こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

三度目の殺人

三度目の殺人
(C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
9月9日(土)全国公開
1クリック登録
公開: 2017/09/09
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝=ギャガ
弁護士(福山雅治)VS 殺人犯(役所広司)
『そして父になる』是枝裕和最新作
オリジナル脚本で描く法廷心理ドラマ


INTRODUCTION

弁護士(福山雅治)VS 殺人犯(役所広司)
『そして父になる』是枝裕和最新作
オリジナル脚本で描く法廷心理ドラマ


STORY

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷心理ドラマ。
>> 続きを読む

    三度目の殺人 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全26件
    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      タイトルの意味
      役所広司の演技がいい
      ちょっと最後はモヤっとするけど、それだけ視聴者に考える余地を与える作品ということか
      >> 続きを読む

      2019/01/14 by sekit

      「三度目の殺人」のレビュー

    • 3.0

      何の前情報も入れないまま鑑賞。
      ストーリーの進展とともに真実が明らかになるかと思いきやすんでで指の間をすり抜け謎の中に拡散していく感覚が何とも歯がゆい。
      ただし、事件そのものではなく、日本の司法、人を裁くということに重きを置いて見るととても引き込まれる作品かと思いました。

      2018/11/27 by sou2221

      「三度目の殺人」のレビュー

    • 3.0

      いや~、弁護士も観てる側もずっと三隅に翻弄される作品でしたね。
      ただでさえ暗いし、そんなに面白くない話を頑張って最後まで観たのに、真実が明らかにされずガッカリ。
      スッキリさせてほしかったです。

      2018/11/19 by saruwatari

      「三度目の殺人」のレビュー

    • 5.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      凄かったー。法廷物とか殺人とか苦手な分野なんだけど、監督に惹かれて録画してあったのを見始めたら止まらず。クライマックスは深すぎて1度では理解しきれず、遡って再度観る、こんなことなかなかない、すごい映画だー。テレビドラマではなかなか味わえない奥深さ。見終わってなお、考えさせられることしきり。タイトルも意味深い。そして役所広司すごいー。「海街diary」も大好きだったけど、同じ監督とは思えない、すごい監督だー。 >> 続きを読む

      2018/11/14 by umizaras

      「三度目の殺人」のレビュー

    • 評価なし

      河川敷で男が殺され、被害者が経営する食品工場で働いていた男・三隅が捕まるがこの人が本当に犯人か…?と疑いが生まれ、弁護士・重盛は振り回される。

      犯人、被害者、弁護士や法に関わる人々、被害者の家族など各々の立場からこの”裁判員裁判”について考えさせられた。
      三隅の「こんな私でも誰かの役に立つことができる」という言葉が印象深く、誰も人を裁けないんじゃないか…と思った。
      本当は人の死を決定することは誰にもできないはずで、それは真理なんじゃないかと感じる。その一方、裁かないといけないし、それを必要とも思う。その間で私の頭がユラユラ揺れ続けてます←。 >> 続きを読む

      2018/11/08 by reeba

      「三度目の殺人」のレビュー

    もっとみる

    三度目の殺人
    サンドメノサツジン

    映画 「三度目の殺人」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画