こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

覚悟はいいかそこの女子。

覚悟はいいかそこの女子。
©2018 映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会
©椎葉ナナ/集英社
2018年10月12日
1クリック登録
公開: 2018/10/12
監督:
製作国: 日本
配給: 東映
恋に本気のヘタレ男子は、 かっこ悪くてかっこいい!
失恋から始まる本気の恋! ヘタレ男子の青春恋愛コメディ!!

■ストーリー
幼い頃から女子たちに囲まれる人生を送ってきた超絶イケメンの“愛され男子”古谷斗和(ふるや とわ)。しかし実は、恋愛経験ゼロのヘタレ男子だった!
幼なじみの新見律(にいみ りつ)、澤田惟智也(さわだ いちや)、久瀬龍生(くぜ りゅうせい)と共にDDD同盟を結成し、人生初の彼女をゲットすべく狙いを定めたのは、幾人もの男子たちからの告白を断ってきた難攻不落のクールビューティー・三輪美苑(みわ みその)。ところが、自信満々のキメ顔&壁ドンで告白するも「安っぽい告白」とあっさりフラれる始末。まさかの展開に、プライドズタボロ&現実を受け入れられない斗和は、様々な方法で美苑にアプローチするもまったく相手にされず。
ある日、偶然美苑を救ったことにより2人の距離がちょっぴり縮まり始め、いつの間にか本気で恋に落ちてしまった斗和。しかし、美苑の視線の先にはいつも美術教師の柾木隆次(まさき たかつぐ)がいることに気づいてしまう…。
「カッコ悪いと思われても情けない奴と思われてもいい。あきらめたくない!」初失恋をきっかけに“ヘタレ男子”の本気の恋が動き出す――。
>> 続きを読む

    中川大志 唐田えりか 伊藤健太郎 甲斐翔真 若林時英 / 荒川良々 小池徹平 原作:椎葉ナナ「覚悟はいいかそこの女子。」(集英社マーガレットコミックス刊)  監督:井口 昇 脚本:李 正姫 音楽:KYOHEI(Honey L Days) 主題歌:「ハイビスカス」ナオト・インティライミ(ユニバーサル シグマ)

    覚悟はいいかそこの女子。 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0 笑える

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      典型的な漫画っぽい学園ラブストーリーでなかなか楽しかった。なぜか借金取りがバイト先に現れて働く姿を覗き見ているとか、なぜか女子に振られると突然の雨に降られて風邪をひくとかのご都合主義的な演出や展開は、こういった映画に於いては笑える要素となるのであった。役者さんはやはり荒川良々はちょっと動いただけで面白い。なんなら出てくるだけで笑える。あとは中川大志が案外上手だったこともあって余計に相手役女子と先生役の大根ぶりが際立つような気がしました。なので今夜はぶり大根にします。wowow録画。 >> 続きを読む

      2020/02/04 by オムライス

      「覚悟はいいかそこの女子。」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      中川大志くんの作品を観たくなって、つい手に取り鑑賞。
      突然、教師が出てきたーと思ったら、小池徹平だー!と嬉しくなって観ていたものの、こんなにイケメンで胸キュンしちゃう美術教師っていないわ…と思っていたら……実家に帰るって急だなとあっという間で、もったいない気がした。
      幼なじみ君たちも、名前わからなかったし、最初と最後だけの活躍。
      荒川良々さんもイイキャラしてるんだけど、違和感しかない。全く悪徳業者じゃなさそう。原作が少女漫画だから仕方ない感満載だった。けれど、原作読むと流れは同じだが、設定が結構違う。大人の事情かな。
      へタレというか、なんだろう。。。とにかく、壁ドンや顎クイ詰め込みましたという印象の作品だった。でも、中川大志くんが健気すぎて涙だった。
      >> 続きを読む

      2019/06/06 by ふいり

      「覚悟はいいかそこの女子。」のレビュー

    覚悟はいいかそこの女子。
    カクゴハイイカソコノジョシ

    映画 「覚悟はいいかそこの女子。」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画