こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

13歳の夏に僕は生まれた

Quando Sei Nato Non Puoi Piu Nasconderti
ジャンル: ドラマ
公開: 2006/06/03
製作国: イタリア
配給: コムストック

    13歳の夏に僕は生まれた の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0

      子供を主役にしていて、この邦題。
      何かあざとい作品だったらと思っていたが、これは子供の視点を取り入れた世界だからこうなるのだと納得させるものがあった。

      イタリア系のサンドロは父親と従兄弟の伯父3人でクルージング旅行へ。
      夜になってサンドロがデッキに上った際誤って海に転落。
      気づかれずにそのまま漂流して、ある船に助けられるが、そこは密航船だった。

      この映画で重要なのは、あくまでも子供サンドロの視線から見た知らなかった世界だ。
      これによって彼の人生観は大きく変わる。

      不法移民の現状。
      イタリアが世界のすべてだったサンドロは、強い影響を受ける。
      帰国しても彼の心は満たされることはない。そこから一歩上った階段は彼にとっては苦い世界だったというわけだ。

      さりげなく現状を憂い出るが、かといって強く主張はしていない。
      これはマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督の演出が成功している要因だ。
      >> 続きを読む

      2015/07/09 by オーウェン

      「13歳の夏に僕は生まれた」のレビュー

    • いかにも感動ものな感じなのかと思ったらそうではないんですね。オーウェンさんに演出が成功していると言わしめる作品ですかー観てみたいです。 >> 続きを読む

      2015/07/10 by milktea

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    13歳の夏に僕は生まれた
    ジュウサンサイノナツニボクハウマレタ

    映画 「13歳の夏に僕は生まれた」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画