こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

三度目の殺人

三度目の殺人
(C)2017フジテレビジョン アミューズ ギャガ
9月9日(土)全国公開
1クリック登録
公開: 2017/09/09
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝=ギャガ
弁護士(福山雅治)VS 殺人犯(役所広司)
『そして父になる』是枝裕和最新作
オリジナル脚本で描く法廷心理ドラマ


INTRODUCTION

弁護士(福山雅治)VS 殺人犯(役所広司)
『そして父になる』是枝裕和最新作
オリジナル脚本で描く法廷心理ドラマ


STORY

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷心理ドラマ。
>> 続きを読む

    三度目の殺人 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 5.0

       映像でしかできない表現を映画に落とし込んでいる。
       そのような映画は、映像を通してクリエイターの訴えを観客に真に迫ってくる。
       ふとした役者の演技に意味があり、それが後々に効果を発揮する。
       犯行後の血をぬぐう手の動きや、タクシーの窓を開けること。

       役者たちの演技もすごい。
       接見ごとに態度を変える容疑者を演じる役者広司と、真実を見出そうと苦悩する弁護士を演じる福山雅治の表情が良い。

       映像表現と演技がとても見事だと思ったシーンは、
       ガラス一枚を隔てて、容疑者の顔とガラスに映った弁護士の顔が二重になる接見室のシーン。
       弁護士が容疑者を理解するために容疑者になりきろうとするが、最後の質問をしたあと、スッとガラスに映った弁護士の顔が引いて容疑者の顔だけになる。
       このシーンで、弁護士は真実を追求することを諦めたことが分かる。

       そして是枝監督は結論を提示しない。
       だからネタバレとか、そういうことをしようがない。
       映像の受け手によって、受取り方は様々だ。
       何故そういうことをするかというと、他人の考えは誰にも分らないということが映画のテーマだからだ。

       
       工場の雇い主を殺したあと、死体に火をつけて現金を奪った男。
       彼は犯行を自白するも、弁護士の重森が会うたびに証言を変える。

       クビにされたことを逆恨みの犯行、
       飲酒による衝動的殺人
       金品目当ての強盗殺人、
       被害者の妻と共謀しての保険金殺人、
       ドメスティックバイオレンスから被害者の娘を守るための正義感、
       そして、最後には自供を覆して、犯行自体を否認する。

       ラストシーンで弁護士が十字路の真ん中に立ち尽くして空を見上げて映画は終わる。
       どこにも行先がない。
      >> 続きを読む

      2017/09/17 by ホースケ

      「三度目の殺人」のレビュー

    • 4.0 切ない クール

      それで三度ということですね!

      2017/09/15 by らったった

      「三度目の殺人」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      福山雅治やっぱりかっこいいわ〜。

      共演陣も豪華。吉田綱太郎もいい味出してる。


      今話題の斉藤由貴が出てきたのにはビックリ、笑っちゃった。不倫を疑われる役とは・・・(笑)自分勝手な娘に依存傾向がある母親でぴったりな役。

      広瀬すずもかわいい、演技よかった。
      >> 続きを読む

      2017/09/14 by sagirian

      「三度目の殺人」のレビュー

    三度目の殺人
    サンドメノサツジン

    映画 「三度目の殺人」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画