こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

億男

億男
(C)2018映画「億男」製作委員会
全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2018/10/19
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
監督:大友啓史×原作:川村元気
お金とは?幸せとは?今を生きる人々にその価値観を問う新感覚マネーエンターテインメント!
佐藤健×高橋一生ら豪華キャスト陣がお金をめぐって大冒険!

■ストーリー
兄が3,000万円の借金を残して失踪して以来、図書館司書の一男(佐藤健)は、夜もパン工場で働きながら借金を返済している。妻・万佐子は度重なる借金の返済に苦心し窮屈に生きることしか選んでいない一男に愛想を尽かし、離婚届を残して娘・まどかと一緒に家を出てしまうのだった。そんな踏んだり蹴ったりの一男だったが、突然宝くじが当たる。
当選金額3億円!
これで借金を返せるだけでなく、家族の絆を修復することができるはず。だがネットを見ると、宝くじの高額当選者たちはみな悲惨な人生を送っているという記事ばかり・・・。怖くなった一男は、大学時代の親友であり、起業して億万長者となった九十九(高橋一生)にアドバイスを求めることにする。久しぶりの再会と九十九プロデュースの豪遊に浮かれて酔いつぶれた一男が翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は姿を消していた――。

3億円と親友のゆくえを求めて、一男のお金をめぐる冒険が始まる!
>> 続きを読む

    佐藤健 高橋一生 黒木華 池田エライザ / 沢尻エリカ 北村一輝 藤原竜也 原作:川村元気『億男』 監督:大友啓史  脚本:渡部辰城 大友啓史   音楽:佐藤直紀

    億男 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 4.0 クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      【ララポート横浜 TOHOシネマズ/億男/2018年11月30日金】

      お金さえあれば何でも出来るし、大体のことは解決もする。
      果たしてほんとにそうなのか?

      もし、宝くじが当たったらあれもして~これもして~、、、
      夢のようなことを回想してしまうが、実際当たったら
      どうしていいかわからないだろうなぁと思ったりした。

      一時、消えた3憶。自身を見失ってほしくないということなのだ。

      ラストの万佐子のあの笑みの意味は?やっぱりお金はスキ?アハハ(^o^)丿
      >> 続きを読む

      2018/11/30 by eeko

      「億男」のレビュー

    • 4.0

       お金って何だろう。

       川村元気原作小説の映画化。
       借金三千万円を抱えて、妻子と別居中の一男。
       ある日、近所の商店街のくじ引きの景品にもらった宝くじで三億円が当たる。
       急に転がり込んできた大金を前にして困り、大学時代の親友の九十九に相談する。
       金を下ろして、まず使おう。
       現金三億円を目の前にして有頂天になり、一夜にして金持ちの遊びをした一男だった。
       翌朝、目が覚めると九十九と三億円はなくなっていた。

       金さえあれば、妻子は戻ってくる。
       金さえあれば、金さえあれば、金さえあれば。
       金さえあれば、なんでもできるのか?

       一男は九十九を探して、九十九を知る人たちを訪ねる。
       ある男は、金は使ってこそと言う。
       ある男は、金ですべての物に値段がつくと言う。
       ある女は、金はあることに意味があると言う。

       お金って何だろう。
       原作もだが、お金とは何かを主眼に置き、なおかつ多視点でお金について考える小説が新鮮な内容だった。
       そもそも、日本人はお金は汚いものという意識で、お金に対する教育は整っていない。
       お金とは何かを、それぞれが問い直す必要があるのではないか。
       
       貧すれば鈍ず。
       それにしても金の欲しさよ。
       まぁ、俺だって大金が転がり込んできて欲しいですけどね。
      >> 続きを読む

      2018/10/31 by ホースケ

      「億男」のレビュー

    • 3.0

      予告では豪快なイメージだけど
      淡々と進み少し眠気におそわれる

      俳優陣はハマってるしこの展開も好きは好き
      高橋一生は今年の別の作品思い出した

      北村一輝は今年変わった脇役多いね >> 続きを読む

      2018/10/25 by tky

      「億男」のレビュー

    • 2.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      『3000万円の借金を返済する為に仕事にまみれ身も心もやつれていた男が、ある日、宝くじで3億円を手にする。この金の使い道を相談するためにかつての大学時代の親友に相談に行くが、手にした3億円が親友ごと消えてしまうところから始まるストーリー』

      ※完全にネタバレ&酷評なので、苦手な方は今すぐお戻りください。

      ★妻が主人公と離婚したいと言い張る理由が全然しっくりこなかった

      →「あなたはお金に囚われて変わってしまった」と言うけれど、あの壮絶な境遇でお金のかかる趣味の部類に入るバレエを辞めさせたいという思いに主人公が駆られてしまったのは致し方ないとしか思えない。妻は「お金が問題じゃないのよ」と言い張ったけれども、バレエを続ける続けない云々は完全に金の問題であり、三億円で解決できる問題である。お金があったにも関わらず、もっともっとと主人公が際限なくお金を欲したためにバレエを辞めさせたがった等、【お金ではない】と主張する正当性が欲しかった。

      ★九十九の元会社仲間たちのキャラが濃すぎる

      →キャラが濃すぎるあまり、見ていて少し疲れた。この人々は「金の為」に「金では買えない大切なものを売った」象徴なのだろけど、金によって狂ってしまった狂気性もいまのところ感じられず、すごく中途半端に思えた。沢尻エリカ役のキャラが「今の夫と結婚したのは、彼が金に興味を示さなかったからだ。もうこれで私は金のことを考えずにすむ」と言った直後に、家中が金でまみれているシーンが出てきて「どゆこと!?」と驚愕した。

      ★九十九が「金の正体」を探し続けていた背景がない

      →彼があそこまで熱心に「金の正体」を知りたがった理由は一体なんだったのか。その辺をもう少し掘り下げてほしかったが、なにも伝わってこなかった。

      「金で全て解決できると思ったら大間違いだ。金で買えないものもある」

      こういうメッセージ性を打ち出そうとしているのは分かるが、全般的にうまくテーマを表現しきれていないように思った。最後に妻が、主人公の買った自転車を見て微笑んだところなど、「え。結局、金じゃん」と興ざめしてしまった。
      >> 続きを読む

      2018/10/24 by 久里*

      「億男」のレビュー

    • 3.0

      盛り上がるようなシーンがなく淡々と話しが進む感じで観る人を選ぶ映画かなと。

      2018/10/19 by nvtomo2010

      「億男」のレビュー

    億男
    オクオトコ

    映画 「億男」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画