こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方

QUATSCH UND DIE NASENBÄRBANDE
世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方
ⓒVeit Helmer Film-produktion
2月11日(土・祝)より109シネマズ二子玉川ほか全国にて元気にロードショー!
1クリック登録
公開: 2017/02/11
製作国: ドイツ
配給: エデン=ポニーキャニオン(提供 エデン=ポニーキャニオン=東急レクリエーション=パイオニア映画シネマディスク/配給協力 東急レクリエーション)
おとなはサイテー! もう、いい子になんかしてやらない!  大好きなおじいちゃんとおばあちゃんを老人ホームから救い出すため、幼稚園を脱走した6人の4歳児と1匹のアカハナグマ。その名も“ハナグマ・ギャング団”が次々と巻き起こす、奇想天外な作戦の数々に村の大人も、親たちも大騒ぎ。やがて天才アカハナグマのクアッチが、世界一フツーで退屈だった村をハッピーな楽園に変え、おじいちゃんとおばあちゃんを連れ戻す大発明を思いつきます。それは、“世界でいちばんのイチゴミルク”でした。
 
スクリーンせましと全速力で駆けまわり、歌い、踊り、笑う子どもたち。自由奔放で純真無垢、天真爛漫で大胆不敵。やんちゃでわんぱく、おしゃまでちゃっかり、そして切ないくらいにキュート。そのピュアでポジティブな魅力は、見る者すべての顔をほころばせ、心を踊らせ、元気を与えてくれます。これは、子どもたちだけが持つ、無限のエネルギーが炸裂する奇跡の“チビッコ・スペクタクル”! ここに、映画史上最高のキッズ・ムービーが誕生しました。

製作、監督は『ツバル』(99)、『ゲート・トゥ・ヘヴン』(03)などを手掛けたドイツの鬼才ファイト・ヘルマー。本作は、彼が敬愛するチャールズ・チャップリンやジャック・タチの諸作品、ハル・ローチ・スタジオが製作した『ちびっこギャング』シリーズにインスパイアされ、オマージュを捧げています。主演の子どもたちには、演技指導を受けた子役俳優は一切使わず、個性的で元気な子どもらしさ持った6人をオーディションで厳選、全員これが映画初出演です。そして、子供たちとともに大活躍するアカハナグマ“QUATSCH(クアッチ)”の驚きの名優ぶりも見逃せません。
出演は他に『帰ってきたヒトラー』のファビアン・ブッシュ、『戦場のアリア』『アイガー北壁』『ソハの地下水道』のベンノ・フュルマン、『サウルの息子』のクリスチャン・ハーティング、『カルロス』のアレクサンダー・ジェーア、『ヒトラー暗殺、13分の誤算』のウド・シェンクなど、ドイツ映画界で活躍中の名優たちが脇を固めています。
本作は、世界中で50以上の子供映画祭を席巻し、ルートヴィヒスハーフェン・ドイツ映画祭最優秀子供映画賞“金のニルス賞”、チューリッヒ映画祭最優秀子供映画賞、ベルファスト・シネマジック最優秀作品賞、マイケル・ムーア映画祭観客賞最優秀子ども映画賞など、数々の賞に輝いています。
>> 続きを読む

    ⓒVeit Helmer Film-produktion www.sekaideichiban.com

    世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 3.0

      普通を良しとする大人たちに反逆する子供たちの話。
      極端な表現方法だが、そのおかげで子供たちの無邪気さが画面にいっぱいに溢れていた。
      あまりにぶっ飛んでいるのでちょっとついていけなかったりもするが、描かれているテーマや構造は面白いものがある。子供、親、祖父母の三世代の関係。個性の尊重とそれを良しとしない均質化との衝突。それらが骨として組み込まれていた。

      肝心のイチゴミルクは全然飲みたいと思えなかったけど、子供たちと頭の良すぎるアカハナグマの元気な様子を眺めているだけで満足だ。

      2018/06/19 by きりゅう

      「世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方」のレビュー

    世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方
    セカイデイチバンノイチゴミルクノツクリカタ

    映画 「世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック