こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

バースデー・ワンダーランド

バースデー・ワンダーランド
(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会
4月26日(金)全国公開
1クリック登録
公開: 2019/04/26
監督:
キャスト:
製作国: 日本
配給: ワーナー・ブラザース映画
日本を代表するアニメーション監督・原恵一待望の最新作―
それは、誰にでもある“誕生日”に起こる奇跡の物語。
原監督が抜擢した日本文化へのリスペクト心溢れる新進気鋭のロシア出身アーティスト、イリヤ・クブシノブをキャラクターデザインに、カラフルでワクワクする“不思議な世界”に強引に連れ出される主人公アカネの声優を『万引き家族』など話題作の出演が続く実力派女優、松岡茉優が演じる。あなたの人生を幸せに変える、最高にワンダーで決して忘れられないバースデー・エンターテイメントが誕生した!

■あらすじ
誕生日の前日、自信のないアカネの前に突然現れた謎の錬金術師のヒポクラテスと弟子のピポ。
「この世界を救ってほしいのです」と請われ、強引に連れて行かれたのは<幸せな色に満ちたワンダーランド>!
骨董屋の地下の扉からつながる不思議な国の救世主にされたアカネが、大冒険の果てに下した人生を変える決断とは?
>> 続きを読む

    公式ツイッター:birthdayw_0426 #バースデー・ワンダーランド 原作:柏葉幸子「地下室からのふしぎな旅」(講談社青い鳥文庫) アカネ:松岡茉優  キャラクター/ビジュアル:イリヤ・クブシノブ 脚本:丸尾みほ  監督:原恵一 配給:ワーナー・ブラザース映画

    バースデー・ワンダーランド の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0

      河童のクゥが割と好きだったけど僕としては劇場公開で見に行くタイプのアニメ映画じゃない。
      普段だったらそうなんだけど、松岡茉優がラジオで熱く語ってたんで、彼女のラジオ熱にも一目おくようになったタイミングだったという理由もあり、かえって期待して観てきました。
      期待してしまうとハードルはあがるもんで、良いとは感じなかった(^^;)

      普通!凡作!

      絵柄なんかは今敏みたいにリファインされてるような先入観もあったが、観始めると多少の違和感もあり、そうでもなかったか...

      杏のチィちゃん役は最高ですねw
      アカネ役の声はハマってましたよ。

      まぁ、でも普通。ありきたり。

      (allcinema)
      「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」「百日紅~Miss HOKUSAI~」の原恵一監督が柏葉幸子の名作児童文学『地下室からのふしぎな旅』をアニメ映画化したファンタジー・エンタテインメント。ある日突然、救世主として異世界に連れ出された内気な女の子が、不思議な世界で繰り広げる大冒険の行方をカラフルかつファンタジックに綴る。声の出演は松岡茉優、杏、麻生久美子、市村正親。
       自分に自信がなく引っ込み思案な女の子アカネは誕生日の前日、母に頼まれ、自由奔放な叔母チイが営む骨董屋へとやって来る。すると突然、地下室の扉が開き、大錬金術師と名乗る謎の男ヒポクラテスと弟子の小人ピポが現われ、“私たちの世界を救ってほしい”とアカネに懇願するのだった。いきなりのことに、“できっこない”と拒絶するアカネだったが、好奇心旺盛なチイに促され、半ば強引に連れ出された先は、カラフルで不思議にあふれた異世界“ワンダーランド”だった。しかしいま、このワンダーランドから色が失われようとしていた。なぜか救世主となってしまい、チイやヒポクラテス、ピポとともに、いろとりどりの町を巡りながらワンダーランドの危機を救うべく、思いもよらぬ冒険の旅に出るハメになるアカネだったが…。
      >> 続きを読む

      2019/05/15 by motti

      「バースデー・ワンダーランド」のレビュー

    • 3.0

      児童文学だと最後に知った

      悪くはないけど超王道

      クレしんファンサービスもあり

      2019/05/07 by tky

      「バースデー・ワンダーランド」のレビュー

    • 4.0 笑える ハラハラ 元気が出る

       マニアックな要素は無くて、ディープでコアなアニメファンでなくても安心して楽しめる健全な安全パイ作品です。なので、お子様連れでも、一般女性客でも、安心してご覧になれると思います。

       お話は一種の冒険譚です。主人公の小学生と、仲のいい親戚のおねえさん(大人だけど、かなりの自由人)が、異世界から来た自称・大錬金術師に請われて、その世界を救う小冒険の旅に出るお話。その世界は、大昔には、こちらの世界と似た風だったけれど、「蒸気機関」の発明を契機に、どんどん科学技術が発達し、社会のあり様まで大きく変化してしまった、こちらの世界とは裏腹に、多少の科学技術の発達は見られたものの、錬金術や魔法があったためか、あまり劇的な産業革命にはつながらず、概ねのどかな昔のままの世界を保っている。

       そんな世界で、通過儀礼の一つとしてなのか、雨乞い的な儀式をする定めにある王子がいて、その命がけとも言われる儀式を前に、王子は人形に封印され、封印した大魔法使いは、長期の居眠りの最中で、どうしても目を覚まさない、という(笑)。剣呑なのか、のどかなのか、よくわからない世界観が愉快です。そんな中、甲鉄の装甲を施した、蒸気機関の怪しいメカを操る怪人と、その弟子らしき、小魔法使いのコンビが、あちこちを荒らしていて、主人公たちにも絡んで来る。そして、彼らはどうやら、その儀式の妨害を企てているらしい。

       果たして、主人公らは、怪人の妨害を退けて、異世界の様々な障害を切り抜けて、無事、王子らを助け、儀式を成功させて、この世界を救うことができるのか?
      >> 続きを読む

      2019/05/02 by ぴぐじい

      「バースデー・ワンダーランド」のレビュー

    バースデー・ワンダーランド
    バースデーワンダーランド

    映画 「バースデー・ワンダーランド」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画