こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

夜に生きる

LIVE BY NIGHT
夜に生きる
© 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
5月20日(土)、丸の内ピカデリー 新宿ピカデリー他全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2017/05/20
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画
『アルゴ』(2012)でアカデミー賞R、ゴールデン・グローブ賞などで映画賞を独占し、全米では“ポスト・イーストウッド”と称されるベン・アフレック監督最新作。
舞台は禁酒法時代のボストン。野心と度胸さえあれば権力と金を手に入れられる狂騒の時代。厳格な家庭に育ったジョーは、警察幹部である父に反発し、やがてギャングの世界に入りこんでいく。ある日、ジョーは対立組織のボスの恋人エマと出逢ったことでジョーの人生は激変する。欲しいものをすべて手に入れるためには、ギャングとしてのし上がるしかない。禁断の愛と欲望、裏切りと復讐──そのすべてを手に入れ、すべてを叶えるために、“夜に生きる”と決意した男の極上のクライム・エンターテインメント!
原作は「ミスティック・リバー」のデニス・ルヘインの同名小説。全米でベストセラーを記録した傑作クライム小説。
製作はオスカー俳優のレオナルド・ディカプリオが務める。
>> 続きを読む

    夜に生きる の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 3.0

      これまでベン・アフレックが監督した3作は尻上がりに評価を上げていたが、4作目にして初の停滞になったように感じる。

      舞台はまたしてもボストンであり、警察一家に生まれたジョーは厳格な父に反発しギャングとして生きることに。
      報復の末大物ギャングに見込まれ、ジョーはのし上がっていく。

      禁酒法時代にギャングがのし上がるという時代は、利権の争いによって血で血を流す状態。
      よっていかに裏をかくのかが焦点になる。

      ベン・アフレックはさすがの演出力で、あっという間にその時代に連れていく。
      アクションも秀逸であり、ぐいぐい引き込んでいく。

      しかしこのジョーという人物をベン・アフレックが演じる意味があるのだろうか。
      若者がのし上がっていくという物語だが、ベンはもう40を超えており登場時から中堅どころという風格。

      もはや自分が出演しなくてもいいのだから、いずれはクリント・イーストウッドのようにカメラの後ろ側に回る余裕を見せてほしい。
      >> 続きを読む

      2017/05/29 by オーウェン

      「夜に生きる」のレビュー

    夜に生きる
    ヨルニイキル

    映画 「夜に生きる」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画