こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形
© 暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会
2019.9.6-9.26  3週間限定上映
1クリック登録
公開: 2019/09/06
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹

    ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 評価なし 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      まさかの2部構成に驚いた。 >> 続きを読む

      2019/09/22 by boreas96

      「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形」のレビュー

    • 5.0

       優しい物語、非常に好き。

       横を向いた人物の視線の先が狭く、頭の後ろを広くとる構図が何度も描かれる。
       あまり見ない構図だが、キャラクターが悩んで考えているシーンで多用されている。
       逆に、ラストシーンでエミリーがテイラーの名前を叫ぶシーンは視線の先の青空が広い構図になっていて、前向きになることが印象的だ。

       これは京アニクオリティ。
       TVシリーズ見てなかったので、これは視聴しておきたい。


       貴族の子女が集められる女学園。
       そこに侍女として送り込まれたヴァイオレットの相手がイザベラ・ヨーク。
       彼女を淑女に教育するのがヴァイオレットの仕事だった。
       しかし、イザベラは拒絶する。
       彼女は元々貴族ではなく、貧民として育った。
       貴族の館に引き取られるとき、その対価として妹テイラーの生活とを取引したのだった。

       姉妹は引き離されたが、自分が捨てた過去の名前「エイミー」が二人の絆の言葉になる。


       これは良いですワゾ~。
      >> 続きを読む

      2019/09/21 by ホースケ

      「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形」のレビュー

    • 2.0 切ない

      姉からは初めての友人を貰い、今後の指針を示した。
      妹には生きる意味(仕事)から、生きがいを与えた。

      世界は不条理だけど、生きる意味と意義があれば頑張れる。。。
      それは自分で見付けられなくても人から貰える事も出来る。
      そんな人に一人でも会えたら幸せだ。

      そんな風に改めて感じる事が出来た作品でした。
      >> 続きを読む

      2019/09/16 by ヒデト

      「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形」のレビュー

    • 4.0

      最近野球アニメばかり観てるので
      寿美菜子×悠木碧の切ない姉妹の演技は破壊力抜群

      郵便配達の話に大きくスポットが当たったり、テレビシリーズよりツボな部分が多かった

      2019/09/14 by tky

      「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形」のレビュー

    • 5.0 泣ける 笑える 切ない 元気が出る

      例の放火事件でアニメファンでない皆さんにも広くその名と存在が知れ渡った京都アニメーションの作品です。本編たるTVシリーズの外伝としての位置づけで、現在鋭意制作中の本編の続編たる新劇場版までのつなぎ的存在。

      しかし、お話も絵も、初見の方々にも入り易い作りで、あんな事件がなくても、より多くの皆さんが楽しめるであろう作品に仕上がっていたと思います。

      しかし、京アニに特に詳しくはないという皆さんにもわかってもらえそうなネタを少々。映画の冒頭で、謎の子供が貨客船の舳先から、目的地ライデンの町(架空の港町で、ヴァイオレットらが暮らす所)の風景を眺める場面。絵的にも、劇伴音楽の雰囲気も、何だかジブリを思い出しました。

      登場人物の名前や容姿、町の風景など、ヨーロッパを思わせる作品世界ですが、「戦後」であるとか、ライデンは大陸南端にある国(?)であるとか、ガス灯は電灯に、手紙は電話に…等々の変化が起こっている最中で、ライデンにも電波塔が建てられたり、新市街にはエレベーター付きの高級アパートが建てられていたり…等々を踏まえますと、むしろ戦後日本がモチーフなんじゃないのか?と思える部分があります。お話の舞台を戦後日本の鹿児島か宮崎あたりの温暖な地域にある町に変えて、脚色を施したら、NHKがTVドラマにしていても、あんまり違和感ないような、そんな作品である気がします。

      エンドロールとその後の新作の予告編も、是非見逃さないように。劇場での水分の取り過ぎに御注意を。
      >> 続きを読む

      2019/09/14 by ぴぐじい

      「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形」のレビュー

    もっとみる

    ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形
    バイオレットエバーガーデンガイデンエイエントジドウシュキニンギョウ

    映画 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック