こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

TRUMBO
ジャンル: ドラマ
公開: 2016/07/22
製作国: アメリカ
配給: 東北新社 Presented by スターチャンネル

    トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 5.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      第二次世界大戦後、アメリカでは共産主義排斥活動、いわゆる“赤狩り”が猛威を奮っていた。

      その理不尽な弾圧は、ハリウッドにも影響を及ぼし、売れっ子脚本家ダルトン・トランボは、下院非米活動委員会への協力を拒んだことで投獄されてしまう。

      出所後、愛する家族のもとへ戻ったものの、ハリウッドでのキャリアを絶たれた彼に、もはや仕事はなかった。
      それでも決して弾圧に屈しないトランボは、ひそかに脚本を執筆し、友人に託した「ローマの休日」や、偽名で執筆した「黒い牡牛」でアカデミー賞を受賞。

      やがてトランボに賛同する映画人が現われ、彼は力強く再起への道を歩み始めるのだった--------。

      冷戦の影響による、ハリウッドの赤狩りと闘った名脚本家ダルトン・トランボの半生を描く映画「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」。

      この作品は、ハリウッド・テンの中でも有名なトランボの伝記映画だが、赤狩りと闘った偉人というより、夫、父親としての側面を強調しながら、決して声高ではなく、天才脚本家の反骨を描いている。

      ワーカホリックで、かなりの変人だったトランボは、家族に強引に役割を分担させるなどワンマンな一面も。
      そんな彼を時に励まし、時に諫めたのが賢妻のクレオだった。

      劇中には、実名でハリウッドスターや映画人が数多く登場するが、ヒステリックな赤狩りの象徴的人物で、人気ゴシップ・コラムニストのヘッダ・ホッパーを、ヘレン・ミレンがさすがの演技力で怪演している。

      個人的には、同じ怪演なら、B級映画専門のキング・ブラザース社のフランク・キングを演じたジョン・グッドマンが醸し出す、無骨だが映画を愛する映画屋魂に痺れた。

      無論、劇中に描かれるエピソードは、全てが真実ではないだろう。
      だがこの映画は、異なる意見や思想を弾圧する不寛容、裏切りや密告から生じる憎悪を、もう二度と許してはいけないとのメッセージを鮮明に発している。
      そして、当時のニュース映像と劇映画のドラマを巧みに組み合わせた演出も見事だ。

      トランボを演じるブライアン・クランストンのいぶし銀の演技の真骨頂は、ラストの慈愛に満ちたスピーチに現われている。

      弾圧の被害者だった怒りや、自分を売った人々への憎しみではなく、赦しに満ちたトランボは、アメリカの暗部である赤狩りを、客観的な目で描くこの映画に相応しい人物像だ。

      大人の映画ファンに薦めたい秀作ですね。
      >> 続きを読む

      2021/03/16 by dreamer

      「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のレビュー

    • 3.0 泣ける

      『「ローマの休日」を生み出した脚本家の真実の物語。』
      大好きな映画なのでそんなコピーにされては自然と手が出てしまいます。

      ハリウッドで巻き起こった排斥運動とそれに立ち向かった映画人達。あの映画の誕生の裏にこんな真実があったのかと初めて知る。

      演説は泣けたしドラマ性の高い内容だが、やはり映画として面白いというより伝記としての面白さだったので星は3個。

      2017/11/10 by ybook

      「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のレビュー

    • 4.0 元気が出る

      何の予備知識もなく借りた作品だったが知らなかった映画歴史の事実にびっくりした。
      まさに人生はドラマと思い知らされる作品。
      最後のクレジットで、トランボが娘に対して語るシーンは泣けた。

      2017/10/08 by キトー戦士

      「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のレビュー

    • 4.0

      「ローマの休日」を書いた脚本家、ダニエル・トランボ氏の不遇を描いた作品。予告編とタイトルから連想してトランボ氏が非常に気難しい人物なのかと思いきや、非常に多彩な映画の話を生み出す才能にあふれた人物であることを実感した。そして、自己の主義主張の為、不遇な生活を余儀なくされたが、その間の生活は、家族の協力が無かったらとても生活ができなかったことも実感させられた。トランボ氏が関わった作品は「ローマの休日」だが、その他にもあるようなので、探して鑑賞してみたいと思う。感想はこんなところです。

      2017/08/16 by おにけん

      「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のレビュー

    • 3.0 元気が出る

       4,50年代の映画に明るければもっと楽しめただろう作品だった。知識が無くこの作品を十二分に楽しめたわけではないので詳細な言及は避けるが、伝記映画独特の爽快感はしっかりと味あわせてくれる。
       史実を基にしていながら先の読めない展開は長所かもしれないが、当時の映画界に明るくない人物向けにわかりやすい説明を加えてくれていても良かったのではないかと言う点は不満点であった。

      2017/05/29 by answer42

      「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のレビュー

    もっとみる

    トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
    トランボハリウッドニモットモキラワレタオトコ

    映画 「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック