こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ジュラシック・ワールド/炎の王国

JURASSIC WORLD: FALLEN KINGDOM
ジュラシック・ワールド/炎の王国
© Universal Pictures
7月13日(金)全国超拡大ロードショー!
1クリック登録
公開: 2018/07/13
製作国: アメリカ
配給: 東宝東和
遂に、シリーズ待望の最新作が幕を開ける!

『ジュラシック』シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、待望のシリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が
7月13日(金)に日本上陸!

    ジュラシック・ワールド/炎の王国 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全32件
    • 3.0

      なんかダッサイサブタイトルだねぇと思ってたらまさかのサブタイ詐欺には少し驚きました.こんばんわ三遊亭呼延灼です.
      いったいいつまでコントロールが不安定な生物兵器ネタを使うつもりなんでしょうね.さすがにちょっとゲンナリいたしました.そんな不確かなものよかクローン人間の臓器売買のほうがよほど安全で恒久的な商売になると思うのは私だけなんでしょうか.
      ゲンナリついでに言うと吹替ですが玉木宏/木村佳乃/満島真之介だったそうですね.吹替版は未視聴なので評価は保留いたしますが,いったいいつまで吹替実力が不明の芸能人を使い続けるつもりなんでしょうね.もうモンスターVSエイリアンのベッキー悲劇は繰り返しちゃダメです!
      悲劇といえばジアです.メガネONだと超かわいかったジアが終盤メガネOFFだと・・・まさに悲劇.腕のタトゥーがいい感じだっただけにその落差で電力を生み出せるんじゃないかと思うほど.リブートゴースト・バスターズのマッキノンを彷彿とさせてすごく喜んだんですよ.あたしの高揚感を返してください!
      物語ですか?箱庭RPGがオープンワールドRPGに変わったって解釈でよろしいのではないでしょうか.もっともあの個体数で種の存続は不可能でしょうけど.なんか結局クリ・プラの「待て!」がやりたかっただけなんじゃねの?と思ったのは下衆の勘繰りでやんすかしら??
      >> 続きを読む

      2019/01/07 by 叡福寺清子

      「ジュラシック・ワールド/炎の王国」のレビュー

    • 2.0

       前作とロストワールドを足して3で割ったような作品。鑑賞していて、既視感だらけなのはいただけない。
       一応新要素としてインドラプトルが居るが、「僕の考えた最強の恐竜」感が強く、没入は不可能だった。この手のSF映画にありがちな遺伝子工学の誤用と研究者倫理の無視ばかりであり、如何ともしがたい。
       登場人物の心情描写もあまりに希薄。各人の行動に対する理由付けがうまくなされておらず、全員行き当たりばったりで動いているようにしか見えない。
       唯一良かった点は後半のホラー描写か。今まで大味にしかならなかった恐竜描写を捨てたことは大きく評価できる。ロストワールドでは舞台がアメリカになった所からつまらなくなったが、本作は現代アメリカの豪邸内に空間を絞る事で全く新しいテイストから物語を楽しめるようにしている。この思い切りの良さは買いたい。 >> 続きを読む

      2018/12/17 by answer42

      「ジュラシック・ワールド/炎の王国」のレビュー

    • 0.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      もはやマンネリ化して、ワンパターンになったこのシリーズ。とはいえ、でかい動物や怪物に人が食べられる映画は、大好物なので観ない手はない。それに恐竜が好きじゃない人なんているのか?

      さすがに作り手もこのままじゃヤバいと思ったのだろう、舞台は恐竜パークから離れてアメリカ本土へ。ん?そういえば、2でも本土へ渡ったよね…

      しかし、ちょっとビックリするような結末が待っていた(ここで原題の意味が明かされる。『炎の王国』じゃ伝わらない)。ラストのヒロインの選択にどうにも得心がいかない。マンネリ打破のためだけのこの無理矢理感が、次作にどうつながるんだろう?

      それはさておき、基本的に人(主に悪人)が色んな恐竜に色んな風に食べられるのを楽しむのが、このシリーズの醍醐味。そこのところの演出は、さすが『永遠の子どもたち』の監督だなあとは思うけれど、悪人ばかりじゃつまらない(たしかに胸はすく)。この人には死んで欲しくないと思わせるキャラがいてこそ、ハラハラするんだけどなあ。主役のふたりは絶対助かるとわかってるわけだし。

      なんだかんだいっても、堪能したので、次回作が楽しみだ。
      >> 続きを読む

      2018/12/07 by かんやん

      「ジュラシック・ワールド/炎の王国」のレビュー

    • トビー・ジョーンズって、小さいけれど、存在感はとても大きな役者だ。彼の演技に釘付けになる。 >> 続きを読む

      2018/12/07 by かんやん

    • 3.0 ハラハラ

      迫力満点で、観終わったら疲れてました(苦笑)
      恐竜の売買っていうのが、なかなか面白い発想ですよね。
      十分見応えありますよ。

      2018/11/20 by mika

      「ジュラシック・ワールド/炎の王国」のレビュー

    • 3.0

      いまだに付き合ってくれるジェフ・ゴールドブラムはいい人だ。
      前作で「今の子供は恐竜を見ても驚いてくれない」というパークスタッフのセリフがあったが、それはこの映画シリーズの現状を言った言葉でもある。
      もはや映像で「驚かす」ことはできない。じゃあどうする?
      というわけで新たにドラマ性を増してみせたのが本作だ。
      ポイントは毎回必ず登場する子供キャラにキャーキャー騒いで観客を煽る以上の意味を持たせたことだ。
      ある意味リアルなこの設定によって映画と現実の距離がぐっと縮まり、気持が入り込んで観れるようになった。
      次のストーリー展開が気になるのはシリーズで初めてだ。

      ところで字幕について。意訳のし過ぎは観客の興を削ぐとわかってほしい。明らかに「このセリフ、そういう気持ちかなあ。そうだとしてもストレートに言葉にしないことにも意味があるんじゃ?」というシーンもあった。わかりやすくしようとばかりしないでほしい。字数との兼ね合いもあるだろうけど、直訳から人物の心情を推し量るのも映画を観る楽しみのうちだ。
      >> 続きを読む

      2018/09/13 by つらら

      「ジュラシック・ワールド/炎の王国」のレビュー

    もっとみる

    ジュラシック・ワールド/炎の王国
    ジュラシックワールドホノオノオウコク

    映画 「ジュラシック・ワールド/炎の王国」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画