こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

となりの怪物くん

となりの怪物くん
(C)2018映画「となりの怪物くん」製作委員会
(C)ろびこ/講談社
全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2018/04/27
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
菅田将暉 × 土屋太鳳
今最も勢いに乗る二人が、映画初共演で新境地を拓く!
青春恋愛映画の新たな金字塔、ここに誕生!!

なぜ、春は“怪物”になったのか?
そしてその真実が明らかになったとき、春と雫の恋の行方は―?

【ストーリー】
行動予測不能な超問題児で“怪物”と呼ばれる春(菅田将暉)と、ガリ勉&冷血の雫(土屋太鳳)は、二人とも恋人はおろか、友達もいない。二人は高校1年生の4月、雫が不登校のとなりの席の春の家に嫌々プリントを届けに行ったことがきっかけで出会う。
それ以来、春は雫を勝手に“初めての友達”に認定し、さらに唐突に「シズクが好き」と告白。仕事で家にいない母親に認められるために、幼い頃から勉強だけを信じてきた雫にとって、友達や恋人などはただの邪魔な存在でしかなく、はじめは無関心だったが、やがて春の本当の人柄に触れ、次第に心魅かれていく。そして春と雫の周りには、夏目(池田エライザ)、大島(浜辺美波)、ササヤン(佐野岳)ら、いつしか個性豊かな友達が増えていった。初めての友情、初めての恋愛。そして、春のライバル・ヤマケン(山田裕貴)の登場により、初めての三角関係も巻き起こり、二人の世界が変わっていく。それは春と雫にとって、初めて“みんな”で過ごす時間だった。
そんなある日、兄の優山(古川雄輝)が春のもとに現れたことがきっかけで、春は絶縁状態だった父親の元へ突如連れ戻されることになり、雫の前からも姿を消してしまう。
>> 続きを読む

    菅田将暉 土屋太鳳 古川雄輝 山田裕貴 池田エライザ 浜辺美波 佐野岳 佐野史郎 / 速水もこみち 原作:ろびこ『となりの怪物くん』(講談社「KCデザート」刊) 監督:月川 翔       脚本:金子ありさ       音楽:林ゆうき

    となりの怪物くん の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0

      あまりに詰め込みすぎて、原作を読んだ人以外ついていけない。原作の良さが半分くらいしかいかせてなかった。
      キャストが良いだけに残念。前後編に分けるべき。

      2019/09/02 by まほめっと

      「となりの怪物くん」のレビュー

    • 3.0

      原作既読。ほぼ忘れた
      アニメ視聴済


      菅田将暉は適役
      みっちゃんはもこみちしかいないですよね
      土屋太鳳は別物として割り切ることに慣れた
      夏目さんはもっとかわいい
      浜辺美波のせいで委員長が1番かわいい
      優山とヤマケン微妙
      ササヤン酷い

      雫とハルの話としては良い
      尺の都合で脇役陣の掘り下げ少ないのは仕方ないけど
      夏目さんあれじゃ女性に好かれないままよ
      ヤマケンの魅力はこんなもんじゃねえ
      夏目さんとササヤンの微妙な感じがいいんだよ〜映画じゃ無理


      ロケ地と美術で原作の雰囲気はよく出てて西野カナもそれと合ってた
      >> 続きを読む

      2018/05/09 by tky

      「となりの怪物くん」のレビュー

    となりの怪物くん
    トナリノカイブツクン

    映画 「となりの怪物くん」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画