こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ミッドウェイ

MIDWAY
ミッドウェイ
©2019 Midway Island Productions, LLC All Rights Reserved.
9月11日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー!!
1クリック登録
公開: 2020/09/11
製作国: アメリカ
配給: キノフィルムズ/木下グループ

    ミッドウェイ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 2.0

      あのエメリッヒがミッドウェー海戦を描くのだから、トンでもな映画が出来ると誰もが信じていた。
      ところが中身はかなり普通であり、他のエメリッヒ作品よりまともである。
      しかしエメリッヒに求めるのは、そういうものではない(笑)

      海上戦は最初こそ面白そうに映るが、何度も同じ戦いになるので、次第に飽きてくる。
      結局のところアメリカが勝利する戦いだが、日本軍も意外なほど真面目に描かれている。

      ただ日本がアメリカを称えるシーンがあるが、アメリカは徹底的に日本を揶揄するしかないというのは所詮アメリカ側から描いたためであり、エメリッヒはイーストウッドとは似ても似つかないのだ(笑)
      >> 続きを読む

      2020/09/25 by オーウェン

      「ミッドウェイ」のレビュー

    • 4.0

       まず一言、エメリッヒはパニック映画を作れよ!!


       本作は太平洋戦争の転換点、ミッドウェー海戦を描く。
       真珠湾攻撃の奇襲のあと、連合艦隊は姿を消した。
       日本海軍の空母四隻は太平洋上のどこにいるのか。
       
       アメリカ海軍の情報将校の暗号解析により、ミッドウェー近海にいることが予測された。
       当時の軍事力では日本のほうが性能が上回っていた。
       これを覆す戦闘力のために爆撃攻撃隊が空母を飛びたちミッドウェーに向かった。

       太平洋戦争の戦犯と言えば、陸軍は東条英機、辻正信、牟田口廉也あたりで、海軍のそれは南雲忠一が筆頭に上がる(と思っている)。
       結局、何がしたかったんや、このオッサン。
       空母飛龍と運命を共にする山口少将、加来艦長の最期「月見がしたいですな」が印象的。
       
       対してメリケンサイドのハルゼー長官、ニミッツ提督あたりのキャラクターがよくわからんのだ。

       
       大事なことなのでもう一度言うけど、エメリッヒはパニック映画作れよ。
      >> 続きを読む

      2020/09/16 by ホースケ

      「ミッドウェイ」のレビュー

    ミッドウェイ
    ミッドウェイ

    映画 「ミッドウェイ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画