松坂桃李さんはこれから期待できる俳優さんなのかなぁと思ったりした。
      >> 続きを読む

      2018/04/28 by eeko

      「娼年」のレビュー

    もっとみる

    娼年
    ショウネン

    映画 「娼年」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画