こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

未来のミライ

未来のミライ
(C)2018 スタジオ地図
全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2018/07/20
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
ボクは未来に出会った。

『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』細田守監督最新作!

【ストーリー】
とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。
ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。
両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。
そんな時、くんちゃんはその庭で自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、
未来からやってきた妹、ミライちゃんと出会います。
ミライちゃんに導かれ、時を越えた家族の物語へと旅立つくんちゃん。
それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。
待ち受けるみたこともない世界。
むかし王子だったと名乗る謎の男や幼い頃の母、
そして青年時代の曽祖父との不思議な出会い。
そこで初めて知る様々な「家族の愛」の形。
果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?
ミライちゃんがやってきた本当の理由とは――
>> 続きを読む

    【キャスト・スタッフ】 声の出演 上白石萌歌 黒木華 星野源 麻生久美子 吉原光夫 宮崎美子 役所広司 監督・脚本・原作:細田守 作画監督:青山浩行 秦 綾子 美術監督:大森 崇 高松洋平 音楽:高木正勝 オープニングテーマ・主題歌:山下達郎 企画・制作:スタジオ地図

    未来のミライ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全19件
    • 2.0

      観る人を選びそうだなぁー。
      家族から巣だって、自分の家族を持った人には共感されるかもね。
      過去から今、今から未来、未来からそのまた未来へ。家族(血族)のリレー。
      監督はきっと素敵な家族をお持ちなのだろう。
      幸せ自慢映画を見せられた気分になるのはなぜだ?

      でもひぃじいじと未来のくんちゃんがカッコ良すぎて、プラマイゼロなのだけどね。笑 >> 続きを読む

      2018/09/26 by mariko

      「未来のミライ」のレビュー

    • 5.0 泣ける 笑える ハラハラ 元気が出る

      細田守監督作品は、どれとも相性がいいので、今回も楽しみにしていました。例によって家族をテーマにしたお話。どうしても、細田作品は『サマーウォーズ』こそが至高という皆さんにはウケが悪いと聞いておりますが、私は『時かけ』や『サマーウォーズ』も好物ですが、『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』も大変気に入っている方ですので、本作も期待していました。それで、その期待には充分応えてくれたように思います。

      序盤のお雛様お片付け大作戦に、心の中でどきどき、はらはら、そして大笑いさせてもらって、幼少期の母親との共闘や、「ひいじいじ」との邂逅にもニヤリとさせられ、クライマックスの、あれは未来の東京駅なのか、異界の東京駅なのか、とにかく謎の東京駅と地下深くの怪しい新幹線ホームでの出来事も、その後の展開と締めくくり方も、とても良かったと思います。

      本作に懐疑的な知人は、細田監督の作品は、テーマが段々と私的で、一般人にはどうでもいいものに矮小化というか、縮小再生産というか、段々と縮んでいるんじゃないか、という趣旨を申しておりました。なるほど、今回のテーマは、ちょうど子育ての苦労を味わった直後の、細田監督のとても私的な想いなどが強く反映された作品かな、とは思います。それと、そうした監督の実体験が、作品によく活かされていたんじゃないかと。その分、家族や夫婦の描き方に厚みや深みが出て来た気がします。おそらくリアリティも増しているのでしょう。

      主題歌を担当された山下達郎さん。特にヒイキにしてはいないどころか、ああ、こんな人もいたな、という程度の認識でしたが、本作に関しては、その雰囲気というか、気分にうまくマッチしていたと思います。主人公くんちゃんの声、(専門の声優さんではなく)若手女優さんが担当されていました。最初は、どう聴いても、男の子じゃなくて、若い女性の声だなぁ、としか思えませんでしたが、終盤のクライマックスまでには、気にしなくなっていました。

      アニメーションらしい映像表現も多々ありましたし、SFタッチというか、ファンタジー調というか、そんなストーリーに合った映像だったように思いました。現在、過去、未来と、お話の舞台がタイムスリップするのですが、私はその辺、混乱せずについて行くことができました。私はとても満足しております。
      >> 続きを読む

      2018/09/23 by ぴぐじい

      「未来のミライ」のレビュー

    • 3.0

      まわりから「くんちゃんがウザい」とか「声優が合わない」とか聞いてたけど気にならなかった

      近未来の東京駅とかも視覚的によかったけど前半の日常シーンのほうがなんか引き込まれた

      伝えたいことはわかるし家族の話は好きなんだけど、おおかみこどもやバケモノみたいにじわじわきたりグッときたりはしなかった

      2018/09/18 by tky

      「未来のミライ」のレビュー

    • 確かに、グッと来るのは、おおかみこどもやバケモノの方かも知れませんね。

      2018/09/23 by ぴぐじい

    • 2.0

      細田監督の家のホームビデオを観せられているような気分になる映画。

      まぁ監督というのは自分の趣味嗜好、日常などを作品に入れるのは
      よくあることなのでいいのだが、その分内容はおもしろくなければいけないと思う。

      自分の感じたおもしろかったこと、感動したことなどを全く
      関係のない赤の他人にわかってもらうためにとにかく上手く観せなければ
      いけないんだが、今回の作品はそれができていなかった。

      未来ちゃんが出てきて、いつになったら大冒険が始まるのか、
      この作品のヤマが来るのか、ずっと待っていたらいつの間にか
      2時間たっていた。こんなに映画が終わるのが早く感じたのは
      初めてで、それもおもしろくてじゃなくておもしろくなるのは
      いつなのか、待っていたら終わってしまったという。

      くんちゃんの成長した姿がけっこうイケメンだったんで
      もうちょっと見ていたかった。
      >> 続きを読む

      2018/08/18 by yui

      「未来のミライ」のレビュー

    • 3.0

      夏休みのファミリー向け娯楽映画としてはこれでいいのかもしれないけれど、映画としての完成度はイマイチ。

      なによりストーリー展開にメリハリがなく、ラストの駅のシーンまでほとんど物語が動かない。

      退屈すぎて劇場内を走り回る子供が続出。

      私の隣りに座っていた小学校低学年位の男の子は、上映開始後も「いつ映画始まるの?」と母親に何度も訊いていた。

      ただアニメ的な視覚的快楽はかなりあるし、音楽もいい。

      脚本と物語の構成がダメなのが本当に残念だと思った。
      >> 続きを読む

      2018/08/15 by nekomaro

      「未来のミライ」のレビュー

    もっとみる

    未来のミライ
    ミライノミライ

    映画 「未来のミライ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画