こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

フォードvsフェラーリ

FORD V. FERRARI
フォードvsフェラーリ
ⓒ2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
2020年1月10日(金)全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2020/01/10
製作国: アメリカ
配給: ウォルト・ディズニー・ジャパン
1966年のル・マン24時間耐久レースを舞台に、連覇を続けるフェラーリにフォードが挑んだ実話。

    フォードvsフェラーリ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全10件
    • 5.0 泣ける 切ない ハラハラ クール

      結構長い映画なので、中だるみしたんですが、後半釘付けになりました。
      ルマン・・・一度は行きたいと思ってるんですよねぇ。後半のレースの盛り上がり見てたら、F1観戦してた頃を思い出しました。オイルの匂いの中で、チーム一丸となって盛り上がるあの雰囲気。鳥肌もんなんですよねぇ。。。
      これ、ほぼほぼ実話なんですね。久しぶりにワクワクする映画でした。

      2021/04/14 by mika

      「フォードvsフェラーリ」のレビュー

    • 4.0

      19年、原題:Ford v Ferrari

      現場派と組織派の戦いっぽい内容だったというか、フォードvsフォード、キャロル(マット・デイモン)&ケン(クリスチャン・ベール)と言ったほうが中身が伝わりやすそうというか、タイトルで想像してたのと中身は少し違ってた。でもそれで楽しくないかっていうと、むちゃくちゃ面白かった。こんなに笑うとは思わなかったし。興味のある役者さんが1人でもいるなら、中身に興味がなくても見て損はない作品だと思います。ジャンルも中身も興味ない(すみません)自分でもめちゃくちゃ楽しめましたので。いちおうご報告までに。

      レースは過度にスリル満点ってわけじゃなく、たぶん淡々としてるほうだと思うけど、タイヤやガソリンの匂いが漂ってきそうな五感に訴える感じで、次の瞬間にも事故るんじゃないかって描写が怖かった。前方に煙があったり雨の時とか。
      視点に偏りがあるようにも感じるけど、キャロルとケンの2人の物語だと思えば、まあいいのかなあ。

      びっくりするくらい展開が早い場面があったかと思えば、ときどき「この場面こんなに長いのか」ってシーンが挟んであって、その妙な間がめちゃくちゃ楽しかった。マット・デイモンの戸惑ってそうな顔の時の沈黙ってなんであんなに面白いんだろう。あと個人的にクリスチャン・ベールに初めて好感を持ちました。あんまりこの方の作品は見てないんだけど。ジョン・バーンサルはもうちょっと見たかったなあ。
      >> 続きを読む

      2020/08/23 by yaki-soba

      「フォードvsフェラーリ」のレビュー

    • 4.0

      あ、コレ面白い(笑)楽しくて悔しくて熱い話でした!実話という事で、結果が分かってるけど、でもついつい頑張れって応援しちゃう( ̄▽ ̄)

      2020/05/09 by あっちゃん

      「フォードvsフェラーリ」のレビュー

    • 0.0

      ジェームズ・マンゴールド監督作品。

      良質な人間ドラマを撮る職人肌の監督というイメージ。『ウルヴァリンSAMURAI』と『ローガン』は、まあ、さすがにアメコミアクションは向いていなかったかということでしょう。

      本作は、そんなマンゴールド監督が久々に本領を発揮した(?)実話に基づく(かなり盛ったり、省略したりしてるのでしょうが)レース映画。

      ハリウッド娯楽作品の良いところは、どんな題材を扱おうが、誰にでも楽しめるよう、わかりやすく料理してくれるところ。逆にいうと、通好みではないし、オタク向けでもない。

      自分のように映画ファンではあっても、車に興味なく、レースの知識もない人の方が、却って楽しめるんじゃないのか。へーって。

      映画ファンって、映画を通じて、にわか○○ファンになる。

      わかりやすい構図と共感を呼びそうな設定、家族、友情、成功、挫折、カーレースのドキドキハラハラ、「いやあ~映画ってほんといいものですね」と故水野晴夫さんに倣っていいたくなるような作品であった。

      それにしても、マット・デイモンはまったくいつもと同じで(よく言えば)自然体なのであるが、クリスチャン・ベールは、体型・姿勢・アクセントまで気合い入りまくり!

      『バットマン』マッチョ→『アメリカンハッスル』ハゲ・デブ→『マネーショート』ヤセ→『バイス』デブ……。

      アジア人の役はアジア人に、と言われております。だとしたら、イギリス人の役はイギリス人に、デブの役はデブに、ハゲの役はハゲに…と思わないでもない。

      いやいや、役者のパフォーマンスも、映画の楽しみの一つですよね。
      >> 続きを読む

      2020/04/10 by かんやん

      「フォードvsフェラーリ」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ 元気が出る

      劇場で鑑賞。
      予告編を見たときは、クリスチャンベイルがメカニック役でマットデイモンがレーサー役として二人でフェラーリに挑むと勝手に想像していたが、実際はクリスチャンベイルがメカニック兼ドライバーという予想外の展開。しかしこれがこの映画をありきたりな映画とは異なるものにしてくれている。

      また、巨大企業だが大衆車のフォードが、少量生産の芸術品と言えるフェラーリを打倒しようと全力で挑むというシチュエーションが面白くないはずがない。これが史実に基づいているというから驚きだ。

      人物描写もフォードの副社長がめっちゃムカつく役を演じ、次々と嫌がらせをしてくる。思わず主人公たちに頑張れと肩入れしてしまった。 >> 続きを読む

      2020/02/08 by takenuma

      「フォードvsフェラーリ」のレビュー

    もっとみる

    フォードvsフェラーリ
    フォードブイエスフェラーリ

    映画 「フォードvsフェラーリ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画