こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

リメンバー・ミー

COCO
リメンバー・ミー
(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
(C)2018 Disney. All Rights Reserved.
3月16日(金) 公開
1クリック登録
公開: 2018/03/16
製作国: アメリカ
配給: ディズニー
“家族の絆”に感動の涙―
「たとえ離れても、忘れない。それは、家族とつながり」

“家族に音楽を禁じられた少年”ミゲルと“陽気だけど孤独なガイコツ”ヘクター

「家族はいつも大切に思っているという」誰もが共感できるメッセージに、誰もが涙してしまう!

『トイ・ストーリー3』のスタッフが贈るディズニー/ピクサー最新作登場!

<ストーリー>カラフルな死者の国に迷い込んだ、ミュージシャンを夢見る少年ミゲル。唯一の頼りは、家族が恋しいガイコツのヘクター。日の出を過ぎたら永遠に家族と会えなくなる、絶体絶命のふたり──彼らと家族をつなぐ鍵は、ミゲルが大好きな名曲“リメンバー・ミー”に隠されていた…。
>> 続きを読む

    監督:リー・アンクリッチ 共同監督:エイドリアン・モリーナ 製作:ダーラ・K・アンダーソン 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン ©2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. 公式サイト:disney.jp/Remember-me

    リメンバー・ミー の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全15件
    • 4.0 笑える ハラハラ 元気が出る

      さすがピクサー!としか言いようがありません。
      エンターテイメント作品としての完成度と満足度が高い!
      今回はタイトルとポスターアートだけしか頭に入れないまま鑑賞しましたが、それでも鑑賞後にはあらすじを簡潔に伝えれるくらいストーリーがシンプルで気軽に観れるのはさすがです。

      【中盤で一旦安心させてからの更なるピンチと急展開】というのはピクサー作品でもよくあるパターンで、今回も先に予想はしてしまったが、それを一切退屈に感じさせない細部までこだわった脚本と映像のクオリティの高さは毎回感心させられる!

      公開規模もだいぶ縮小していますが、劇場は家族連れの方が沢山いらっしゃってとても混んでいました!劇場内の雰囲気も良くて楽しめました! >> 続きを読む

      2018/04/30 by YOU

      「リメンバー・ミー」のレビュー

    • 4.0

      吹替しかなかったのが残念だった…けれど吹替もとても良かった!予想してたより良かった、泣かされた
      年々、こういう家族愛系の話に弱くなっている
      カラフルでメキシコの音楽と街並みが楽しくて、死者の国があんな風なんだったら死ぬのも悪くないなーって思わされました
      音楽嫌いの家族の元に生まれたミゲルは本当は音楽が大好き、自分はミュージシャンだと思っている
      そしてある時気づく
      自分の曾々祖父はメキシコの偉大なるミュージシャンだったことを
      やっぱり自分には音楽の血が流れているんだと思い、死者の日のお祭りでギターを弾くことを決心する
      しかし死者の国に迷い込んでしまった
      家族の音楽嫌いの理由、そして曾々祖父だと思っていた偉大なミュージシャンの罪、本当の偉大なミュージシャンは?ミゲルは生きてる世界に帰れるのか
      あらすじも知らずに観たので真っ直ぐな気持ちで観れた
      >> 続きを読む

      2018/04/29 by tomi

      「リメンバー・ミー」のレビュー

    • 3.0 泣ける

      カラフルな映像、陽気な音楽、魅力的なメキシコの文化、かわいらしいキャラクター…どれをとっても素晴らしいアニメです。
      ストーリーやセリフは心に沁み、涙があふれてきます。
      お子さんや若い人にはぜひおすすめしたいです。

      (以下、かなり偏った私的な感想なので、ご注意)







      でも、私はこの映画をあまり手放しで絶賛できないのです。
      涙はたくさん出たけれど、「感動した」とは思いません。
      (そもそも「涙」=「感動」というわけでもないし)
      この映画は、「うん、家族は大事だね。私もこれからおばあちゃんのこと大切にする。おばあちゃんが死んでも絶対忘れないからね」と素直に感動する子どもや若い人向けなのでしょう。
      この映画では家族にかかっていた「呪い」が解ける様子が描かれていますが、私にはむしろ、この映画が「呪い」のように思えました。
      「写真を祭壇に飾ってもらえないと…」
      「覚えてくれている家族がひとりもいなくなると…」
      これ、見る人によっては「呪い」になると思いません?
      私には子どもがいないのでそう感じるのかもしれませんが。
      また、「お盆」を想起させる家族イベントの話、楽しめない「嫁」も結構いるのですよ…。

      ところで、主人公ミゲルの家族、母系家族なのですね。
      ミゲルは将来、この家族の祭壇に写真を飾られることになるのか、それとも妻の家族の一員になるのか、あるいは両方の家で記憶を伝えられていくのか、興味がわくところです。
      >> 続きを読む

      2018/04/23 by napo

      「リメンバー・ミー」のレビュー

    • 5.0

      我が第二の故郷
      市場の鮮やかな雰囲気や土煙の舞いそうな道など、細かいところが本当に当時自分が居た頃のメキシコを思い出させる。
      円盤欲しい。

      2018/04/09 by esturb

      「リメンバー・ミー」のレビュー

    • 3.0

      これほど死者ばっかりが出てくるアニメもそうそうないが、ピクサー印の面白さは保証できる。

      ミゲルの音楽への情熱に対し、家族は封印しろとばかりに禁止の言葉。
      死者の日にミゲルがミュージシャンでもある故デラクルスのギターに触ってしまい、死後の世界へと迷い込む。

      死者が現世に帰ってくるというのは、日本でもお盆があるから共感は容易。
      そこに対し映画は生前の写真が無ければ、死者の日に現世に戻れないという制約を付ける。
      これがミゲルの家族の問題に結びつく。

      やりたいこと伝えたいことは分かるが、そのための描き方が幼いのは気にかかる。
      前半1時間くらいは遊びが多く、世界観にのめり込むのに時間が掛かった。

      特に苛立つのが音楽禁止をこれでもかと押し付けてくる婆さん。
      その理由が浅いため、なぜこれほど声高に禁止を叫ぶのか意味が分からない。

      敵の扱いも予想がつくし、フォローがまるでないのもいかがなものか。
      総じてレベルは高いんだけど、粗が幾つか見えるのはピクサーらしくないのが残念だ。
      >> 続きを読む

      2018/04/06 by オーウェン

      「リメンバー・ミー」のレビュー

    もっとみる

    リメンバー・ミー
    リメンバーミー

    映画 「リメンバー・ミー」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画