こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ムーンライト

MOONLIGHT
ムーンライト
© 2016 A24 Distribution, LLC
4月28日(金)、TOHOシネマズシャンテ他にて全国公開
配給:ファントム・フィルム
1クリック登録
公開: 2017/04/28
製作国: アメリカ
配給: ファントム・フィルム 提供:ファントム・フィルム/カルチャアパブリッシャーズ/朝日新聞社
この映画こそが、我々が映画を観る理由なのだ―。 ‐タイムアウト
この映画を観終わって映画館を出る時には、人生が変わっている。‐ローリングストーン誌
今年一番パワフルな映画!美しい痛みを描くポエテイックな傑作。-スクリーンクラッシュ

◆イントロダクション
彗星のごとく現れ、アカデミー賞レースを席巻!
タイム誌、NYタイムズ誌、ワシントン・ポスト誌、ローリングストーン誌など、全米メディアが、2016年ベスト1ムービーに選出!
自分の居場所を探し求める主人公の姿を、色彩豊かで圧倒的な映像美と情緒的な音楽と共に3つの時代で綴ったこの物語に、世界中が瞬く間に虜になった。北米で大ヒットを記録し、第74回ゴールデン・グローブ賞では作品賞(ドラマ部門)受賞、第89回アカデミー賞では8部門にノミネートされ(現在、130部門受賞、308部門ノミネート)、世界中から熱狂的な賛辞を贈られている。なぜ『ムーンライト』が世界中を魅了しているのか―。それは、人種、年齢、セクシュアリティを越えた普遍的な感情が描かれているからだ。どうにもならない日常、胸を締め付ける痛み、初恋のような切なさ、いつまでも心に残る後悔・・・思いもよらない再会により、秘めた想いを抱え生きてきたシャロンの暗闇に光がさしたとき、私たちの心は大きく揺さぶられ、深い感動と余韻に包まれる。

◆ストーリー
自分が何者かを探し、そして自分を愛することが出来たとき、初めて誰かを愛することが出来る。
主人公シャロンのあまりに純粋すぎる一途な想いに、世界中が虜になった―最も美しい愛の物語

名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ”とからかわれ、いじめっ子たちから標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だった。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初めてお互いの心に触れることに・・・
>> 続きを読む

    監督・脚本:バリー・ジェンキンス エグゼクティブプロデューサー:ブラッド・ピット キャスト:トレバンテ・ローズ、アッシュトン・サンダース、アレックス・ヒバート、マハーシャラ・アリ、ナオミ・ハリス、アンドレ・ホーランド © 2016 A24 Distribution, LLC 提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ/朝日新聞社 配給:ファントム・フィルム【2016/アメリカ/111分/シネマスコープ/5.1ch/R15+】原題:MOONLIGHT moonlight-movie.jp 配給・宣伝お問合せ:ファントム・フィルム

    ムーンライト の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全23件
    • 3.0 切ない クール

      評価が高い映画ということで視聴しました。
      終始モヤモヤしている感じが僕には心地よかった。
      とても重いテーマを扱っている作品だと思うのでそのモヤモヤのおかけであまり作品にのめり込む事は無かった。
      日本で生きている上で黒人と接する機会は少ないし、ましてやドラッグやLGBT問題と関わるのは本当に少ない。
      マイアミ地区ではこのような問題が日々起きているのか分からないが、自分には知らない世界が改めてあるんだと言うことを突きつけてくれる作品になった。

      またこの作品は3部に別れている。リトル、シャロン、ブラック。この3部に分かれている事によってよりこの映画が分かりやすくなっていたと思う。
      主人公の成長も分かりやすいし何よりも彼の周りの変化がより分かりやすくなった。
      >> 続きを読む

      2019/03/12 by Wolf

      「ムーンライト」のレビュー

    • 3.0 切ない

      時代の変化を写した作品。
      昔からの映画などの印象から、黒人の人はパワフルで力強く活力に溢れているというイメージがありました。しかし、時代は変化し、国家の教会が低くなってきたことに伴って、人種差別などをテーマにした題材も増えてきた。しかし、その時代も通り越し、今は人間皆共通する部分、愛や絆をあえて描く作品が増えている。
      この作品もそう。黒人だからと言って皆が皆パワフルな人ばかりではなく、ときには悲しみのあまり海岸んで涙を流すこともあれば、途方もなくただ夜道をドライブすることもある。でもそこには愛がある。愛に頼ればおのずと道は明るくなるし月はとびきり輝いて見える。

      時代を映すという意味でとても革命的な作品であることは間違いない。見る人によって感じるものの幅はかなり大きく異なるでしょう。

      実際のところ、私にははまらなかった、明らかに普通の映画の作りとは違う。一般的なThree Actの構成はとっておらず、この作品を詩的だと捉える人も多い様でした。
      私にはどうしても、主人公のキャラクターが見えてきませんでした。子供の頃は恐れながらも愛のある方向に歩んでいき、時々見える純粋な心がとても愛おしく思え、ジュールズやテレサの気持ちを感じることができました。しかし、その後主人公が成長していくに連れて、何を求めて歩んでいくのかと探りながら観ていたのですが、キャラクターアークの幅がそこまで大きくなく、映画として物足りなく感じてしまいました。強い感情というのが喧嘩をした時の一瞬だった気がして、自分の波長に合わなかったイメージでした。
      >> 続きを読む

      2019/01/11 by EditTellUs

      「ムーンライト」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない 元気が出る クール

      貧困だとか、黒人だとか、麻薬だとか、セクシャリティだとか、etc...

      さんざん映画に描かれた各種、問題を詰め込んだ1本。
      でも淡々と、ズッシリとくる雰囲気で、静かに諭されるように丁寧に作られた感じが好み。

      佳作である。

      (allcinema)
      貧困地域に生まれた孤独な黒人少年を主人公に、彼が自らのセクシャリティに悩み、自分のアイデンティティと居場所を探し求めてもがき苦しみながら成長していくさまを、少年期、青年期、成人期の3パートに分け、革新的な映像美とともに描き出したヒューマン・ドラマ。第89回アカデミー賞ではみごと作品賞を含む3冠に輝いた。監督は長編2作目の新鋭バリー・ジェンキンズ。
       内気な少年シャロンは、母ポーラと2人暮らしだったが、ポーラは麻薬中毒でほとんど育児放棄状態。学校ではリトルとあだ名され、いつもいじめられていた。シャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友だちだった。そんなある日、いじめられているところをフアンという男に助けられる。以来、フアンとその恋人テレサに我が子のように目をかけてもらい、初めて人の温もりを感じるシャロン。高校生になっても、相変わらずいじめは続いていた。そんな中、唯一の友ケヴィンに対して友情以上の感情を抱き始めていたシャロンだったが…。
      >> 続きを読む

      2018/12/19 by motti

      「ムーンライト」のレビュー

    • 3.0

      アカデミー賞で作品賞・助演男優賞・脚色賞の3部門を獲得した映画。LGBTに対する考え方が変わりつつある今だからこそ、響いたのかもしれない。

      内容は中々の重たさがあり、根底には孤独や戸惑い、苛立ちがゆっくりと流れている。それだけに微かな優しさが愛おしく見えた。

      2018/11/29 by きりゅう

      「ムーンライト」のレビュー

    • 3.0 切ない

      独特な雰囲気を持った作品。色彩感覚とカメラワークが不安定だったところが気になった。

      2018/11/10 by keiki

      「ムーンライト」のレビュー

    もっとみる

    ムーンライト
    ムーンライト

    映画 「ムーンライト」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画