こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

惡の華

惡の華
©押見修造/講談社 ©2019 映画『惡の華』製作委員会
9 月 27 日(金)、TOHO シネマズ日比谷ほか全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2019/09/27
監督:
製作国: 日本
配給: ファントム・フィルム
累計発行部数 300 万部!伝説的コミックが衝撃の実写映画化
あの夏、僕は仲村さんと出会い、リビドーに目覚めた

    惡の華 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 4.0 ハラハラ

      ダークな青春ドラマです。でも、主人公の少年は、私なんかより、余程女性との出会いなどに恵まれていたのに、何でああなってしまうのか???…という辺りは、実際に映画本編を見ていただくとして、恵まれていても、空回りしたり、脱線したり、そういうことがあり得るのが青春期、思春期なのかも知れません。主役の少年少女は、せいぜいプチ変態さん、プチ変人さん程度であったのに、深刻に考え過ぎて、自分たちを異常者と誤解して、あらぬ方向へ暴走してしまったのかも知れません。そんな彼らを見ていたのに、それでも何故か共感に近い感情を覚えた気がします。 >> 続きを読む

      2019/10/30 by ぴぐじい

      「惡の華」のレビュー

    • 4.0 泣ける 笑える 切ない ハラハラ クール

      ずっと前にアニメ版を魅了し【独特な絵柄&厨二病<ノ丶`Д´>ノ マンセーな展開】→“ツボ”になった思い出は記憶に新しいです。何時か再視聴したいと思ってた作品なだけに,実写化すると聞いた時はすっごく心配でしたが,(実写版の)ロードショーが始まる前に【Abema.TV】でアニメ版が無料配信になったので,映画を観に行く前に“お浚い”にもなればと思い再視聴しました。
      アニメ版→実写版に来て,心配しながら鑑賞をしました---。
      すると,がっかりどころか“アニメ版が【濃縮】された作品”に仕上がってて【イジメ描写】→“アニメ版以上にトラウマクエスト”になってたので,(良い意味で)期待を裏切ってくれた作品に思えました!
      また,前から気になってた【玉城ティナちゃん】→“ヒロイン役”になった時も嬉しかったけど,JK時代毎日通った【桐生の街】→“主な舞台”になってたのはマジ泣きました(←)www
      (また,私の母校のうっすら映ってました(^-^)♪)
      学生時代,同期&狂員から陰湿なイジメを受けてた身分にとっては,物語の描写で何度も×➋トラウマクエストになったけど,同時に私が学生時代に受けた“心の傷”其の物が代弁されてる様も思えて,中々奥深い作品でした!
      >> 続きを読む

      2019/09/30 by あみる

      「惡の華」のレビュー

    惡の華
    アクノハナ

    映画 「惡の華」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画